このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の LoRaWAN™無料ハンズオンセミナー「活用編」の開催について(2/8)

LoRaWAN™無料ハンズオンセミナー「活用編」の開催について(2/8)

2018年12月17日
西日本電信電話株式会社

 NTT西日本は、ぷらっとホーム、IoT.kyoto (KYOSO)、福岡市、およびNTTネオメイトとの共催による『LoRaWAN™無料ハンズオンセミナー「活用編」』を、2019年2月8日(金)に福岡SRP(ソフトリサーチパーク)センタービルで開催いたします。
 本セミナーでは、LoRaWAN™※1、OpenBlocks IoT FamilyおよびIoT.kyoto VISを使用し、デバイスからクラウド上にデータを蓄積し可視化することで、どのようにデータを活用することができるかを学んで頂けます。また、LoRaWAN™を活用した新規サービスの開発を行う際に、Fukuoka City LoRaWAN™※2をご活用頂き、今後IoTに関連したビジネスをはじめる機会に役立てていただけることを狙いとしております。

  • ※1 半導体メーカーのセムテック、IBMなどの「LoRa Alliance」メンバーが策定したIoT向け通信規格のひとつ。 LoRaWAN™の名称は、Semtech Corporationの商標です。
  • ※2 福岡市におけるLoRa® Network実証環境提供業務の採択、および実証環境利用企業の募集について
    https://www.ntt-west.co.jp/news/1707/170704a.html

1.セミナー内容

(1)概要

 午前中は、BLE(Bluetooth Low Enagy)やEnOcean規格のセンサーデバイス製品から取得したデータを、IoTゲートウェイであるOpenBlocks IoT Familyを使用し、LoRaWAN™を通じて情報を取得する方法について講習を行います。講師は、様々なIoT向けセンサーのパートナープログラム推進を行っておられる、ぷらっとホームの後藤様にご登壇頂きます。

 午後は、IoTデバイスから収集したデータを手軽に可視化できるサービス「IoT.kyoto VIS」を開発されたIoT.kyoto (KYOSO)のエバンジェリストの辻様にご登壇頂き、アマゾンウェブサービス(以下、AWS)を利用したバックエンドの開発及び、IoTデータ可視化サービスIoT.kyoto VISを題材に画面開発の手法についてご説明致します。
1日の講習で、デバイスからデータを取得し、クラウド上に蓄積されたデータの活用方法までを学んでいただける内容となっております。

<使用製品例>

OpenBlocks IoT Family
https://www.plathome.co.jp/product/openblocks-iot/
OpenBlocks IoT Family

IoT.kyoto VIS
https://iot.kyoto/
IoT.kyoto VIS

(2)開催日時

2019年2月8日(金) 10:00〜17:30

(3)プログラム

別紙参照

(4)会場

福岡SRP(ソフトリサーチパーク)センタービル 研修室2
(〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2丁目1-22)

(5)対象者

  • プログラミング経験のある方(本セミナーでは、サンプルコードをシステムへ反映して頂く予定)
  • Linuxのコマンドライン操作やAWSのコンソール操作が難なくできるレベルであること
  • 「体験」ではなく「開発ができるようになる」ことをめざす方

(6)参加費

無料

(7)定員

20名

(8)申し込み方法

下記「必要事項」を記載の上、お申込みメール送信先へ送信してください。

◆お申し込みメール送信先
 LoRaWAN™無料ハンズオンセミナー担当
 join_lorawanseminar-ml@west.ntt.co.jp

◆必要事項:

  • @氏名(ふりがな)
  • A会社名/部署名
  • BPCメールアドレス
  • C電話番号
  • D参加の目的(自由記述 <記載例:サービス開発/アプリ開発/情報収集 等>)

  • ※ セミナーの参加については、定員を超えるお申し込みをいただいた際は、抽選になる場合がございます。
  • ※ 2019年1月8日までに参加お申し込みを頂いた場合は、1月9日以降に参加確定のご連絡を致します。
    1月9日以降にお申し込みを頂いた場合は、参加枠に空きがあれば先着順に参加確定となります。
  • ※ 2018年12月27日〜2019年1月6日のお申込み・お問合せにつきましては、2019年1月7日以降にご連絡致します。

(9)準備物

  • 以下条件を満たすノートPC(Windows/Mac)
    @Wi-Fi接続可能
    Aブラウザーは、Google Chrome/Firefox/Microsoft Edge のいずれか1つインストール(Internet Explorerはご使用頂けません)
  • ご自身のAWSアカウント
    ※ AWSアカウントの開設を事前に済ませておいてください(登録の際にクレジットカードをご登録頂く必要がございます)。
      AWSアカウント作成の流れ:https://aws.amazon.com/jp/register-flow/
  • お名刺

2.今後の展開

 本セミナーを通じて、様々な企業様とのデバイス開発に関する知見を共有、蓄積し、LoRaWAN™を活用したソリューションの検討を引き続き推進してまいります。

【別紙】LoRaWAN™無料ハンズオンセミナー「活用編」プログラム

本件に関する問い合わせ先

西日本電信電話株式会社
アライアンス営業本部 ビジネスデザイン部 IoTビジネス部門
黒木、四宮
TEL:06-4793-5775
メールアドレス:join_lorawanseminar-ml@west.ntt.co.jp

  • ※ 電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようにお願いいたします。

審査 18-1692-1