このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の ニュースリリース の中の 「災害用伝言ダイヤル(171)」の機能拡充について

News Release

「災害用伝言ダイヤル(171)」の機能拡充について 〜登録可能な電話番号の追加や「災害用伝言板(web171)」との連携機能の追加〜

2016年3月8日

 NTT西日本およびNTT東日本(以下、NTT東西)は、「災害用伝言ダイヤル(171)」(以下、本サービス)を、2016年3月18日(金)より機能拡充いたします。

1.背景

 NTT東西は、大規模災害発生時等の安否情報の伝達手段として、1998年3月31日より本サービスを運用し、東日本大震災では約350万回、運用開始から累計約490万回のご利用※1をいただいておりました。
 この度、利用者の皆さまのご要望やコミュニケーション手段の変化に対応し、2016年3月18日(金)より「登録可能な電話番号の追加」や「災害用伝言板(web171)との連携機能の追加」等、機能を拡充いたします。

  • ※1登録と再生の合計数(2016年2月末時点)

2.新たなサービス内容について

 新たなサービス内容は、以下の通りとなります。ご利用イメージは【別紙1】、利用方法は【別紙2】をご参照ください。

下線部が変更点

  新しいサービス内容 現行サービス
登録可能な電話番号 固定電話、IP電話(050含む
携帯電話、PHS
固定電話、IP電話(050除く)
お預かりする伝言について 登録件数 電話番号あたり1〜20
  • 災害状況により、登録可能な件数は異なります
10件
保存期間 提供期間終了まで 48時間
録音時間 1伝言あたり30秒以内 1伝言あたり30秒以内
災害用伝言板(web171)との連携 本サービスとNTT東西提供の「災害用伝言板(web171)」との連携により、それぞれで登録された伝言内容を、相互に確認が可能
  1. <1>本サービスに登録された伝言を「災害用伝言板(web171)」で音声ファイルとして再生可能
  2. <2>「災害用伝言板(web171)」に登録された伝言(テキスト)を音声変換の上、本サービスで再生可能

3.利用料金

 NTT東西の提供する加入電話、ISDN、公衆電話、ひかり電話から伝言を録音・再生する場合の通話料は無料※2

  • ※2その他の事業者の電話、携帯電話やPHSから発信する場合の通話料の有無等については各事業者にお問い合わせください。

4.提供開始予定日

 2016年3月18日(金)※3

  • ※3ご利用可能となる際に、当社公式ホームページにてご案内いたします。

5.その他

 より多くの方々に体験していただけるよう、以下のスケジュールで本サービスおよび「災害用伝言板(web171)」を運用しています。なお、機能拡充後は2016年4月1日(金)から体験利用が可能となります。

体験利用日 日時
「毎月の体験利用」 毎月1日および15日 0時〜24時
「正月三が日」 毎年1月1日〜1月3日 0時〜24時
「防災とボランティア週間」 毎年1月15日 9時〜1月21日 17時
「防災週間」 毎年8月30日9時〜9月5日17時

6.お客さまからのお問い合わせ先

 局番なしの「116」
<受付時間>
午前9時〜午後5時
土曜・日曜・祝日も受付中。(年末年始12/29〜1/3を除きます。)

報道機関からのお問い合わせ先

NTT西日本 アライアンス営業本部 ビジネスデザイン部
ネットワークサービス部門
北本、小野、渡邉
06-4793-5660

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

審査 15-2775-1

ページの先頭へ