このページの本文へ移動

ここから本文です。

「フレッツ 光ネクスト」におけるホームゲートウェイのDS-Lite方式の対応開始について

西日本電信電話株式会社
商品・サービス・お手続き

 弊社「フレッツ 光ネクスト」をご契約のお客さまに提供しているホームゲートウェイについて、IPv4 over IPv6※1を利用したインターネット接続※2(以下、IPv4 over IPv6接続)におけるDS-Lite方式※3(以下、本方式)に対応可能となりました。

 IPoE接続事業者はインターネットサービスプロバイダー(以下「ISP事業者」)に対し、ホームゲートウェイを用いた本方式によるIPv4 over IPv6接続の提供が可能になります。

 お客さまは従来、本方式によるIPv4 over IPv6接続をご利用いただくために、ホームゲートウェイとは別に対応機器をご準備いただく必要がありましたが、お客さまの契約ISP事業者に対してIPoE接続事業者が本方式にてIPv4 over IPv6接続を提供している場合、ホームゲートウェイでご利用いただけるようになりました。

  • ※1 IPv6によるインターネット(IPv6 IPoE)接続環境で、IPv4によるインターネット接続を可能とする技術です。
  • ※2 利用料金については、お客さまがご契約のISP事業者にご確認ください。
  • ※3 IPv4 over IPv6による通信を実現する方式の1つです。

1.対応可能なホームゲートウェイについて(2020年2月12日現在)

  • PR-600MI
  • PR-600KI
  • RX-600MI
  • RX-600KI

なお、2020年3月上旬より下記機種も対応可能となる予定です。

  • PR-500MI
  • PR-500KI
  • RT-500MI
  • RT-500KI
  • RS-500MI※4
  • RS-500KI※4
  • ※4 東日本電信電話株式会社のみでの提供機器です。
  • ※ お客さまにてお使いのホームゲートウェイをご確認ください。

2.本方式にてIPv4 over IPv6接続可能なIPoE接続事業者様について(2020年2月12日現在)

 DS-Lite方式に対応したホームゲートウェイを用いてIPv4 over IPv6接続を提供するIPoE接続事業者およびそのサービス名は下記の通りです。

  • インターネットマルチフィード株式会社(以下、インターネットマルチフィード社)
    サービス名 「transix※5」(2月12日から開始)
  • 株式会社朝日ネット(以下、朝日ネット社)
    サービス名 「v6コネクト※6」(3月1日から開始予定)
  • ※5 「transix」はインターネットマルチフィード社のサービスです。サービス詳細については、インターネットマルチフィード社のホームページよりご確認ください。
    https://www.mfeed.ad.jp/transix/
  • ※6 「v6コネクト」は朝日ネット社のサービスです。サービス詳細については、朝日ネット社のホームページよりご確認ください。
    https://v6connect.net/
  • ※ 本方式を提供したいIPoE接続事業者様については東日本電信電話株式会社および西日本電信電話株式会社までご相談ください。

3.本お知らせに関するお問い合わせ先

 IPoE接続事業者様が提供するサービスの内容、ご利用料金、ユーザーサポートなどの各種お問い合わせにつきましては、IPoE接続事業者様の窓口へ直接お問い合わせください。

本方式によるIPv4 over IPv6接続に関するお問い合わせは、弊社までお問い合わせください。

審査 19-2209-1