加入電話(電話サービス)/INSネット(総合デジタル通信サービス)とフレッツサービスのお申し込み

加入電話とフレッツ・ADSL(DSLアクセスサービス)またはINSネットとフレッツ・ISDN(インターネット関連サービス(IP電話を除く))のお申し込み、電話回線の種類やフレッツ・ADSL/フレッツ・ISDNについてのご案内です。

ご注意事項

電話開通工事におきましては、以下のご協力をお願いいたします。

工事担当者がお伺いする電話開通工事の場合

お客さまの開通希望日時に弊社の工事担当者がお伺いし、モジュラージャック迄の試験等を実施いたしますので、お客さまは情報機器を準備していただき、工事担当者の到着をお待ちいただきますようにお願いいたします。

また、工事完了後に故障等ご不明な点がございましたら、誠に恐れ入りますが、113番へご連絡いただきますようお願いいたします。

ページの先頭へ戻る

フレッツ・ADSLのご利用時の留意事項

  1. 本サービスは、ベストエフォート型のサービスであり、一定の通信速度を保証するものではありません。
  2. ADSL区間の距離、設備状況、通信回線からの影響、お客さま宅内で接続されている通信設備(ACR等)の影響等により、最大伝送速度(モアスペシャル: 最大44〜47Mbps、モア40:最大40Mbps、モア24:最大24Mbps、モア:最大12Mbps、8Mプラン:最大8Mbps、1.5Mプラン:最大1.5Mbps)の伝送速度が得られない場合や変動する状態または通信がまったく利用できない状態になる場合があります。
  3. フレッツ・ADSLをご契約された場合に、ADSL区間の状況により最大伝送速度を下回る場合がございますが、その場合でも月額利用料金の減免措置は致しません。
    なお、利用開始後(新規・変更・移転)において、提供開始日の翌日から20日以内に全く通信ができない状態(リンク未確立)となった場合は同期日内にNTT西日本へご連絡ください。その事象をNTT西日本が確認できた場合にサービスの廃止・変更・移転をご希望されたお客さまにつきましては、リンク未確立期間のフレッツ・ADSLのご利用料金(工事費・利用料金)は適用いたしません。
  4. お客さまのご要望により、回線収容換え、ブリッジタップ外し、保安器の取り換えなどの回線調整を実施することができます。なお、回線調整の実施は伝送速度の向上を保証するものではありません。
  5. サービス提供地域であっても、設備状況などによりサービスのご利用をお待ちいただいたり、サービスをご利用いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。
  6. インターネットのご利用には、本サービスのご契約とは別に、本サービスに対応したインターネットサービスプロバイダーへお申し込み・ご契約をいただく必要があります。ご利用料金については、各インターネットサービスプロバイダーにお問い合わせください。
  7. 本サービスではPPPoEの通信プロトコルを使用するため、お客さまの使用するパソコン等の端末機器がPPPoE機能をサポートしている必要があります。PPPoEソフトはご契約いただいたお客さまにNTT西日本から無償で配布いたします(1ライセンス)。
  8. 弊社よりご契約時に無償でご提供(1ライセンス)するPPPoEソフトの対応OSについては、こちらをご覧ください。
    フレッツ接続ツール
  9. 本サービスで提供する回線終端装置(ADSLモデム)のパソコン等との接続インタフェースは10BASE-TまたはUSBインタフェースになります。その他、接続に必要な機器および製品については、お客さまが別途ご用意ください。
    必要な接続機器
  10. 接続中にお客さま端末の異常終了(パソコンのフリーズ、ケーブルの抜け、電源OFFなど)のため、正規の通信切断処理ができなかった場合、再度接続してもつながらない場合があります。また、複数セッションをご利用のお客さまで、固定IPアドレスを付与するサービスをプロバイダーと契約しているお客さまについては、お客さま端末の異常終了が発生した場合、再接続してもつながらない場合や、通信が正常にできない場合があります。その際は5分以上経過した後に再度接続してください。
  11. 現在INSネットをご利用のお客さまで、タイプ1(加入電話とインターネットを共用するタイプ)をご利用になる場合、INSネットをアナログ回線に変更する必要があります。また、アナログ回線へ変更することにより、INSネットで提供されている付加サービスやINSネット用通信機器もご利用いただけなくなります。
  12. 遠隔検針(ノーリンギング通信サービス)や警備保証、回線自動選択装置(ACR)等を利用されている場合、それらのサービスに支障をきたす場合がありますので、あらかじめお客さまからご利用先へご確認ください。
  13. お買い上げいただくADSLモデム等については、NTT西日本が指定した機種に限定させていただきます。またフレッツ・ADSLの移転等を行った場合、移転先の設備の状況によりフレッツ・ADSLをご利用になれない場合があります。お買い上げ後の端末機器(ADSLモデム、スプリッタ、屋内配線)の故障修理は実費となります。
  14. ごくまれにADSL信号音を雑音のように感じられる場合がありますが、これは、電話とADSLとを重畳した場合の特有の事象であり故障ではありません。なお、電話機の種類によっても、感じ方が異なってきます。
  15. 他の回線に影響を及ぼす場合に、フレッツ・ADSLの契約を解除する場合があります。
  16. 弊社設備の増設工事、メンテナンスなどに伴い、ご利用のサービスを一時中断させていただく場合があります。
  17. 本サービスの提供開始または廃止に伴う月額使用料は、ご利用日数に応じて日割り計算により算出いたします。

ページの先頭へ戻る

フレッツ・ISDNのご利用時の留意事項

  1. 本サービスは、ベストエフォート型のサービスであり、一定の通信速度を保証するものではありません(ネットワークが混雑した時に通信速度が低下する場合があります)。
  2. インターネットのご利用には、本サービスのご契約とは別に、本サービスに対応したインターネットサービスプロバイダーへお申し込み・ご契約をいただく必要があります。ご利用料金については、各インターネットサービスプロバイダーにお問い合わせください。
  3. 本サービスは、提供エリア内の「INSネット64」「INSネット64・ライト」「INSネット1500」をご利用のお客さまを対象としています。
  4. ご契約は契約者回線単位につき1契約(1Bチャンネル)です。
  5. 本サービスが対象とする通信モードはデジタル通信モード(64kbps)です。
  6. 代表回線、ダイヤルイン追加番号(オプション)、i・ナンバー番号(オプション)でのご契約はできません。
  7. INS-Pサービスをご利用のお客さまは、フレッツ・ISDNのお申し込みの際に、継続してINS-Pサービスをご利用いただけない場合があります。
  8. ご利用にあたり、お客さまの端末の設定内容を変更していただく必要があります。
  9. 本サービスの提供開始または廃止に伴う月額使用料は、ご利用日数に応じて日割り計算により算出いたします。

Macintosh端末をご利用のお客さまへ

  1. Macintosh端末において「Open Transport/PPP」使用時に、フレッツ・ISDNへの接続に支障が生じる場合があります。
  2. 「Open Transport/PPP」使用時に接続に支障が生じる場合でも、「Free PPP」使用時には接続が可能となることを弊社にて確認しています。 フリー通信ソフトの「Free PPP」は、インターネットのサイトや、雑誌に添付されているCD-ROMなどで入手できます。ただし、「Free PPP」は一部のTAでご利用できない場合がありますので、詳しくは各メーカーに直接お問い合わせください。
  • お申し込み

ページの先頭へ戻る

審査 16-2036-1