このページの本文へ移動

ここから本文です。

スマートファクトリーの実現に向けて

~ローカル5Gを活用した製造業界のDX推進~



2021年6月18日掲載

国内製造業界では、グローバル競争に対応する生産効率化に加え、少子高齢化による労働力不足・技術伝承など大きな構造変化の節目を迎えています。

NTT西日本は、「ローカル5G」と培ったICTを活用し、工場の無人化運用など、新しい製造業の在り方「スマートファクトリー」の実現に向けてパートナー企業とともに挑戦を始めています。

山口県で創業以来50年以上にわたり、精密機械部品を製造する「ひびき精機」とNTT西日本は、ローカル5Gを活用した工場全体のDXを進め、人とICTによる生産効率化をめざしています。

注目のスマートグラス(※1)を使った遠隔作業支援の他にも、ローカル5Gの伝送技術を活かし、4K高精細カメラで製造工程の大量の画像データを取得することで、リモートによる工作機械の稼働確認が可能になります。

生産効率化に限らず、 360度カメラを利用した工場見学など、時代に即したリモート活用もできます。

また、ローカル5Gにより工場内の様々な機器やセンサーを接続することで、エッジコンピューティング(※2)を用いた、高速かつリアルタイムな処理を実現しています。

さらに、自社のニーズに特化したネットワークカスタマイズが可能なので、工場の「レイアウトフリー(最適)化」が期待 できるなど、工場経営にとって非常に多くのメリットが生まれます。

NTT西日本はこれからも、ICTで地域の製造業の課題解決をサポートしていきます。

(※1)スマートグラスは、株式会社ブイキューブ提供の遠隔作業支援ソリューションを活用。

(※2)エッジコンピューティングとは、端末の近くにサーバーを分散配置するネットワーク技法。

導入サービス

    審査 21-188-1