NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
サポート情報
HOME > サポート情報 > 無線LAN機能付VDSLモデム内蔵ルータ「VH-100VR-N」をブリッジモデムとしてご利用いただいているお客様がフレッツ・v6アプリをご利用される場合の装置設定についてのお知らせ

無線LAN機能付VDSLモデム内蔵ルータ「VH-100VR-N」をブリッジモデムとしてご利用いただいているお客様がフレッツ・v6アプリをご利用される場合の装置設定についてのお知らせ


 無線LAN機能付VDSLモデム内蔵ルータ「VH-100VR-N」をブリッジモデムとしてご利用いただいているお客様が、「フレッツ・v6アプリ」をご利用される際に、ホームページ閲覧等に時間を有することがあります。つきましては、快適にご利用いただくために、VH-100VR-Nの設定確認・変更をお願いします。


<対象となるお客様の条件>
以下の2つの条件の両方に該当する場合が対象となります。条件2については、以下「装置の確認手順」をご覧の上、確認して下さい。

条件1 : 「フレッツ・v6アプリ」をご利用のお客様
条件2 : VH-100VR-Nをブリッジモデムとして利用、且つ、DHCPサーバ機能をON(有効)のお客様


<事象>
ホームページ閲覧などの際、画面表示に十数秒程度の時間を要することがあります。


<装置の確認手順>

1.機種の見分け方

今回の事象が発生する装置の外観とラベルは下図のとおりです。お客様の装置が下図と異なる場合、設定変更は不要です。


【装置の外観】
【製造ラベル】
本体左側面に、製造ラベルを貼付けております。
本体左側の白色の製造ラベルをご確認ください。
VH-100VR-N
VH-100VR-N と表示


2.利用モードの確認
装置前面のPPP LEDにて現在の動作モード(ブリッジモード/ルータモード)の判別を行いブリッジモードでご利用の場合のみ、設定変更を実施してください。ルータモードでご利用の場合は、本設定変更は不要です。


<設定変更の手順>

設定変更が必要な装置・利用モードであれば、以下の手順に従って設定変更をお願いします。
(PCのOSがWindows XPである場合についての設定変更手順について記載しております。Windows XP以外のOSをご利用の場合は、以下の設定変更手順を実施いただく前にこちらを参照ください。)

1.ケーブル接続の確認

ご使用のPCのLANポートとVH-100VR-NのLANポートがLANケーブルで接続されていることを確認して下さい。
(ルータ等をご利用のお客様は、ご利用のPCのLANポートとVH-100VR-NのLANポートを直接LANケーブル(ストレート)で接続してください。)

VH-100VR-N 本体背面


2.Web設定画面に接続する

2-1. VH-100VR-Nに接続したPCで、Webブラウザを起動します。
Webブラウザの起動は、画面左下の[スタート][プログラム]または[スタート][すべてのプログラム] → [Internet Explorer]を選択してください。


2-2. Webブラウザのアドレス欄に「http://192.168.116.1/」と入力し、「Enter」キーを押します。




2-3. ログイン画面が表示された場合、「4.Web設定画面に接続」の4-3に進んでください。
表示されない場合は「3.PCのネットワーク設定」に進んで下さい。



3.PCのネットワーク設定

【ご注意】
PCのインターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティおよびインターネットのプロパティの設定を変更します。全ての手順が完了した後に変更前の設定へ戻す必要がありますので、必ず変更前の設定内容をメモしておいてください。

3-1. [スタート]→[コントロールパネル]を選択し、[コントロールパネル]ウィンドウに表示される[ネットワークとインターネット接続]をクリックします。(下図中の@)

※[コントロールパネル]ウィンドウに[ネットワーク接続] が表示されている場合は[ネットワーク接続]をクリックし、3-3. にお進み下さい。




3-2. [ネットワークとインターネット接続]ウィンドウに表示される[ネットワーク接続]をクリックします。(下図中のA)




3-3. [ローカルエリア接続]アイコンを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。(下図中のB)


3-4. [全般]タブをクリックし、[インターネットプロトコル(TCP/IP)]を選択し、[プロパティ]をクリックします。(下図中のCDE)




3-5. [IPアドレスを自動的に取得する]と[DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する]を選択し、[OK]をクリックします。(下図中のFGH)



【ご注意】
変更をする前に下記の設定値が表示されている場合は必ずメモしてください。全ての手順が完了した後に設定を元に戻す必要があります。
・「IPアドレス」、「サブネットマスク」、「デフォルトゲートウェイ」
・「優先DNSサーバー」、「代替DNSサーバー」

3-6. [ローカルエリア接続のプロパティ]ウィンドウの[OK]をクリックし、ウィンドウを閉じます。


4.Web設定画面に接続

4-1. VH-100VR-Nに接続したPCで、Webブラウザを起動します。
Webブラウザの起動は、画面左下の[スタート][プログラム]または[スタート][すべてのプログラム] → [Internet Explorer]を選択してください。


4-2. Webブラウザのアドレス欄に「http://192.168.116.1/」と入力し、「Enter」キーを押します。




4-3. ログイン画面が表示されますので、パスワード欄に「user」を入力して、「ログイン」ボタンをクリックしてください。(下図中の@、A)



【ご注意】
本商品の初期状態では、パスワードの設定は「user」になっています。パスワードを変更されている場合は変更後のパスワードを入力してください。

「3.PCのネットワーク設定」にて設定を確認・変更していただいても、4-6.の画面が表示される場合は、設定変更は不要です。「3.PCのネットワーク設定」にて変更された場合は、メモしていた内容を元に、PCを変更前の設定に戻してください。
(ルータ等をご利用のお客様で、LANケーブルの接続を変更された方は、もとの接続に戻してください。)


4-4. ログイン後、左フレームのプルダウンメニューから「基本設定」→「LAN設定」をクリックし、LAN設定ページを表示します。(下図中のB)




4-5. 下記C、D、Eの手順に従い、DHCPサーバ機能の設定を変更します。

C「DHCPサーバ機能」の「使用する」のチェックをはずします。
D「設定」ボタンをクリックします。
E「設定反映」ボタンをクリックします。

Eの後、VH-100VR-Nは自動的に再起動を始めます。




4-6. VH-100VR-Nの再起動後、しばらくするとWebブラウザに「ページを表示できません」と表示されれば、設定変更は終了です。




4-7. 「3.PCのネットワーク設定」にて設定を変更された場合は、メモしていた内容を元に、PCを変更前の設定に戻してください。また、「1.ケーブルの接続」でLANケーブルの接続を変更された方は、もとの接続に戻してください。


4-8. 設定変更作業は以上で完了です。


各種OSの設定変更手順
Get Adobe Reader 上記の設定方法をお読みいただくためには、Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAdobe Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。
TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社