このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の ニュースリリース の中の 「笑い」の医学的検証研究がスタート〜「笑い」のストレスマネジメント開発をめざす〜

近大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が共同で研究
「笑い」の医学的検証研究がスタート
〜「笑い」のストレスマネジメント開発をめざす〜

(報道発表資料)

2017年2月15日
近畿大学
吉本興業株式会社
オムロン株式会社
西日本電信電話株式会社

 近畿大学(大阪府東大阪市)、吉本興業株式会社(大阪府大阪市、以下、吉本興業)、オムロン株式会社(京都府京都市、以下、オムロン)、西日本電信電話株式会社(大阪府大阪市、以下、NTT西日本)は、「笑い」の医学的検証を行い、「笑い」の測定方法と、「笑い」の習慣が身体や心理的健康に与える効果を解明するため、共同で研究を行うことになりました。
近畿大学と吉本興業は2016年12月15日に包括連携協定を締結しており、本研究は、その提携事業の一環です。
 本日より「なんばグランド花月」にて研究の第一ステージとして、健常者を対象に研究を開始します。オムロン、NTT西日本が参画し、両社の高い技術力、ノウハウを駆使し、「笑い」のストレスマネジメントプログラムの早期開発をめざします。

研究が行われるなんばグランド花月
 

研究が行われるなんばグランド花月

 

本件のポイント

  • 「笑い」の医学的検証にオムロンとNTT西日本が参画。
  • 日常的な「笑い」の医学的検証により、大阪らしい「笑い」のストレスマネジメントを各分野のリーディングカンパニーと共同で開発する。
  • 年間約2.7兆円にのぼると言われる精神疾患による社会的損失を、「笑い」の力で解決することをめざす。

本件の概要

 「笑い」は人間にとって日常的な動作にも関わらず、その定義が曖昧なため国内外でさほど研究が進んでいません。また、精神疾患の患者は年々増加しており、厚生労働省は2010年に精神疾患による経済損失は年間約2.7兆円に上ると発表しています。
 「笑い」を中心としたエンタテインメント事業を展開する吉本興業と、医学部を持つ近畿大学、顔認識等の画像センシングで高い実績を誇るオムロン、NTT西日本が協力し、「笑い」の力でこの大きな社会問題を解決したいと考えています。
 本日から定期的に検証研究を開始し、2018年10月からは精神疾患の患者に対する臨床研究を行います。これらの研究を基に、2021年には、「笑い」を活用したストレスマネジメントを実用化し、大阪らしい「笑い」の溢れた新たな治療方法を開発することをめざします。

研究内容について

 「笑い」の医学的検証を行うため、日常的な笑いの習慣がもたらす効果を以下の点で研究します。

<1> 「笑い」が身体や心理的健康に与える効果について明らかにする
<2> 「笑い」の測定方法の開発
<3> 「笑い」介入後の疾病発症率や生活習慣の変化といった「笑い」の有効性の調査

 研究は、4段階に分けて行い、各段階約20人の男女を対象とし、2週間に1回の間隔で定期的に吉本興業が主催する「吉本新喜劇」や「漫才」を鑑賞します。鑑賞の前後で心理テストを行い、鑑賞中には、顔の表情の変化データやバイタルデータの取得を行います。顔の表情のデータ測定はオムロンのヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)で行い、顔の表情以外の心拍数などのバイタルデータ測定は、NTT西日本の技術協力を受けて行います。

検証イメージ
 

検証イメージ

研究スケジュール

研究スケジュール

 研究は、2021年1月の実用化をめざし、順次、精神疾患の患者に対する臨床研究などを行う予定です。

「笑い」のストレスマネジメントの実用化におけるアイディア

 実用化においては、以下のアイディアを検討、協議していきます。

  1. 1)近畿大学附属病院での「笑い」のストレスマネジメントプログラム導入
  2. 2)「笑い」を活用した、企業でのストレスマネジメント研修
  3. 3)ICTを活用した遠隔での、お笑いによるストレスマネジメントの提供

報道機関からのお問合せ

近畿大学広報部 担当:石﨑、横山
電話番号:06-4307-3007

よしもとクリエイティブ・エージェンシー プロモーションセンター
担当:笠井、内美家
電話番号:06-6643-7799

オムロン コーポレートコミュニケーション部 担当:渥美
電話番号:075-344-7175

NTT西日本 広報室 担当:菊池
電話番号:06-4793-2311

参考資料

近畿大学と吉本興業の包括連携事業内容について

 「笑い」を中心としたエンタテインメントによる社会貢献や、 「誰もが、いつでも笑顔や笑い声をもてる社会」の実現をめざす吉本興業と、「実学教育」を建学の精神に掲げる近畿大学。大阪で生まれた両者が、互いの理念に共感し、大阪らしい「おもろい」価値を創出するために、包括連携協定を2016年12月15日に締結しました。
 連携事業は以下の3点から始め、継続してさまざまな事業に共同で取り組みます。
昨年発表した包括連携会見の模様
 

昨年発表した包括連携会見の模様

<1> 近畿大学が世界で初めて完全養殖に成功した「近大マグロ」を題材としたドキュメンタリー、ドラマ、アニメ等を共同制作し、動画配信プラットフォーム「NETFLIX」などで世界に日本の研究力を発信します。 題材となる「近大マグロ」
<2> 近畿大学医学部と吉本興業が共同で、大阪が誇る文化「笑い」のメンタル面での医学的検証を行い、新たなストレスマネジメント方法の開発をめざします。
<3> 吉本興業が豊富なノウハウを持つ、「プロデュース」、「コンテンツ制作」、「コミュニケーション」の分野において、「笑い」を軸とした教育・研究を行います。また、就職活動をサポートする講義も開催します。
 

題材となる「近大マグロ」

ヒューマンビジョンコンポ(HVC)について

 ヒューマンビジョンコンポ(HVC)は、人の表情や性別、年齢、視線、目つむりなどの状態を認識する独自の画像センシング技術「OKAO® Vision」とカメラモジュールを一体化した画像センシングコンポです。「OKAO® Vision」は、世界で5億ライセンス以上の出荷実績を持つ人理解画像センシング技術で、今回提供するヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)では、人の表情について、真顔、喜び、驚き、怒り、悲しみの5分類の変化を捉えることが可能です。 ヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)
 

ヒューマンビジョンコンポ(HVC-P2)

近畿大学概要

所在地 大阪府東大阪市小若江3丁目4番1号
学長 塩﨑 均(しおざき ひとし)
設立 大正14年(1925年)
教職員数 9,908人
学生数 52,386人(学園全体)

近畿大学医学部概要

所在地 大阪府大阪狭山市大野東377-2
代表者 医学部長 伊木 雅之(いき まさゆき)
設立 昭和49年(1974年)

吉本興業株式会社概要

所在地 大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号
代表者 代表取締役社長 大﨑 洋(おおさき ひろし)
事業内容 映像ソフトの企画、制作および販売、劇場運営、イベント事業、広告事業、不動産事業、ショウビジネス、その他商業施設の開発、運営
設立 明治45年(1912年)
社員数 644人、所属タレント約6,000人

オムロン株式会社概要

所在地 京都府京都市下京区塩小路通堀川東入
代表者 代表取締役社長 CEO 山田 義仁(やまだ よしひと)
事業内容 制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境 他
創業 昭和8年(1933年)5月10日
社員数 37,709人(グループ全体)

西日本電信電話株式会社概要

所在地 大阪府大阪市中央区馬場町3番15号
代表者 代表取締役社長 村尾 和俊(むらお かずとし)
事業内容 西日本地域における電気通信業務、およびそれに附帯するICT環境構築の受託等の業務 他
設立 平成11年(1999年)7月1日
社員数 4,450人

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

審査 16-2456-1

ページの先頭へ