このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム > 企業情報 > トライアスロンへのスポンサー活動
トライアスロンへのスポンサー活動トップ
主なナショナルチーム出場選手
個別選手スポンサード
JTUトライアスロン エリート/エイジランキング
NTTトライアスロンジャパンランキング
日本トライアスロン連合 オフィシャルサイト JTU Web Magazine
NTT西日本の文化・スポーツ支援活動
・NTT西日本シンボルチーム
夢ある人を応援したい。目標へ向かって邁進するトライアスリートたちの輝きは、声援を送る側も照らしてくれるほどです。人をいきいきと輝かせてくれる、夢。日本でトライアスロンを愛する人がこれほど増えたのも、その輝きが人を惹きつけたのかもしれません。NTTがトライアスロンのサポートを続けて28年。わたしたちはこれからも、夢ある人を応援する企業でありたいと思います。

Topics

[2017/6/26]
NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2017/大阪城)結果
6月25日(日)に行われた、「NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2017/大阪城)」の結果は、以下のようになりました 。

【エリート男子部門】
42位 田山寛豪選手(NTT西日本サポート選手)
[総合記録]1:02:03(スイム:0:09:20、バイク:0:32:39、ラン:0:19:30)
   
NTT西日本個別スポンサード選手結果はこちら
その他詳細は日本トライアスロン連合オフィシャルサイトをご覧ください。
[2017/6/19]
NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2017/大阪城)が開催されます。
6月25日(日)「NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2017/大阪城)」が開催されます。
エリート部門では個別スポンサード選手の田山寛豪選手が出場する予定です。
応援よろしくお願いします!
その他詳細は日本トライアスロン連合オフィシャルサイトをご覧ください。
・そのほかのTopicsはこちら
・2016年Topicsはこちら

トライアスロンについて
ラテン語の”3”を意味する「トライ」、「競技」を意味する「アスロン」の合成語であるトライアスロン。その名のとおり、スイム(水泳)・バイク(自転車)・ラン(ランニング)の3種目を1人の選手が連続して行うスポーツです。
レースの普及とともに、スタンダードな距離が決められるなどスポーツとしての形態も整えられ、1982年には各種データからみてバランスのとれた距離、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのトータル51.5kmが設定され、現在では、オリンピックスポーツとしてだけでなく、フィットネススポーツとしても男女を問わず、子どもから高齢者まで幅広い層で楽しめるスポーツとして定着しています。

スイム画像 バイク画像 ラン画像

ページトップへ

ページの先頭へ