このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  NTT西日本はICTで社会課題の解決に貢献します  ICT活用事例一覧  IoTで観光客の“おもてなし”を強化〜地域活性化へ向けた観光ビックデータ分析〜

IoTで観光客の“おもてなし”を強化
〜地域活性化へ向けた観光ビックデータ分析〜


2018年3月28日掲載

多くの外国人観光客でにぎわう、歴史の街−長崎市。

この長崎市では今、産学官が連携し、長崎市の魅力をさらに発掘し、新たなおもてなしを考えていくプロジェクト『ミラクル長崎プロジェクト』が進められています。

その中で、NTT西日本は、更なる観光活性化へ向け、ICTを活用した「外国人観光客に関する観光ビッグデータ」の収集・分析を産学官共同で取り組んでいます。

観光客が利用するWi-Fiやスマホアプリ、決済システムなどを通じて、様々な行動データを収集。「行動パターン」や「消費動向」を分析し、さらなる地域活性化への“次の一手”を支援します。

よくわかるキーワード解説

本事例に登場するキーワードについて詳しくはこちらからご覧ください。

その他にもおすすめの事例があります!

他の事例を見る


審査 17-2560-1

ページの先頭へ