健康・福祉ソリューション

  1. NTT西日本 公共・法人HOME
  2. サービス
  3. 健康・福祉ソリューション

ICTを活用した効果的な保健指導により、「健やかで元気な街づくり」・「保健指導業務の効率化」を実現

年々増加する医療費を抑制すべく、国の政策は「治療から予防重視」へと大きく転換しています。
住民の健康管理を担う自治体においても「地域住民の健康づくりの積極的な推進」や「特定健康診査・特定保健指導の実施」が重要な課題となっています。NTT西日本では、このような自治体を取り巻く背景をふまえ、ICTを活用したソリューションを提供します。

 

遠隔ヘルスケアシステム

利用イメージ

「光BOX+(HB-1000「2」/情報機器)」※1 とタブレットを用いて日々の健康データ(歩数、体重、血圧等)を継続的に収集し健康管理に活用したり、遠隔地からの健康相談による効率的・効果的な保健指導を行う事ができます。

遠隔ヘルスケアシステム・利用イメージ図

※1.「光BOX+(HB-1000「2」)」について
本製品によるインターネット利用には、「フレッツ光(FTTHアクセスサービス)」等のブロードバンド回線、および対応するプロバイダーとの契約・料金、ルーター等が別途必要です。環境によっては、十分な帯域確保ができず音声や映像が途切れる場合があります。「フレッツ 光ライト」でもご利用いただけますが、アプリケーション等のバージョンアップや動画視聴などでのインターネット通信により、「フレッツ 光ライト」の月額利用料が2段階定額の上限額に達する場合がありますので「フレッツ 光ネクスト」等他の定額サービスのご利用をお勧めします。本製品の利用には、HDMI端子付のテレビが必要です。ファイルのダウンロードはできません。ページによっては、動画や音声が再生されなかったり、文字や画像が正しく表示されなかったりする場合があります。JAVA等のプラグインには対応しておらず、追加することもできません。詳しくは、NTT西日本ホームページ[http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/]にてご確認ください。

  • 本サービスの提供エリアはNTT西日本エリア(富山県、岐阜県、静岡県以西の30県)となります。

PAGETOP

特長

  • 簡単な操作で、健康データの登録・参照が可能
  • テレビ電話でお互いの顔が見えることで、安心感の高い保健指導が可能
  • 保健師と対象者が、同じグラフを共有することで、分かり易い保健指導が可能
  • Webにより自宅や公共施設から簡単に健康相談が可能
PAGETOP

導入効果

  1. 保健師との健康相談・コミュニケーション機会増加により、質の高い保健指導サービスを実現
  2. グラフを用いた分かりやすい保健指導により健康管理の意識を向上
  3. 遠隔地からの保健指導により業務を効率化し保健指導実施率を向上
  4. 健康情報活用により予防効果を向上
PAGETOP
PAGETOP

審査 16-1335-1

Copyright(C) 1999-2017 西日本電信電話株式会社
バックナンバー RSS