このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  ニュースリリース  JTOWERとNTT西日本、インフラシェアリングに向けた、鉄塔カーブアウト(売買)の実施について

JTOWERとNTT西日本、インフラシェアリングに向けた、鉄塔カーブアウト(売買)の実施について

(報道発表資料)

2021年7月8日
株式会社JTOWER
西日本電信電話株式会社
日本電信電話株式会社

 今後の社会基盤を担う5Gネットワークの整備においては、4G以前と比較して膨大な数の基地局が必要になると見込まれており、通信業界全体に資する効率的かつ経済的なインフラシェアリングソリューションの提供に向けて、株式会社JTOWER(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 敦史、以下JTOWER)と、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下NTT)は、既存インフラの活用も含めて検討を進めてきたところであります。
 今回、その取り組みの一環として、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:小林 充佳、以下 NTT西日本)において、保有通信鉄塔71基をJTOWERへ売却する基本契約を締結しました。
 今後、各鉄塔毎の既存利用事業者の契約を、NTT西日本からJTOWERに2021年9月から順次移管し、資産引き渡しを行っていく予定です。

鉄塔売買のスキームイメージ

鉄塔売買のスキームイメージ

本取り組みにおける各社の役割について

 JTOWERは、屋内における通信インフラシェアリングや屋外における新設タワーのシェアリングに加え、通信事業者が保有する既存通信鉄塔のカーブアウトの取り組みを重要な成長戦略の1つと位置付けています。今後も、通信事業者が保有している通信鉄塔のカーブアウトの取り組みを更に拡大し、インフラシェアリング事業者として、携帯キャリア含めた通信事業者等の誘致活動を強化することで、社会的に重要な通信インフラの有効活用を促進し、5Gネットワークの早期整備、設備投資の効率化、環境負荷軽減等の社会課題の解決に繋げていき、全てのステークホルダーに価値をもたらす社会的意義のある事業を進めてまいります。
 NTTグループは、JTOWER、ならびにJTOWERが誘致した通信事業者に対して、5Gなどのネットワークに必要な光回線や通信機器の設置に必要な局舎スペースなどのNTTグループが保有するアセットの提供及び、長年の通信事業で培った通信機器の工事・保守等のオペレーションを支援することで、5Gネットワークの早期整備、設備投資の効率化に貢献してまいります。

対象鉄塔のイメージ

対象鉄塔のイメージ

JTOWERについて

(1)会社名 株式会社JTOWER
(2)所在地 東京都港区赤坂8丁目5番41号
(3)代表者 田中 敦史
(4)事業内容 国内外における通信インフラシェアリング 等
(5)設立 2012年6月15日

NTT西日本について

(1)会社名 西日本電信電話株式会社
(2)所在地 大阪府大阪市中央区馬場町3番15号
(3)代表者 小林 充佳
(4)事業内容 西日本エリアにおける電気通信業務、附帯業務、目的達成業務 等
(5)設立 1999年7月1日

NTTについて

(1)会社名 日本電信電話株式会社
(2)所在地 東京都千代田区大手町1丁目5番1号
(3)代表者 澤田 純
(4)事業内容 NTTグループ全体の経営戦略の策定及び基盤的研究開発の推進 等
(5)設立 1985年4月1日

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。