このページの本文へ移動

ここから本文です。

MMS(Mobile Mapping System)による架空構造物の点検について

西日本電信電話株式会社
その他

 西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)では、MMS(Mobile Mapping System)と呼ばれるカメラを搭載した車両により、電柱等の架空構造物点検業務の効率化を図るために、当社が所有する架空構造物の画像データを取得します。

 MMSとは高解像度カメラを搭載した車両により架空構造物の画像データを取得し、保守すべき電柱等を特定します。

1.カメラで取得した情報の取り扱いについて

 MMSに搭載されたカメラにて取得した画像データについては、お客様の風貌や住居の外観など、お客様の個人情報やプライバシーに関する情報を含む可能性がありますが、カメラで撮影した画像データを保存する際は、人物や住居と認識された領域等問題となり得る箇所に加工を施し、個人の特定やプライバシー権侵害が生じないよう処理し、加工前のデータは速やかに削除します。加工後のデータは、当社が電柱等の点検業務を委託する株式会社NTTフィールドテクノをはじめとした事業者に対してのみ提供します。

2.点検概要

(1)点検実施期間: 2020年6月より開始
(2)点検実施場所: NTT西日本管内全域(一部エリアより開始し、2020年6月以降順次拡大予定)
(3)使用台数: 3台にて運行し順次拡大

3.本件に関するお問い合わせ

問い合わせ窓口

西日本電信電話株式会社 設備本部 サービスマネジメント部 カスタマサービス部門
ntt-smac@west.ntt.co.jp

審査 19-2612-1