よくあるご質問

やさしい技術知識

INSネット64(電話サービス)とISDNの違いは何か?

ISDNは、Integrated Services Digital Network(サービス総合ディジタル網)の略でITU-T(旧CCITT)*1という国際機関において規定された国際標準の体系をいい、「Iシリーズ勧告」*2あるいは「Iインタフェース」とも呼ばれています。

INSネットは、NTT西日本が国内で提供するISDNサービスの商品名です。INSは、Information Network Systemの略です。

  • *1 ITU-T(旧CCITT)
    従来、ITU(国際電気通信連合)のもとで電気通信サービスの標準化を行っていたCCITT(国際電信電話諮問委員会)が、テレビ放送分野などを取り込み、ITU-T(電気通信標準化部門)と名称が変更されました。
  • *2 Iシリーズ勧告
    ITU-TがISDNに関する規定を国際標準化したものを「Iシリーズ勧告」といいます。「I」はISDNのIではなく単なるアルファベット順に付与された名称です。

2Bチャンネル+Dチャンネルとは何か?

2Bチャンネル+Dチャンネルとは、INSネット64(電話サービス)が、2本のBチャンネル(情報チャンネル)と1本のDチャンネル(信号チャンネル)で構成されていることを意味します。

Bチャンネルとは、電話、FAX、データ通信、インターネット等の情報を送受信するためのチャンネルで、伝送速度が64kbit/sです。

Dチャンネルとは、主に発信や着信など通信を制御するために必要な信号を送受信するためのチャンネルで、伝送速度が16kbit/sです。また、パケット通信のお申込みをしていただくと、パケット通信用としても使用できます。

このように、INSネット64は複数のチャンネルを備えており、特に、情報を送受信するためのBチャンネルが2本あるので、1つの回線で、電話2回線分の通信ができるのです。


アナログ信号とディジタル信号との違いは何か?

アナログ信号は、送信する情報をそのまま電流や電圧の変化に置き換えたもので電話回線がこの方式を採っています。情報を波形で送るため、通信中に発生した雑音や波形の歪みを取り除くことが難しく、高品質な伝送には適しません。

これに対してディジタル信号は、送信する情報をすべて「0」と「1」の2進数に符号化したものです。「0」と「1」さえ判別できればよいため、雑音に強く、高速・高品質な伝送に適しています。特に、コンピュータ自体はディジタル信号で情報を処理するので、INS ネットを使ったデータ通信においては端末間をフル・ディジタル信号で送受信することになり、高速・高品質伝送のメリットを具体的に発揮します。


64kbit/sディジタル通信とは何か?

64kbit/sディジタル通信とは、“1秒間に64キロビットの情報量をディジタル信号で送ることができる”ということを表します。ビットとは、ディジタル信号の情報量を表す最小単位で、1ビットで「0」と「1」のいずれかを表現します。したがって、64kbit/s *1とは、1秒間に64,000個の「0」または「1」のディジタル信号を送ることができる量というわけです。

それでは、64kbit/sディジタル通信でどれだけの情報が送れるのでしょうか?次表にまとめてみました。表中のbyte(バイト*2)とは、8ビットを1つの集合体としてまとめたときの情報量を表します。

64kbit/sデータ伝送による伝送容量
媒体等 単位あたりの情報量 1秒間で転送できる情報量
漢字 2byte/文字 4000文字/秒
英記号 1byte/character 8000character/秒
FAX(A4判) 35kbyte/毎 0.23枚/秒
FD(2HD) 1.3Mbyte/枚 0.006枚/秒

本データ伝送には、改行情報、誤り制御のための情報等は含まれない。

  • *1 bit/s(ビット・パー・セコンド)
    1秒間にどれくらいの情報量(ビット)が送信できるかという通信速度を表す単位で、bpsと表記されることもあります。
    1kbit/s (キロビット・パー・セコンド) = ビットの1,000倍
    1Mbit/s (メガビット・パー・セコンド) = ビットの100万倍
  • *2 byte(バイト)
    1bitを8つ集めたものが1byteで、英字・数字・カタカナなら1文字分を表すことができます。漢字1文字を表すためには2byteが必要です。

INSネット64のユーザ・網インタフェース速度はなぜ192kbit/sか?

INSネット64は、64kbit/sのBチャンネルが2本と、16kbit/sのDチャンネルが1本だから64×2+16で144kbit/sと考えがちですが、ユーザ・網インタフェースの規定点における物理的な通信速度は192kbit/sが正解です。

ディジタル信号は電気信号の有無(ビット)で情報の内容を表す仕組みになっています。INSネット64では、この、電気信号を一定のかたまり(フレーム)として定義し、このフレームの中に「情報チャンネル(Bチャンネル)」や「制御チャンネル(Dチャンネル)」の情報を規則的に割り当てています。INSネット64における1フレームの長さは48ビットで、次のような構成となっています。

■1フレームの構成イメージ

本データ伝送には、改行情報、誤り制御のための情報等は含まれない。

通信機器が、48bitのフレームを読みとるには、0.00025秒かかるので、1秒間に通信機器とDSU間で発生しているフレーム数は、4,000フレームとなります。このことから、INSネット64における通信機器とDSU間(ユーザ・網インタフェース)の伝送速度は、
48ビット×4,000フレーム=192kbit/s
となります。


INSネット64で128kbit/sは可能か?

Bチャンネル(64kbit/s)を2本束ねて、128kbit/sの通信を行うことができるターミナルアダプター(TA)を利用すれば可能です(ただし、設定が必要です)。特に、NTTの所内工事は必要ありませんので、申し込みをしていただく必要はありません。その際、2つのBチャンネルを使用するため、同時に他の通信機器で通信することはできません。また、通信料金は、2つのBチャンネルを使用するため2倍になります。

インターネット利用においては、プロバイダーが対応しているか否かの確認が必要です。

Bチャンネルを束ねて高速通信を実現することをバルク伝送(最近ではMP(マルチリンク・プロトコル:Multilink PPP方式)と呼ばれている)といいますが、ネットワークとしては2本のBチャンネル間の遅延は保証しないので、ターミナルアダプター(TA)等で自動保障を行う(タイミングをとる)必要があります。


ISDNのS点とか、T点というのはどういう意味か?

ISDNでは、様々な通信機器がネットワークに接続できるように、コネクターのピン数など通信機器と伝送路間のインタフェースを規定する点(規定点)をいくつか設けています。

代表的なものには、S点、T点、R点、LI点などがあり、このうちT点をISDNのユーザ・網インタフェース(Iインタフェース)の規定点と定めています。

最近多くなってきたDSU内蔵型のターミナルアダプター(TA)では、背面にS/T端子(ディジタルポート)が付いています。S点というのはT点に準拠した規定点のことで、インタフェース仕様は同一とすることを基調としており、S/T点と呼ぶこともあります。物理的には8ピンモジュラージャックで接続する点で、ターミナルアダプター(TA)に別なディジタル通信機器を接続するときに利用します。


通信するたびに、通信モードを選ぶのか?

その必要はありません。INSネット契約者間での通信の場合は、Dチャンネルを使った着信時の信号の中に、発信側の通信機器が電話なのかG4FAXなのかなど、利用する通信モードを指定する情報が含まれています。そのため通常は「通信モードの一致」により電話からの発信時には電話が、G4FAXからの発信のときにはG4FAXが自動的に応答します。ただし、電話網からの着信の場合は、通話モード利用のみとなるため、電話からの着信か、それともG3FAXからの着信なのか区別がつきませんので、ダイヤルインサービス(オプション)によって着信する機器を決める必要があります。


INSネット64に接続された複数の通信機器の中から、特定の通信機器に着信させることは可能か?

INSネット契約者間では、サブアドレス通知サービス及びダイヤルインサービスによって着信させることが可能です。なお、INSネット契約者間では利用する通信モードが一致すれば自動的に着信する端末が特定されます。(→「通信するたびに、通信モードを選ぶのか?」参照

あるいは一般加入電話からの発信を受ける場合は、ダイヤルインサービスを利用して着信端末を特定します。

なお、サブアドレス通知サービスやダイヤルインサービスを利用するには、着信側の通信機器が両サービスをサポートしていることが条件となります。

  • この場合、ターミナルアダプター(TA)がグローバル着信選択機能をサポートしているものを利用します。
  • 同時通信は2台までです。

バス配線*1に接続された通信機器同士の通信は可能か?

同一バス配線上の端末間で通信をするにはNTT交換機を経由することで可能となります。したがって、通常の通信料金がかかります。
なお、INSメイトV-8DSUなどのターミナルアダプター(TA)には「内線通話機能」を備えているものがあり、この場合は内線通話なので通信料は無料です。

  • *1 バス配線
    1本の回線から多数のコネクターを設置する方式で、INSネット64特有の配線方式です。最大8通信機器の同時通信(パケット通信モード利用)を可能にします。

INSネット64では1回線で何台まで同時通信が可能か?

この場合のインタフェース形態とは、INSネット64と通信機器との接続形態を意味しており、P-MP接続(ポイント・マルチポイント接続)とP-P接続(ポイント・ポイント接続)の2種類があります。

P-MP接続とは、交換機側の回線終端装置(DCE)に対して複数の通信機器が接続される一筆書きの配線構成(バス配線)をとり、接続されているすべての端末に発信側から送られてきた通信制御情報を放送的に転送する方式です。
電話機やG4FAX、ターミナルアダプター(TA)などは一般的にこのP-MP接続の仕様となっています。

一方、P-P接続とは、交換機側の回線終端装置(DCE)に対して、1つの通信機器が接続される配線形態をとり、PBXなどの大型の通信機器に対してネットワーク側が高度な通信制御をほどこすことができる方式です。

なお、使用する通信機器がP-MP接続かP-P接続かについては、通信機器の仕様書に記載されているとおりなので、お客さまに判断していただく必要はありません。


INSネット64のお申込票にある「インタフェース形態」とは何か?

INSネット64の2つのBチャンネルを使って、電話とFAX、電話とインターネットというように2台の通信機器で同時通信ができます。

さらにDチャンネルを使ったパケット通信をお申込みになり、端末多重化サービスを利用すれば、最大で8台までの端末を同時に使ってパケット通信ができます。

端末多重化サービスは、INSネット64のP-MP接続の場合のみ利用できます。(→「INSネット64で同一バス配線上に接続したパケット形態端末の同時通信は何台までか?」参照


INSネット64のお申込票にある「レイヤ1起動種別」とは何か?

レイヤ1起動種別とは、ネットワーク側が通信機器を起動させるための方式の違いで、「常時起動」と「呼毎(こごと)起動」の2種類があります。

電話機やターミナルアダプター(TA)など一般の通信機器では、例えば電車が走るたびにレールをひくように、通信ごとに通信機器とネットワーク側とで通信手順のやりとり(同期をとる等)をしています。これを呼毎起動といいます。

一方、PBXやビジネスホン主装置など、頻繁に接続する必要のある通信機器では、例えば常にレールのひいてある状態でいつでも電車が走れるように、通信機器とネットワーク側で常に一定の通信手順のやりとり(同期をとる等)をしています。これを常時起動といいます。

また、給電 *1についても、呼毎起動では通信の都度DSU(回線接続装置)から通信機器に420mWの電力が供給されますが、常時起動では通信中以外でも常に給電されています。

なお、使用する通信機器が呼毎起動か常時起動かについては、通信機器の仕様書に記載されたとおりなので、お客さまに判断していただく必要はありません。

  • *1 給電
    端末を起動させるための電力を供給することをいいます。

INSネット64は停電時でも電話機が使えるのか?

INSネット64は緊急時の通信を確保するために、停電時でも1台の通信機器が通話できるように網がDSUまで給電しています。
ただし、通信機器が停電時において通信を可能とする機能(バックアップ機能)をサポートしている必要があります。

したがって、お客さまには電池によるバックアップで1ポートを生かす等のバックアップ機能が付いたDSU内蔵ターミナルアダプター(TA)をお勧めします。

INSネット64(基本インタフェース)の、網からDSUへの給電は、2線メタリックケーブルに39mA直流定電流(最大線間電圧60V)を重視して給電する局給電方式を採用しています。また、DSUから通信機器への給電は4線メタリック平衡ケーブルを介して最大420mW(40V)の給電を行っています。


ページの先頭へ戻る

電話番号と他網との接続

INSネット64は電話の2回線分にあたるので電話番号も2つになるのか?

電話番号は1つです。INSネット64は2Bチャンネル+Dチャンネルで2本のBチャンネルをもっていますが、電話番号は通信を制御するDチャンネルごとに付与されることになるからです。なお、INSネットでは、電話番号は契約者回線番号と表記されます。

■INSネット64(2Bチャンネル+Dチャンネル)

また、ダイヤルインサービスを別途ご契約いただくと、ダイヤルイン追加番号として契約者回線番号と異なった番号をご利用いただけます。


INSネット64のBチャンネルは、2本とも1つの契約者回線番号で着信できるか?

できます。例えば1通話めを着信して1つのBチャンネルで通話中に同じ契約者回線番号に2通話めの着信があった場合、もう1つのBチャンネルで通信ができます。これは、発信や着信など通信を制御するための信号を送受信するための独立したチャンネル(Dチャンネル)をもっているから可能になります。


加入電話からINSネットに変更する場合、現在使用している電話番号をそのまま使用できるか?

電話番号を変えずに変更できます。

INSネットの契約者回線番号は加入電話と同様な番号を用いますので、既存の加入電話ユーザとの接続も特別な番号をダイヤルする必要はありません。


INSネットで、各移動体通信網とPHSとの相互接続は可能か?

通話モードに限り、移動体通信網間とPHS間との相互接続が可能です。

なお、INSネットと各移動体通信事業者のディジタル移動体網間、およびPHS事業者網との通信の際、INSネットの基本機能である発信者番号通知サービス *1が利用できるようになっていますので、お客さまがこのサービスを申し込んでいると自動的に相手先に電話番号が通知されてしまいます。

■発信者番号通知サービスの通知先

  • *1 発信者番号通知サービス
    INSネット契約者の発信者番号を着信側に通知するサービスで、発信者は呼ごとに通知するかしないかを選択することができます。

加入電話からINSネットに変更の場合、利用していたFネットやVTXとの接続はどうなるのか?

INSネットは、電話網、DDX-P、ファクシミリ通信網(Fネット)、ビデオテックス通信網(VTX)との相互接続が可能です。なお、DDX-TP *1との相互接続はできません。

ファクシミリ通信網やビデオテックス通信網サービスを引き続きご利用の場合には、再度お申込みとなり、それぞれ契約料800円(税抜)をお支払いいただくことになります。

なお、下図のようにINSネットからG3FAXでファクシミリ通信網サービスを利用される場合やビデオテックス通信網サービスを利用される場合では、アナログポート搭載のターミナルアダプター(TA)が必要となります。


海外との接続(国際ISDN)は可能か?

国際ISDNには、各国際電話会社とお客さま宅を直接結んでアクセスする「加入契約」とINSネットを経由して、アクセスする「利用契約」の2種類があります。音声やモデム通信など通話モードのみでのご利用の場合は、お客さまがINSネットサービス契約時に国際電話利用契約を締結したことになるので(見なし契約)、特別なお申込みは必要ありません。しかし、ディジタル通信モード(64kbit/s)をご利用の場合は、各国際電話会社に国際ISDNのお申込みが必要です。

例えば、INSネットをすでにご利用のお客さまが、海外とのG4FAX通信やテレビ会議等を行うには、ディジタル通信モードを使う必要があるので、各国際電話会社にお申込みが必要になります。

外国側ネットワークがまだ Iインタフェースになっていない場合があります。この場合は、外国側で用意されている通信機器のインタフェースにあわせることが必要です。また外国側ネットワークが56kbit/sの速度の場合(米国アキュネット網)、日本側通信機器に56kbit/s←→64kbit/sの速度調整機能が必要です。
例えばターミナルアダプター(TA)などに56kbit/sのスピードがサポートされていることが条件となります。


ページの先頭へ戻る

INSネットの各種サービス

加入電話のネットワークサービスは、INSネット変更後も利用できるのか?

加入電話とINSネットは、異なるサービスであるため、双方が同じ付加サービスを提供しているとは限りません。現在、加入電話で利用されている付加サービスが、INSネットの付加サービスにもあれば、今まで同様に利用できます。その際、再度お申込みをしていただき、必要な工事料金もお支払いいただくようになります。加入電話と同様に、INSネットにおいても提供している付加サービスには、主に以下のものがあります。右側は INSネットにおけるサービス名です。

加入電話のネットワークサービス INSネット64の付加サービス
キャッチホン(オプション) フレックスホン(オプション)のコールウェイティング機能
ボイスワープ(オプション) フレックスホンの通信中転送機能
トリオホン(オプション) フレックスホンの三者通話機能
転送でんわ(オプション) フレックスホンの着信転送機能
フリーダイヤルサービス(電話サービス) INSフリーダイヤルサービス(電話サービス)
迷惑電話おことわりサービス(オプション)
テレホーダイ(料金サービス) INSテレホーダイ(料金サービス)
ボイスワープ/ボイスワープセレクト(オプション) INSボイスワープ/INSボイスワープセレクト(オプション)
ナンバー・ディスプレイ(オプション) INSナンバー・ディスプレイ(オプション)

加入電話をINSネットに変更した場合、一部のサービスおよび一部の通信端末が利用できなくなりますので注意してください。


INSネットにもダイヤル回線とプッシュ回線があるのか?

INSネットには、ダイヤル回線やプッシュ回線といった種別はありません。加入電話のダイヤル回線では、情報が、通信機器から電流の断続信号に置き換えられて送られ、プッシュ回線では、プッシュボタンで送る周波数の組み合わせに置き換えられて送られます(アナログ信号)。
それに対して、INSネットの場合には、情報は通信機器から「0」と「1」の2進数(ディジタル信号)に置き換えられて送られます。

ターミナルアダプター(TA)のアナログポートを利用してアナログの通信機器を接続する場合、プッシュ信号を送出できる電話機のみ使用可能なターミナルアダプター(TA)が一般的です。


ページの先頭へ戻る

サブアドレス通知サービス

サブアドレス通知サービスは、どうすれば利用できるのか?

サブアドレス通知サービスは基本機能のため、INSネットをお申込みいただければ、特別な手続きはいりません。
なお、着信側でご利用の通信機器がこの機能をサポートしている必要があり、予めサブアドレスを着信でご利用になる通信機器へ設定しておきます。

この機能は、INSネット回線相互間でしか利用できませんので、加入電話からの指定着信をご希望の場合は、ダイヤルインサービスをご利用いただきます


サブアドレス指定の端末への発信はISDN公衆電話や携帯電話からも接続することができるのか?

ISDN公衆電話からは発信可能です。携帯電話ではできる場合とできない場合があります。また、PHS端末からは接続可能ですが、PHS端末が本機能をサポートしているか確認が必要です。


ページの先頭へ戻る

通信中機器移動サービス

通信中機器移動サービス利用時、相手には保留音が流れるのか?

通信相手のモードが音声、または3.1kオーディオの場合は、保留音を送出します。また、通信相手がアナログの場合も同様です。
なお、通信相手がINSネット非制限ディジタルモードのときは、通知メッセージのみを送出します。


ページの先頭へ戻る

ユーザ間情報通知サービス

ユーザ間情報通知サービスは、どうすれば利用できるのか?

ユーザ間情報通知サービスは基本機能のため、INSネットをお申込みいただければ、送信側は特別な手続きはいりません。 ただし、着信側は「ユーザ間情報通知着信許可」*1でお申込みする必要があります。

このサービスはINSネット契約者相互間で、ご利用の通信機器が、このサービスを利用できる機能をもっている必要があります。

  • *1 ユーザ間情報通知許可
    INSネット64お申込票のコンサルティング項目欄に、ユーザ間情報通費サービスの「着信許可/着信拒否」をチェックする項目があります。

ユーザ間情報通知サービスは、どんなケースで利用されるのか?

G4FAXからFネットへ発信する場合、ユーザ間情報通知サービスを利用します。Fネット利用時の161、162のダイヤル後の後続番号をこのサービスを使って設定するからです。

FネットG4契約時に「ユーザ間情報通知サービス」を「着信許可」とすると、通知メッセージが発信者へ通知されます。

G4発信時に利用するユーザ間情報通知サービスについては、0.4円(1オクテット*1当たり)はかかりません。

着信側が不在/話中でも、着信端末に簡単なメッセージを伝達できます。

遠隔監視システムのカメラ制御、メール到達通知などに利用できます。

同じシリーズのターミナルアダプター(TA)間で、1回100byte(漢字50文字)までの情報を、メールとして利用できる機能をもった機種もあります。

  • *1 オクテット
    ITU-Tで決めた名称で、8ビット(バイト)からなるビット群の単位

ページの先頭へ戻る

フレックスホン(複合接続サービス)

フレックスホン(オプション)の着信転送機能と加入電話の転送でんわ(オプション)との違いは何か?

フレックスホンでは、転送先の電話番号は転送元の通信機器がその都度ネットワークに通知して転送するしくみを採っています。したがって、特定の端末への着信だけを転送するような利用も可能です。
これに対して、転送でんわは交換機に転送先番号を登録し、自動着信転送装置によりすべての呼を転送しています。


フレックスホンの着信転送機能とINSボイスワープ(オプション)との違いは何か?

INSネットのフレックスホン(着信転送機能)は、契約者(端末)から網に対して呼ごとに転送の起動を要求する必要があることから、端末の故障等の場合には、着信時転送の起動ができません。INSボイスワープは、契約者が予め指定した転送条件(無条件/無応答/話中時)に従い網が自立的に着信転送を起動することから、端末の状態に影響されない「網起動型着信転送サービス」です。

INSボイスワープは、転送でんわの高機能版と考えられます。詳しくは「フレックスホンの着信転送機能と加入電話の転送でんわとの違いは何か?」を参照してください。


フレックスホンの着信転送機能を使って携帯電話等に転送できるか?

携帯電話へは転送可能です。また平成9年12月よりPHSへも転送できるようになりました。


フレックスホンの三者通話機能において、携帯電話を使用できるのか?

できます。
三者通話機能の利用者(起動者)はINSネット回線に限りますが、通話相手は加入電話、携帯電話やPHSでも可能です。


INSネットでダイヤルインを利用のお客さまがフレックスホンの着信転送機能を利用する場合、同時転送呼数はいくつか?

フレックスホンは契約回線に付加するサービスなので、ダイヤルインサービスとは関係しません。
最大同時転送数は次のとおりです。契約自体は、契約者回線番号で行います。

INSネット64 1着信
INSネット1500 4着信


フレックスホンの着信転送機能の転送トーキはどのように設定するのか?

通信機器(TA)側が着信転送機能をサポートしていてもコントロールできる機能が限られているものがあるので、注意してください。

例えば、INSメイトV-8DSUは、現在フレックスホン対応ではないため、転送トーキの設定をすることができません。しかしファームウェア*1のバージョンを上げてフレックスホン対応にする予定であり、その時点では転送トーキの設定も可能になります。

  • *1 ファームウェア
    フラッシュROM(本来書き換え不可能なROMチップを書き換え可能にしたもの)を書き換えるためのソフトウェア。

通信中着信通知サービスはフレックスホンのコールウェイティング機能とセットでのみの利用となるのか?

通信中着信通知サービスのみの利用もできます。ただし、端末機が本サービスをサポートしていることが条件です。

逆に、コールウェイティング機能をお申込みの際は、この通信中着信通知サービスを同時に申し込んだ方が使い勝手がより便利です。(空きチャンネルがない場合にもコールウェイティング機能を利用するため)

ターミナルアダプター(TA)のリソースBODを利用するお客さまには、必ずご利用いただきます。


ダイヤルインの追加番号のみでフレックスホンのコールウェイティングを利用できるか?

ターミナルアダプター(TA)のアナログポートを設定する際に、目的のポートのみにコールウェイティングの設定をします。交換機に対するサービスオーダ(追加番号にコールウェイティングの申込み)はありません。


アナログ回線/INSネット回線混在代表の回線群に、キャッチホン(オプション)、フレックスホン(オプション)のコールウェイティング機能は提供できるのか?

提供できるパターンと、できないパターンがあります。


ページの先頭へ戻る

代表取扱サービス(オプション)

INSネット64で代表を組んでいるが、代表がうまく働かないのはなぜか?

INSネット64は、1契約回線で2回線分(2チャンネル)利用することができることから、1契約回線の2チャンネルがいっぱいにならないと次の回線に流れません。この特徴を念頭に入れて、通信機器の設置形態と代表の組み方を考える必要があります。

例えば、下図のような場合、1回線目に2台端末機を接続する必要があります。

なお、代表が流れる条件は以下の通りです。(技術参考資料 第4分冊より)

(1)Bチャンネンルビジー インタフェースグループ内で要求された伝達サービスを実現するだけのチャンネルを捕捉できないとき
(2)閉塞中 故障閉塞、網による閉塞等
(3)発信専用(着信規制)状態 発信専用(着信規制)に指定したチャンネルは着信に対してビジーとなります。
(4)レイヤ1起動失敗 INSネットのインタフェースグループのみで構成した代表の場合、1回の着信に対し4回レイヤ1起動を失敗した場合には、理由表示#27「相手端末故障中」により切断復旧します。


ラウンドロビン方式による代表では、選択された回線に空きチャンネルがあっても、次の着信呼は別回線が選択されるのか?

ラウンドロビン方式の場合、着信するごとに、空きチャンネルがあっても次の回線を選択して着信させます。


ラウンドロビン方式による代表では、着信に対して応答しないまま切断した場合、次の着信呼は次の回線に流れるのか?

交換機側で一回着信動作が発生するたびに交換機が最初に着信させようとするインタフェースグループを記録するカウンタ(アロッタカウンタ)が更新されるので次のインタフェースを選択します。


代表のパイロット回線がディジタル通信モードで通信中に、次のディジタル通信モードを着信すると、次の回線に流れるのか?

代表は流れません。(親の回線に空きチャンネルがあるので、代表の流れる条件にあてはまりません)
なお、代表が流れる条件は以下の通りです。(技術参考資料 第4分冊より)

(1)Bチャンネルビジー インタフェースグループ内で要求された伝達サービスを実現するだけのチャンネルを捕捉できないとき
(2)閉塞中 故障閉塞、網による閉塞等
(3)発信専用(着信規制)状態 発信専用(着信規制)に指定したチャンネルは着信に対してビジーとなります。
(4)レイヤ1起動失敗 INSネットのインタフェースグループのみで構成した代表の場合、1回の着信に対し4回レイヤ1起動を失敗した場合には、理由表示#27「相手端末故障中」により切断復旧します。

アナログ回線/INSネット回線混在代表にて、アナログ回線を代表親にしたとき、発信者側は子番号のINSネット回線へダイレクトに着信させることができるのか?

ダイヤルインの伴わない代表機能は、パイロット番号に着信させたときのみ代表選択を行うため、INSネット回線(代表子)番号にかけた場合は、INSネット回線(代表子)にダイレクトに着信します。


加入電話からINSネットへの同番移行において、異局番の代表が組めるか?

組めません。将来的に、ISM新設等に伴う回線巻き取りをする際、局番単位で収容替えをするので、不都合が生じる可能性があります。

アナログ回線/INSネット回線混在代表の提供条件 同一ISMの同一局番
同一ISM配下の同一A/I-RT内の同一局番
同一ISM配下の同一A/I-RTとI-RTの間の同一局番

代表子番号に接続された通信機器のサブアドレスで指定着信できるか?

できます。この場合、発信側は「代表子番号+サブアドレス」を指定します。

なお、発信者はINSネット契約者に限られます。また、代表ダイヤルイン(オプション)の場合はできません。


ページの先頭へ戻る

INS-P(INSネットパケット通信サービス)

BチャネンルパケットとDチャンネルパケットの違いは?

Dチャンネルパケットは、Bチャンネルでディジタル通信モード、通話モードを利用している時でも、Dチャンネルをパケット通信に利用できるサービスで、1回線をフルに活用することが可能です。
一般的なデータ端末等によるパケット通信に適しています。

Bチャンネルパケットは、Bチャンネルを利用してパケット通信を行うサービスです。パケットサイズが最大4,096オクテット*1(ロングパケット*2)まで利用できるため、比較的大量なデータを送る場合に適しています。

  • *1 オクテット
    ITU-Tが定めた名称で8ビット(1バイト)からなるビット群の単位。
  • *2 ロングパケット
    標準的なパケットの大きさは256オクテットですが、ロングパケットを利用すると最大で4096オクテットのパケットサイズが利用できます。標準的なパケットを利用するより通信料が割安になるというメリットがあります。

Dチャンネルパケット通信中に、Bチャンネルで他の通信ができるか?

支障ありません。他の端末がパケット通信をしていても、発信や着信ができるように、Dチャンネルを使った呼制御信号はパケット情報よりも優先度を高く設定しています。


BチャンネルパケットとDチャンネルパケットの端末は異なるのか?

BチャンネルパケットとDチャンネルパケットでは、INSネット特有の呼制御を行う手順や利用できるパケットサイズ等が違うため、利用するパケット形態端末やターミナルアダプター(TA)がどちらをサポートしているか事前に確認することが大切です。


INSネット64で同一バス配線上に接続したパケット形態端末の同時通信は何台までか?

最大8台まで通信可能です。組合せは下表のとおりです。

なお、Dチャンネルパケットを使って同時通信をするには、端末多重化機能をお申込みいただく必要があります。この機能はINSネット64のP-MP接続でDチャンネルパケットの場合に限り利用でき、最大8台まで多重が可能です。

8台まで同時接続できるのは、パケット交換(パケット通信モード)だけではなく、回線交換(通話モード、ディジタル通信モード)でも可能です。

接続例 Bチャンネルパケット Dチャンネルパケット 合計
接続台数 ケース1 2 6 8台
ケース2 1 7 8台
ケース3 0 8 8台


パケット通信モード利用時に、バス配線上に接続された相手側の複数端末の中から、どのようにして端末の特定を行うのか?

接続形態によって、端末の指定方法が異なります。

VC(相手選択クラス)の場合、サブアドレスで指定します。
発信端末はCR(発呼要求)パケットの中に相手端末のサブアドレスを設定して発呼します。
相手端末はサブアドレスの照合を行い、一致した端末が応答します。ただし、端末がこの機能をサポートしているものに限ります。

PVC(相手固定クラス)の場合、通信する双方の回線番号、論理チャンネル等をあらかじめ網に登録しているため常に特定端末を指定します。


INS-PとDDX-PをまたがるPVC(相手固定接続)は組めるか?

組めます。ただし、DDX-Pの端末も80年版X.25である必要があります。


INS-PとDDX-Pをまたがる閉域グループは組めるか?

組めません。


ページの先頭へ戻る

その他

加入電話でインターネット利用中のキャッチホン(オプション)による回線断などはINSネットでもあるのか?

電話機からの着信は通話モードであるため、加入電話のキャッチホンに代わるコールウェイティング機能はアナログポートのアナログ電話機に働くことになるので、データポートに接続したパソコンへの影響はありません。


INSネット1500で代表は何回線まで組めるのか?

20インタフェースグループ*1までです。

  • *1 インタフェースグループ
    1つのDチャンネルで制御される各インタフェース(物理回線)の集まりをいいます。

ページの先頭へ戻る

審査 13-2899-1