NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > ISDN対応端末 > INSメイトFT80bt
INSメイトFT80bt

バージョンアップ
Windows Vista™専用モデム定義ファイル (2007/07/31)

機能追加内容

  • Windows Vista™専用モデム定義ファイルの提供
    INSメイトFT80bt(本体)のUSBポートもしくは、RS-232CポートにWindows Vista™搭載パソコンを接続してご利用いただくためのWindows Vista™専用モデム定義ファイルを公開いたしました。

  • FT80btアダプタ(子機)用アンインストーラの提供
    Windows® XPからWindows Vista™へアップグレードしてFT80btアダプタ(子機)をご利用される場合は、あらかじめ、アップグレード前にFT80btアダプタのドライバをアンインストールする必要があります。Windows® XP からFT80btアダプタのドライバをアンインストールするためのアンインストーラを公開いたしました。

ご注意

 
Windows Vista™をご利用のお客様へ
Windows Vista™におけるご利用につきましては、Windows Vista™ Home Basic、Windows Vista™ Home Premium、Windows Vista™ Business、Windows Vista™ Ultimate の各日本語版の32 ビット(x86)版のみの対応となります。

ワイヤレス通信をご利用のお客様へ
FT80btアダプタ接続ユーティリティを用いてワイヤレス通信をご利用の場合は、パソコンにFT80btアダプタを接続する前に必ずFT80btアダプタ接続ユーティリティをインストールしてください。インストールする前にFT80btアダプタを接続すると動作しなくなることがあります。
ワンタッチ接続の設定を行う際に入力するデバイスアドレスは、INSメイトFT80bt(親機)の底面にある品名紙の右上に表示されています。FT80btアダプタ(子機)の底面ではありませんのでご注意ください。尚、ファームウェアVer1.10以降ではデバイスアドレスの入力を自動化することで操作性の改善を図っております。最新バージョンをダウンロードの上ご利用ください。

Windows 2000/XPをご利用のお客様へ
TAとパソコンをUSBポートで接続している形態の場合、USBポートを抜き差しするとOSのモデム情報が保存されない場合があります。USBポートを再度接続した場合に、ダイヤルアップアイコンの「プロパティ」をクリックし、「全般」タグの「接続方法」-「構成」をクリックすると「モデムの構成」ウィンドウが表示されます。この中の「最高速度」と「モデムプロトコル」が書き換わっていた場合、再度初期値への設定をお願いします。
SYNCの場合、最高速度=115200、モデムプロトコル=PPP(64K)
MPの場合、最高速度=230400、モデムプロトコル=PPP(128K)
1台のパソコンに複数のTAやモデムのドライバをインストールした場合、過去にインストールしたTAやモデムが正常に認識されない場合があります。この場合は利用しないTAやモデムのドライバを削除の上、再度TAのドライバをインストールしていただき再起動をお願いします。


ダウンロード

Windows版ダウンロードページへ   Macintosh版ダウンロードページへ


取り扱い説明書追加分

取扱説明書の追加部分をご覧いただけます。

Get Acrobat 上記の取扱説明書をお読みいただくためには、Acrobat Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAcrobat Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。


バージョンアップ履歴

  • Windows XP ServicePack2専用ドライバ、FT80btアダプタ接続ユーティリティVer1.21の公開 (2004/12/28)

    「Windows XP ServicePack2」専用ドライバの提供
    FT80btアダプタ(子機)を「Windows XP ServicePack2」でご利用の場合に、新ドライバをインストールすることにより、OS標準のBluetooth機能を利用することが可能となりました。
    従来の「FT80btアダプタ接続ユーティリティ」を利用して「Windows XP ServicePack2」でご利用いただくこともできますが、本ドライバをインストールしてOS標準のBluetooth機能を利用することにより、接続設定が簡易に行えたり、OSで複数のユーザアカウントを設定した際にそれぞれのアカウントからの通信が可能となる等の利便性の向上が図れます。
    (注) 本ドライバと「FT80btアダプタ接続ユーティリティ」を同時に利用することはできません。

    「Windows2000」利用時の無線通信安定性向上 (FT80bt アダプタ接続ユーティリティ Ver1.21)
    FT80btアダプタ(子機)を「Windows2000」でご利用の場合に、一部Webサイト閲覧時の無線通信が安定化するようFT80btアダプタ接続ユーティリティを機能改善しました。
    Flash等を多用しているサイト


  • INSメイトFT80bt Ver1.20 (2002/07/01)

    ネーム・ディスプレイ対応
    ネーム・ディスプレイに対応した電話機を接続してご利用になれます。発信者名の通知を伴う着信があった時に、アナログポートに接続されたアナログ通信機器のディスプレイに発信者の氏名等を表示させることができます。
    本機能をご利用になるためにはネーム・ディスプレイ対応電話機が必要です。
    ネーム・ディスプレイのご利用には弊社へのお申込が必要となります。

    MacOS X対応
    MacOS Xを利用したINSメイトFT80bt(親機)からのダイヤルアップ接続に対応しました。
    FT80btアダプタ(子機)からはMacOS Xをご利用になることはできません。
    MacOS Xではイージーウィザード及び設定ユーティリティはご利用になることができません。

    ワイヤレス通信設定の操作性向上
    INSメイトFT80bt(親機)に登録したFT80btアダプタ(子機)の登録情報を1件ずつ削除できるようになり、複数の子機を増減設する際の操作性を向上しました。


  • INSメイトFT80bt Ver1.10 (2002/01/31)

    Windows XP対応
    Windows XPに対応しました。
    INSメイトFT80bt (本体) をご利用の場合、イージーウィザードによるUSBドライバ等のインストールに対応しました。
    FT80btアダプタ (子機) もWindows XPでご利用になることが可能です。
    本商品をWindows XP環境でご利用になる場合の設定方法は下記<取扱説明書・追加分>をご覧ください。

    MP通信時のMUX通信機能対応
    最大3台のパソコンから同時に同じプロバイダのアクセスポイントに接続できるMUX機能を拡充し、128kbps(MP)通信時にも利用可能になりました。

    ワイヤレス通信の安定性向上
    利用環境によりBluetoothワイヤレス通信が不安定になる事象(親機子機間の認識が正しく行われない事象等)について、通信の安定性を向上させました。


Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社