このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 災害に対する取り組み
  3. 災害に強い通信サービスの実現に向けて
  4. ふくそうのしくみ

ふくそうのしくみ

ふくそうのしくみ

地震などの大災害発生時は、安否の問合せやお見舞の電話がその地域に殺到し、電話がかかりにくくなることがあります。これは、被災地への電話が通信設備(回線や交換機)の許容量を越えてしまった場合に起こる現象です。

災害時ばかりでなく、コンサートのチケット予約、通信販売の注文などによっても同じ現象が起こり、このようなときには影響が各地の交換機にも波及し、全国的に電話がかかりにくくなることもあります。

交換機の一定時間内に処理できる能力を越える電話が集中することにより発生するいわゆる「電気通信網の渋滞」のことを「輻輳(ふくそう)」といいます。

ふくそうは、電話がつながらないことにより相手につながるまで繰り返し電話をかけ直す行為により増大します。

ふくそうの与える影響は、お客さまの通信が確保されないことのみならず警察や消防などの重要な通信へも影響を与える恐れがあるため、NTT西日本では必要に応じて制御を行います。

ふくそう制御について

ふくそうが集中的に発生すると、交換機の処理量も比例することとなり、電話の接続処理が滞るだけでなく、やがては交換機処理自体が停止してしまう恐れがあります。

このような状態が発生する前に異常を検知し、交換機の処理を守ると共にふくそう状態においても最低限の通信(警察、消防などの重要な通信)を確保するように必要な制御を行います。

ふくそう制御のしくみ

災害時に発生するふくそう制御の概要とイベント等によるチケット予約により発生するふくそう制御の概要を紹介いたします。

災害時のふくそう制御のしくみ
まとめ
制御しない場合 制御する場合 記事
一般の電話からのご利用の場合

被災地への見舞い呼が増大し、かかりにくくなります。

交換機の処理に支障をきたし、つながらなくなる恐れがあります。

被災地への見舞い呼が増大し、かかりにくくなります。

交換機で処理できる範囲内で最大限おつなぎいたします。

災害時は、公衆電話などの優先電話の方がつながりやすいです。

優先電話(公衆電話など)からのご利用の場合

優先電話も一般の電話同様につながりにくくなります。

一般の電話を制御するため、優先電話から発信されるお客さまの通話は、確保されます。

チケット予約時のふくそう制御のしくみ
まとめ
制御しない場合 制御する場合 記事
チケット予約で電話をされているお客さま

受付回線が話し中でなかなか接続できません。

リダイヤルにより交換機の処理に支障をきたし、接続できなくなるおそれがあります。

受付回線数に応じて接続量を適正に制御します。

チケット予約の電話は、制御されても結果的につながる量は同じとなります。

それ以外でご利用のお客さま

チケット予約の電話に圧迫され、電話がつながりにくくなります。

チケット予約の電話に圧迫されず平常時と同様のつながりやすさが確保されます。

一般の電話でも公衆電話のような優先電話でも同様に制御され、つながりやすさは同じとなります。

ページの先頭へ