NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > フレッツ・光プレミアム/Bフレッツ/フレッツ・ADSL対応端末 > Web Caster 7000
Web Caster 7000

Web Caster 7000 ファームウェア Ver1.2.28 (2004/09/07)

● 機能追加内容
● ご注意
● バージョンアップ方法
● 取扱説明書
● ダウンロードファイル
● バージョンアップ履歴

※ Web Caster 7000 追加機能パッケージのバージョンアップはこちら
※ Web Caster FT-STC-Pa/gのドライバ/ユーティリティのバージョンアップはこちら


機能追加内容

    ファームウェア Ver1.2.28

    ファームウェア Ver1.1.2からの機能追加内容は以下の通りです。

  1. 無線LANアクセスポイント機能の Super AG 対応
    ・Web Caster FT-STC-Pa/gによる無線LANアクセスポイント機能が Super AG 対応となりました。

    ※ Super AG ・・・Super AG は IEEE802.11a および IEEE802.11g の通信速度を向上させる技術です。IEEE802.11a または IEEE802.11g の通信時のみ有効です。
    ※ Super AG 機能を使用するためには、アクセスポイント側およびPCクライアント側の両方が Super AG 機能に対応している必要があります。Web Caster FT-STC-Pa/gのPCクライアント側のドライバおよびユーティリティの Super AG 対応については、こちらをご覧ください。

  2. PPPoEブリッジ機能への対応
    ・PPPoEブリッジ機能に対応しました。これにより、Web Caster 7000のLAN側のパソコンからフレッツ接続ツール等を利用してダイレクトにPPPoE接続をすることができるようになりました。

  3. IPSecアグレッシブモードへの対応
    ・IPSecによるVPN接続において、従来のメインモードに加え、アグレッシブモードに対応しました。

  4. telnetによるシェル接続機能への対応
    ・PHPスクリプトの実行等の操作を簡単に行うため、1023番ポートに対してLAN側からtelnetによる接続を行ない、シェルを利用することが可能です。


  5. ファームウェアのアップデート時の設定情報の継承
    ・ファームウェアのアップデート時に設定情報を継承できるようになりました。

  6. PHP対応WEBサーバ利用時のポートフォワード設定項目の追加
    ・Web設定画面のリモートアクセス設定項目に「PHP対応Webサーバ」を追加しました。これによりリモートアクセス設定でチェックを入れるだけで、PHP対応WEBサーバをご利用になることができるようになりました。

  7. USBカメラサーバ機能を追加パッケージによる提供に変更
    ・ファームウェア Ver1.2.28 より、USBカメラサーバ機能は、追加機能パッケージ(Revision 2)として提供いたします。

    ※USBカメラサーバ機能をご利用になるには、追加機能パッケージ(Revision 2)をダウンロードし、インストールした上でご利用ください。

      追加パッケージソフトダウンロードはこちら


    <追加機能パッケージ(Revision 2)により提供する機能>
    ・USBカメラソフトウェア Ver1.0
    ・PHP対応Webサーバ Ver1.2

TOP


ご注意

  • Version 1.2.28を適用後、本商品の起動または再起動に要する時間が長くなります。本商品の起動後に、ご利用のパソコンのIPアドレスの自動取得ができていない場合は、再度IPアドレスの取得を行ってください。パソコンのネットワーク設定については、取扱説明書P.9-2「パソコンのIPアドレスの管理」を参照してください。

  • 設定情報の保存機能により保存した設定情報は、同一ファームウェアバージョンでしか読み込むことができません。Version 1.2.28で動作するWeb Caster 7000で、Version 1.1.2以前で保存した設定情報を読み込ませないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。

  • Version 1.2.28にバージョンアップした後は、Version 1.1.2以前のバージョンをインストールすることはできません。Version 1.2.28で動作するWeb Caster 7000に、Version 1.1.2以前のファームウェアをインストールしないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。

  • ファームウェアのアップデート中は絶対に設定画面中の「キャンセル」ボタンをクリックしないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。万一、「キャンセル」ボタンをクリックしてしまった場合には、ルータの電源を落としたり、再起動したりせずに、再度、ファームウェアのアップデートをしてください。

  • ファームウェアのアップデート中は絶対にルータの電源を落とさないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。

  • ファームウェアのアップデート中は絶対にルータとパソコンを接続しているLANケーブルを抜かないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。

  • ファームウェアのアップデートは、必ずネットワーク管理者に相談してから実行してください。また、ファームウェアのアップデート中はルータとの通信ができなくなりますので、ルータを使用して通信を行っているユーザに対して、あらかじめ通信ができなくなることを知らせてからファームウェアのアップデートを実行してください。

  • ファームウェアバージョン1.2.28にアップデートした場合、Web Caster 7000追加機能パッケージ Revision 2以降をご利用ください。追加機能パッケージをご利用になる場合は、こちらから「Web Caster 7000 追加機能パッケージ」をダウンロードして、インストールしてください。

TOP


バージョンアップ方法

  1. 必要に応じて、本商品の設定情報をお控えください(機能詳細取扱説明書の最後にある「設定記入シート」をご利用ください)。

  2. 以下のようにして、ご利用のパソコンに「ファームウェア」をダウンロードします。

    ダウンロードはこちらから



  3. 本商品の設定画面を開き、サイドバーの[カスタム設定]アイコンをクリックします。
    [カスタム設定]画面から[ファームウェアアップデート]ボタンをクリックします。



  4. [参照]ボタンをクリックして、ダウンロードしたファームウェアのファイルを選択し、[OK]ボタンをクリックします。


    ※ ここで、[OK]ボタンをクリックした後に、[キャンセル]ボタンをクリックしないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。万一、[キャンセル]ボタンをクリックしてしまった場合には、ルータの電源を落としたり、再起動したりせずに、再度、ファームウェアのアップデートをしてください。

  5. ファームウェアアップデートを確認する画面に切り替わりますので、新しいバージョンが 1.2.28 であることを確認して、[OK]ボタンをクリックします。ファームウェアのアップデートが開始されます。完了すると、自動的に本商品が再起動されます。


    ※ ここで、[キャンセル]ボタンをクリックしないでください。ルータが起動できなくなり、使用できなくなる場合があります。万一、[キャンセル]ボタンをクリックしてしまった場合には、ルータの電源を落としたり、再起動したりせずに、再度、ファームウェアのアップデートをしてください。
TOP


取扱説明書

    取扱説明書及び機能詳細取扱説明書をご覧いただけます。
    ※ ファームウェア Version 1.2.28で追加された機能については、機能詳細取扱説明書をご覧ください。

  • 取扱説明書
    webcaster7000_man1-r2.pdf 約 5,197KB

  • 機能詳細取扱説明書
    webcaster7000_man2-r3.pdf 約 34,033KB

Adobe Reader 上記の取扱説明書をお読みいただくためには、Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAdobe Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。
TOP


ダウンロードファイル

  • ファームウェア Version 1.2.28
    webcaster7000_v1228.rmt 約 7,172KB

    ※ 「ファームウェアVersion 1.2.28」の部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」等を選択してダウンロードしてください。
  • Web Caster 7000 追加機能パッケージのバージョンアップはこちら
  • Web Caster FT-STC-Pa/gのドライバ/ユーティリティのバージョンアップはこちら
TOP

バージョンアップ履歴

  • ファームウェア Version 1.1.2 (2004/02/02)
    ・ フレッツ・コミュニケーションへの対応
    ・ スタートアップスクリプト機能への対応
    ・ Webサーバ機能の強化
    ・ FTPサーバ機能の強化
    ・ IPv6ブリッジ機能への対応


  • ファームウェア Version 1.0.8 (2003/11/07)
    ・ PPPoEマルチセッション設定を行った場合のUPnP機能を修正しました。
    ・ 新しい無線LAN規格に対応
    ・ ファイルサーバ機能に対応
    ・ Webサーバ機能の強化
    ・ VPN接続時のスループット向上
    ・ 設定機能等の向上
    ・ 設定画面の修正
    ・ 初期設定値の変更

TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社