NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
サポート情報
HOME > サポート情報 > IPMATE 1000RにおけるCodeRedワームに関する対策について
IPMATE 1000RにおけるCodeRedワームに関する対策について

IPMATE 1000Rでインターネット接続している環境下において、CodeRedワームの影響により、インターネット等の通信ができなくなる事象が発生する場合がございます。本事象の内容及び対策についてお知らせ致します。

本事象について
本事象は、NAT機能を利用している場合に限定して発生します。
  OCNエコノミーなどにおいて、プロバイダからグローバルアドレス (通常は8個) を割り当てられます。このような利用形態で、本商品でNAT機能を利用している場合、ルータ自身に割り当てている以外のIPアドレスに対して、「CodeRed」に感染されたインターネット上のサーバからDos攻撃を受け本商品のNAT変換テーブルが許容値を越えるとテーブルがクリアされるまでの3600秒間、NAT機能が停止するように見えるため、一切の通信が不可となる事象です。

発生する条件
プロバイダから複数個のグローバルアドレスを付与されている。
NAT機能を利用している。

対策

対策済ファームウェアはこちらからダウンロードしてください。

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社