NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
サポート情報
HOME > サポート情報 > 「OFISTAR B3000C」をご利用のお客様へ
平成17年7月8日
お客様各位
西日本電信電話株式会社

「OFISTAR B3000C」をご利用のお客様へ


 NTT西日本が平成17年1月から提供している「OFISTAR B3000C」をご利用のお客様において、FAXの送信等ができなくなる場合があることが判明しました。
 この度、ご利用のお客様には大変なご迷惑とご不便をお掛けいたしますことを、深くお詫び申し上げます。



1. 発生状況

(1)対象商品

  「OFISTAR B3000C」(以下、本商品)

インターフェースにUSB2.0のみ搭載しているモデルが対象です。
インターフェースにUSB2.0に加え、LAN(100BASE)ポートを搭載しているモデルは対象外です。

(2)発生事象

電源を入れてから約24〜25日後に、以下のいずれかの事象が発生する可能性があります。

@ 原稿読み込みに関する事象
I
. 「FAX機能」「コピー機能」「スキャナ機能」のいずれかの機能を実行した際に、本体のディスプレイ部に「チョウセイチュウ スキャンスタートヲ マッテイマス」と表示されるが、約5分を経過しても表示が消えず原稿の読み込みが始まらず、FAX送信等ができない。
II
. オートドキュメントフィーダーで原稿を読み込み時に、「排紙ローラ」が回転したまま停止しない。
A オートドキュメントフィーダーに関する事象
  オートドキュメントフィーダーに原稿を置き、「FAX機能」「コピー機能」「スキャナ機能」のいずれかの機能を実行した際に、給紙せず、FAX送信等ができない。
B 印刷に関する事象
I
. 「FAX機能」「コピー機能」のいずれかの機能を実行した際、多数ページプリントの途中で、印字を終了する。
II
. 「FAX機能」「コピー機能」のいずれかの機能を実行した際、正常にプリント出力後も、本体のディスプレイ部に「PRINTING」の表示が消えず、FAX送信等ができない。

※ 本体上部にあるFAX等の原稿を読み込むための「自動原稿送り装置」

2. お客様への対応について

 本商品をご利用いただいているお客様に対して、本日以降順次、弊社より個別にご連絡の上、対策済みの本体ソフトウェアへのバージョンアップを実施いたします。
 なお、本事象が発生した場合は、暫定的対処として、電源コンセントを抜き、一度電源を落とした後に再び電源コンセントを入れていただくことで、正常に動作します。
 ただし、約24〜25日後に再び本事象が発生しますので、恒久的対処として対策済みの本体ソフトウェアへのバージョンアップが必要となります。


【お問い合わせ先】

【追加情報(下記下線部を追記)】
下記、「NTT西日本 OFISTAR B3000C お客様問い合わせセンタ(0120-600359)」の受付は終了させていただきました。
大変おそれいりますが、本件、又は当該商品の故障に関するお問い合わせにつきましては、下記までよろしくお願い致します。

局番なしの113(24時間受付)
※携帯・PHSからは、0120−444−113


NTT西日本 OFISTAR B3000C お客様問い合わせセンタ

フリーダイヤル:0120-600359
(携帯電話からもご利用いただけます)

受付時間:午前9時〜午後7時(土日・祝日を除く)

※ ただし、平成17年7月9日(土)・10日(日)は、午前10時〜午後7時の受付をいたします。


Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社