このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム  企業情報  ユニバーサルサービスについて

ユニバーサルサービスについて

加入電話、公衆電話、緊急通報の電話サービス(これを「ユニバーサルサービス」といいます。)を全国どの世帯でも公平で安定的に利用できるよう、ユニバーサルサービスの提供を確保するために必要な費用を電話会社各社で応分に出し合う「ユニバーサルサービス基金制度」が2007年1月よりスタートしました。

ユニバーサルサービスに関する情報を掲載しておりますので、ご覧ください。

なお、2011年4月より、加入電話に相当する光IP電話が新たにユニバーサルサービスの対象として追加されましたが、当面の間、基金による補填の対象外とされています。

ユニバーサルサービスに関する説明

具体的なサービスについては下記資料をご覧下さい。

ユニバーサルサービスについての説明資料
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2017年12月1日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2017年4月21日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2016年12月1日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2016年4月26日)
2014年度におけるユニバーサルサービス確保の取り組みについて(2015年12月1日)(PDF:308KB)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2014年12月1日)
2012年度におけるユニバーサルサービス確保の取り組みについて(2013年12月2日)(PDF:98.1KB)
2011年度におけるユニバーサルサービス確保の取り組みについて(2012年12月3日)(PDF:255KB)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2012年4月23日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2011年12月6日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2010年12月6日)
2008年度におけるユニバーサルサービス確保の取り組みについて(2009年12月16日)(PDF:192KB)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2008年12月3日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2007年12月3日)
「ユニバーサルサービス料」の変更について(2006年12月1日)

NTT西日本のユニバーサルサービスへの取り組み

ページの先頭へ

ユニバーサルサービスに関する公開情報

ユニバーサルサービス収支の状況
2017年度ユニバーサルサービス収支の状況
2016年度ユニバーサルサービス収支の状況
2015年度ユニバーサルサービス収支の状況
2014年度ユニバーサルサービス収支の状況
2013年度ユニバーサルサービス収支の状況
2012年度ユニバーサルサービス収支の状況
2011年度ユニバーサルサービス収支の状況
2010年度ユニバーサルサービス収支の状況
2009年度ユニバーサルサービス収支の状況
2008年度ユニバーサルサービス収支の状況
2007年度ユニバーサルサービス収支の状況
2017年度のユニバーサルサービス収支における経営効率化等の状況
ユニバーサルサービス収支の算定方法
高コスト地域に関する情報
高コスト地域のサービス提供における費用等の状況
MA(単位料金区域)の加入者回線の総数に占める高コスト地域の収容局に属する加入者回線数の割合(PDF:28KB)
第一種公衆電話に関する情報
第一種公衆電話機の設置に関する情報
設置の状況
都道府県ごとの設置台数
MA(単位料金区域)ごとの設置台数
公衆電話全体と第一種公衆電話の収支状況の比較 (PDF:44KB)
第一種公衆電話の必要性と収支改善の取り組み(2006年12月1日 PDF:217KB)
第一種公衆電話の故障修理に係る施設保全費について(2007年3月30日 PDF:309KB)
基金の支援額算定に用いる設備利用部門(営業部門)に関する情報
費用の業務内容ごとの内訳 (PDF:47KB)
2018年度における基礎的電気通信役務に係る効率化のための具体的方策

ページの先頭へ