このページの本文へ移動

ここから本文です。

キャッシュレス化による、店舗DX・地域経済活性化の推進



2021年4月2日掲載

利用者の利便性向上による経済効果と、企業側の業務効率化の観点から、早期の普及が望まれている、“キャッシュレス化”。(※1)

NTT西日本は、ICTで、キャッシュレス化の実現と、デジタルトランスフォーメーション、地域経済活性化を推進しています。

全国で IoT遠隔管理型のコインランドリー店を展開するWASHハウス株式会社の全店舗のキャッシュレス化をNTT西日本グループがサポートしました。

全国規模の決済システム基盤の構築と、専用アプリを、両社で検討を重ねて開発。フレッツ・スマートペイを活用し、様々なキャッシュレス決済に対応しています。

使い方は、アプリのQRコード機能で利用するコインランドリー機器を特定し、コースを選んで決済すると、洗濯/乾燥がスタート。

残り時間もアプリ上で確認でき、終了通知を受取ることもできるので、待ち時間を効率的に過ごすことができます。

また、専用アプリには クーポン・広告機能を搭載し、クーポンを利用した全店舗一斉キャンペーンやアプリ限定のセールなどにより、ランドリーの利用を促進します。

さらに、洗濯の待ち時間に、地域の様々なお店の広告やクーポンを配信することで、WASHハウスの店舗を軸とした「相互送客」の仕組みづくりも始まっています。

NTT西日本は、ICTで、地域のキャッシュレス化、経済活性化を応援しています。

(※1)経済産業省「キャッシュレスビジョン」では、2025年までにキャッシュレス決済比率40%をめざしている。

出典:経済産業省HP「キャッシュレス・ビジョンのポイント」平成30年4月公表分

https://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001.html

導入サービス

    審査 20-2029-1