NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
サポート情報
HOME > サポート情報 > 事業所向けファクス「OFISTAR B3000C」及び「OFISTAR H8110C」を ご利用のお客様へ
平成17年10月11日
お客様各位
西日本電信電話株式会社

事業所向けファクス「OFISTAR B3000C」及び「OFISTAR H8110C」をご利用のお客様へ


 NTT西日本が平成17年1月から提供している「OFISTAR B3000C」、及び平成16年10月から提供している「OFISTAR H8110C」(以下、本商品)において、本商品に添付のCD-ROM(キヤノン株式会社製)をインストールし、ファクスドライバの「ダイレクトファクス」機能を利用して特定の操作によりファクス送信を行った場合に誤送信となる事象が判明しました。対象機器をご利用のお客様へ無料で対策済みソフトウェアを提供させていただきます。
 この度、ご利用のお客様にはご迷惑とご不便をおけ致しますことを、深くお詫び申し上げます。
 なお、本商品から直接ファクス送信する場合は、今回の事象は発生致しません。


「ダイレクトファクス」機能…本商品に接続(LANまたはUSB接続)しているパソコン画面から操作し、ファクス送信を行う機能


1. 発生内容

(1)対象機器

  • OFISTAR B3000C
  • OFISTAR H8110C
(2)事象内容

本商品に添付のCD-ROM(キヤノン株式会社製)をインストールし、ファクスドライバの「ダイレクトファクス」機能を利用し、複数の送信先への同報送信の設定後、送信先の一部を削除してファクス送信した場合に、削除した送信先にファクス送信されたり、設定した送信先に送信されないことがあります。

(3)特定の操作

@
本商品に添付のCD-ROM(キヤノン株式会社製)をインストールし、ファクスドライバの「ダイレクトファクス」機能を利用
A
「アドレス帳」に登録している複数の送信先への同報送信を設定
B 「ファクス送信設定画面<操作手順方法 画面@>」の「相手先一覧」で、Aで設定した送信先の一部を削除
 

(4)ファクスドライバ提供会社による発表内容

  キヤノン株式会社公式ホームページ URL : http://cweb.canon.jp/e-support/info/faxdrv.html


2. 対処策

現在キヤノン株式会社において、対策済みソフトウェアの提供の準備を進めており、準備が整い次第、弊社ホームページで公開するとともに、対象機器をご利用のお客様に対して対策済みソフトウェアを収録したCD-ROMを送付させていただきます。
なお、対策済みソフトウェアが提供されるまでの間は、本商品から直接ファクス送信していただくか、もしくは「ダイレクトファクス」機能を引き続き利用される場合は、操作手順書に従ってご利用いただきますよう、よろしくお願い致します。

■  OFISTAR B3000C対策済みソフトウェア提供予定日:平成17年10月18日(火)予定
■ 
OFISTAR H8110C対策済みソフトウェア提供日:平成17年10月11日(火) <ダウンロードはこちら
■  対策済みソフトウェア提供ホームページ
  NTT西日本「情報機器ナビゲーション 【URL:http://www.ntt-west.co.jp/kiki/index.html
対策済みCD-ROM送付予定日:平成17年10月下旬予定
操作手順書
 


3. お客様からのお問い合わせ先

 
【追加情報(下記下線部を追記)】
下記、「NTT西日本 OFISTAR B3000C、及びOFISTAR H8110C お客様問い合わせセンタ(0120-100377)」の受付は終了させていただきました。
大変おそれいりますが、本件、又は当該商品の故障に関するお問い合わせにつきましては、下記までよろしくお願い致します。

局番なしの113(24時間受付)
※携帯・PHSからは、0120−444−113


■NTT西日本 OFISTAR B3000C、及びOFISTAR H8110C お客様問い合わせセンタ

フリーダイヤル:0120-100377
(携帯電話からもご利用いただけます)

受付時間:午前9時〜午後5時(土日・祝日を除く)


TOP



<本商品に添付のファクスドライバを収録したCD-ROM>

・OFISTAR B3000C
・OFISTAR H8110C


TOP



●対策済みソフトウェア提供までの操作手順方法

 パソコンを使用した「ダイレクトファクス」機能については、対策済みのソフトウェアが準備できるまでしばらくご使用をお控えください。「ダイレクトファクス」機能を利用し、同報送信を設定後、送信先を削除する場合は、以下の操作方法によりご利用ください。


●同報送信設定後の送信先削除方法
 
  1. [ファクス送信設定]画面の[送信の設定]タブにおいて、[アドレス帳]をクリックします。

    < 画面@ ファクス送信画面 >


  2. [相手先をアドレス帳から選択]画面の[相手先一覧]より、削除したい相手先を選択し、[一覧から削除]をクリックします。(複数の相手先を削除する場合は、この手順を繰り返し行ってください。)

    < 画面A 相手先アドレス帳選択画面 >
    ※)「NTT西」を削除する場合、[相手先一覧]に表示されている 「NTT西」を選択し、
    [一覧から削除]をクリックします。



  3. 送信先の削除が完了したら、[OK]をクリックします。

    < 画面A 相手先アドレス帳選択画面 >

    [OK]をクリックすると、[ファクス送信設定]画面に戻ります。
TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社