このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 災害に対する取り組み
  3. 災害用伝言ダイヤル(171)
  4. ご利用方法
  5. 伝言の録音方法
はじめに
ご提供のしくみ
お願いと操作上の注意事項
体験利用のご案内
ご利用方法
・伝言録音方法
・伝言再生方法
Q&A
伝言の録音方法

<1>171をダイヤル

171

<2>録音を選ぶ。
[ガイダンス]
こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。
録音される方は1(いち)、再生される方は2(に)、暗証番号を利用する録音は3(さん)、暗証番号を利用する再生は4(よん)をダイヤルして下さい。

(一部の通信機器において、「1」〜「4」をダイヤルしても次のガイダンスに進めない場合があります(次のガイダンスに進めない場合は、上記の「1」〜「4」をダイヤルして下さいのガイダンスが繰返されます)。その場合は、「#」等をダイヤルしてください。なお「#」等ダイヤルしても次のガイダンスに進まない場合は、ご利用機器のメーカーへお問合わせください。)


暗証番号なし 暗証番号あり

1

3
[ガイダンス]
4桁の暗証番号をダイヤルしてください。

XXXX

<3>被災地の方の電話番号を入力する。
[ガイダンス]
被災地域の方はご自宅の電話番号を、または、連絡を取りたい被災地域の方の電話番号を市外局番からダイヤルして下さい。

0XX XXX XXXX

<4>メッセージの録音
[ガイダンス]
電話番号0XXXXXXXXX(、暗証番号XXXX)の伝言を録音します。
プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1(いち)を押してください。ダイヤル式の方はそのままお待ち下さい。なお、電話番号が誤りの場合、もう一度おかけ直しください。

お手持ちの電話が

回転ダイヤル式電話機の場合

[ガイダンス]
伝言をお預かりします。ピッという音のあとに30秒以内でお話下さい。
お話が終わりましたら電話をお切り下さい。


ピッ <録音開始合図音>

[ 録音伝言 ]
よう子です。家族は皆無事で、中央小学校に避難しました。落ちついたら連絡します。

ここで電話を切ることも可能です(伝言は録音されています)


録音開始合図音の後、伝言を録音せずに電話を切った場合でも、伝言は1件として登録されます。

[ガイダンス]
伝言をお預かりしました。

伝言登録数が限度を超えた場合には「登録可能件数を上回っているため、古い伝言に上書きして登録しました。」旨のガイダンスが流れます。

 

プッシュ式電話機の場合
ダイヤル回線をご利用の場合、PB信号を出せる操作をした場合のみ、以下の操作が可能となります。PB信号を出せない場合は、「回転ダイヤル式電話機の場合」に準じて操作して下さい。

1

[ガイダンス]
伝言をお預かりします。ピッという音のあとに30秒以内でお話下さい。
お話が終わりましたら数字の9(きゅう)を押して下さい。


ピッ <録音開始合図音>

[ 録音伝言 ]
よう子です。家族は皆無事で、中央小学校に避難しました。落ちついたら連絡します。

ここで電話を切ることも可能です(伝言は録音されています)


録音終了後9

[ガイダンス]
伝言を繰返します。訂正されるときは数字の8(はち)を押して下さい。再生が不要な方は9(きゅう)を押してください。

訂正される場合には
8

で録音し直せます

 
再生が不要な場合には
9

を押してください

 

録音を再生
よう子です。家族は皆無事で、中央小学校に避難しました。落ちついたら連絡します。

[ガイダンス]
伝言をお預かりしました。

伝言登録数が限度を超えた場合には「登録可能件数を上回っているため、古い伝言に上書きして登録しました。」旨のガイダンスが流れます。


<5>終了
自動で終話します。

伝言の再生方法
▲ページトップへ

審査 15-2724-1

ページの先頭へ