このページの本文へ移動

ここから本文です。

ユニバーサルサービスについて

加入電話、公衆電話、緊急通報の電話サービス(これを「ユニバーサルサービス」といいます。)を全国どの世帯でも公平で安定的に利用できるよう、ユニバーサルサービスの提供を確保するために必要な費用を電話会社各社で応分に出し合う「ユニバーサルサービス基金制度」が2007年1月よりスタートしました。
ユニバーサルサービスに関する情報を掲載しておりますので、ご覧ください。
なお、2011年4月より、加入電話に相当する光IP電話がユニバーサルサービスの対象として追加されましたが、当面の間、基金による補填の対象外とされています。
また、2022年4月より、避難所または一時滞在施設に設置する事前設置型の災害時用公衆電話が新たにユニバーサルサービスの対象として追加されています。

ユニバーサルサービスに関する説明資料

具体的なサービスについては下記資料をご覧ください。

NTT西日本のユニバーサルサービスへの取り組み

ユニバーサルサービスに関する公開情報

ユニバーサルサービス収支の状況

高コスト地域に関する情報

第一種公衆電話に関する情報

第一種公衆電話機の設置に関する情報

災害時用公衆電話(特設公衆電話)に関する情報

基金の支援額算定に用いる設備利用部門(営業部門)に関する情報