このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 災害に対する取り組み
  3. 災害用伝言ダイヤル(171)
  4. お願いと操作上の注意事項
はじめに
ご提供のしくみ
お願いと操作上の注意事項
体験利用のご案内
ご利用方法
・伝言録音方法
・伝言再生方法
Q&A
お願いと操作上の注意事項


1.  災害用伝言ダイヤル(171)(電話サービス)に登録できる電話番号は、被災地の方などの加入電話・ISDN・ひかり電話の電話番号および携帯電話等の電話番号です。被災地内からのご利用の場合も電話番号は必ず市外局番からダイヤルしてください。

2.  ご利用いただける伝言の総容量は約800万件です。被災地の多くの方に利用していただくために、災害が発生した地域や状況に応じて異なる伝言蓄積数で運用をする場合があります。

3.  災害用伝言ダイヤル(171)の提供時には、テレビ・ラジオを通じて、利用方法、伝言登録エリア等をお知らせするほか、電話がかかりにくくなっている場合に流れる「ふくそうメッセージ」の中で災害用伝言ダイヤル(171)のご案内を行う等の方法でお知らせします。

4.  一部の通信機器において、'171'をダイヤルした後、ガイダンスに沿った操作ができない場合があります。その場合、「#」等をダイヤルして下さい。なお「#」等をダイヤルしても次のガイダンスに進まない場合は、ご利用機器のメーカーへお問い合わせください。

▲ページトップへ

審査 15-2724-1

ページの先頭へ