このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の ニュースリリース の中の バイタルデータ解析による「ココロの視える化サービス」の提供開始について

バイタルデータ解析による「ココロの視える化サービス」の提供開始について 〜世界初のサービスが『梅田お化け屋敷』で体験できる!〜

(報道発表資料)

2015年7月9日
西日本電信電話株式会社
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
愛知県公立大学法人

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾和俊 以下、NTT西日本)とエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:窪薗竜二 以下、NTTスマートコネクト)、愛知県公立大学法人(住所:愛知県長久手市、理事長:鮎京正訓 以下、愛知県立大学)は、NTT西日本が掲げる「スマート光戦略※1」の一環として、ICTとバイタルデータ※2を活用したココロ※3の状態推定サービスの実現に向けた共同検討を進めてきました。
 この度、共同検討の結果を踏まえ、「ココロの視える化サービス」(以下、本サービス)を、2015年7月9日(木)よりNTTスマートコネクトから提供開始いたします。
 本サービスは、人の状態変化推定アルゴリズム※4を用いた世界初のサービスで、2015年7月10日(金)〜2015年9月6日(日)に開催される「梅田お化け屋敷2015 呪い指輪の家※5」(大阪市北区茶屋町17-1 MBS本社1F ちゃやまちプラザ)で初めて採用されることが決定いたしました。

  • ※1スマート光戦略とは、ICTを活用して、「家庭」「企業」「街」をつなぎ、お客さまに便利で快適なサービスや価値を、多様なビジネスパートナーとともに創造(デザイン)していくNTT西日本が提唱する取り組みです。
  • ※2バイタルデータとは、脈拍・心電などといった人の体から取得できる様々な情報や、歩く・走るといった人の動きに関する情報をいいます。
  • ※3本サービスにおける「ココロ」とは、感動・興奮・緊張・驚き・喜び等の人の状態(喜怒哀楽)の総称をいいます。
  • ※4アトラクションの入場者からバイタルデータ等の情報を取得し解析することで、入場者の状態を推定するアルゴリズムは、愛知県立大学、及びNTT西日本が共同開発し、現在特許出願中です。
  • ※5「梅田お化け屋敷2015 呪い指輪の家」の詳細は右記URLをご参照下さい。 http://www.mbs.jp/obake/

1.協業に至った背景

 バイタルデータを用いた研究は数多く行われており、その知見に基づいたサービス提供は心電図を用いたストレス測定のような医療分野や、脈波を用いた運転時の眠気推定のような安全運転支援の分野等ですでに実現されていますが、より幅広い分野での活用が各方面で検討されています。
 例えば、コンサート等のイベント会場において、バイタルデータを活用し、感動・興奮・喜び等のココロの状態を推定し可視化することで、入場者は体験の客観的な振り返りや友人との共有等が可能になり、これまでにない楽しみ方を実現できます。
 このような背景のもと、ネットワークやデータセンター基盤、クラウド技術を活用したシステム構築で多くの実績やノウハウを持つNTT西日本グループ(NTT西日本、NTTスマートコネクト)と、バイタルデータの解析で実績を誇る愛知県立大学は、バイタルデータを収集・解析し、ココロの状態を推定するサービスの実現に向けて協業することとしました。

2.サービスの概要

(1)概要

 本サービスは、バイタルデータを収集・解析することで、様々な場面におけるココロの状態を推定するサービスです。お客さまの要望に合わせて、既存のアルゴリズムだけでなく、新たな解析アルゴリズム※6も開発し、利用する環境ごとに最適化したココロの状態を提示することが可能です。
 例えば、お化け屋敷のようなイベントでは、恐怖・不安・驚きといったココロの状態を推定し、可視化することで、恐怖体験の客観的な振り返りや体験後の友人との共有等、新たなイベントの楽しみ方を提供します。

(2)サービスの特徴

<1>最先端技術を活用したバイタルデータの取得

 面型脈波センシング技術※7等、NTTグループの最先端技術を活用し、質の高いバイタルデータの取得が可能な機器を提案します。
 これまでは、センサーが小さく、日常生活の中で正確に脈波を計測することは困難でしたが、面型脈波センシング技術は計測領域を面に展開し、手に持つモノにセンサーを組み込むことで、日常生活の中で違和感なく脈波を計測することを可能にしました。

<2>イベントごとに最適化した解析アルゴリズムを採用

 イベントやアトラクション等、利用する環境ごとに最適化した解析アルゴリズムを採用し、お客さまの要望に合わせたココロの状態推定サービスを提供します。サービス提供開始時点では、お化け屋敷のようなアトラクションに最適化した解析アルゴリズム※8を実装しており、今後、お客さまの要望に応じて、解析アルゴリズムを開発します。

<3>クラウドによるサービス提供

 クラウドサービスにより、機器運用やシステム・ネットワーク管理に必要なコストや稼働を軽減します。

  • サービス概要およびシステム構成については「別紙」参照
  • ※6お客さまの要望に沿ったアルゴリズムが存在しなかった場合、本共同検討の各社により、新たに解析アルゴリズムを開発し、提供します。要望によっては、提供できない場合もあります。
  • ※7面型脈波センシング技術は、NTTサービスエボリューション研究所が研究開発した技術です。
  • ※8脈波データから推定できる脈拍数の増加減少傾向と、3軸加速度データ(センサーの前進・後退・上下の速度変化)から推定できる停止、歩行、走行といった動きの変化を総合的に評価することで、恐怖・不安・驚きといったココロの状態を推定します。

3.各社の役割

NTT西日本

  • ICTソリューション、バイタルデータ活用サービスの構築・運用実績から得た技術・ノウハウの提供
  • 利用者環境におけるネットワーク回線・Wi−Fi環境の提供

NTTスマートコネクト

  • データセンター、及びクラウドサービスの開発・運用から得た技術・ノウハウの提供
  • 本サービスの提供・販売

愛知県立大学

  • バイタルデータ解析ノウハウの提供
  • 解析アルゴリズムの開発・提供

4.料金

個別にお見積りいたします。

5.提供開始日

2015年7月9日(木)

6.今後の予定

 今後は、映画館の観客やスポーツ選手のココロの可視化等、エンターテイメント分野やスポーツ分野を中心に、バイタルデータを活用した新たな価値を提供するサービスの展開やイベントの開催を検討します。

7.お問い合わせ先

NTT西日本 ビジネス営業本部 クラウドソリューション部
高瀬、石原、吉田 TEL:06-6469-4129

NTTスマートコネクト 経営企画部/クラウドビジネス部
山下、幸村、中川 TEL:06-6147-5091

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

NTT西日本 ビジネス営業本部 クラウドソリューション部
高瀬、石原、吉田 TEL:06-6469-4129

NTTスマートコネクト 経営企画部/クラウドビジネス部
山下、幸村、中川 TEL:06-6147-5091

愛知県立大学 情報科学部/情報科学共同研究所
小栗、河中、入部、森田 TEL:0561-76-8826

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

審査 15-755-1

ページの先頭へ