このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 企業情報 の中の 地球環境保護活動 の中の 生物多様性保全(みどりいっぱいプロジェクト) の中の みどりいっぱい活動報告 の中の LINE 272 「ぎふのみどりいっぱいプロジェクト」〜今年で6年目 緑のカーテン〜
Pinterestで画像をPinする
Google Plusで+1する

LINE 272 「ぎふのみどりいっぱいプロジェクト」〜今年で6年目 緑のカーテン〜

平成30年5月9日(水)、15日(火)の両日、NTT西日本岐阜グループは今年で6年目となる「緑のカーテン」作りを実施しました。
この取り組みは、NTT西日本岐阜グループ管内の加納ビルと梅ヶ枝ビルの周辺や中庭を利用して、つる性の植物などを栽培する活動です。

猛暑に照りつける強い日差しで社屋の室温が上昇するのを「緑のカーテン」によって抑え、電力使用量の削減に貢献します。また、緑豊かに育った葉やつるの風情が、参加者や行きかう人々にとても涼しげに映り、さらに、活動で得ることができる収穫物も楽しみのひとつとなっています。

今年、梅ヶ枝ビルではつる性植物として定番のゴーヤ・キュウリ・トマトを植栽し、花壇には季節の花であるジニア・トレニア・ポーラチュカなどの花のほか、昨年好評だったサツマイモを植えました。
加納ビルではつる性植物として西洋アサガオの植栽に挑戦し、花壇には香りによる癒し効果も期待できるハーブ系の植物のほか、排気ガスや大気汚染に耐性の強い日々草を植えました。

当日は連休明けの暑い中、多くの社員が汗だくになりながらも、花壇の草引きからプランターの土の入れ替えや苗の植え付けを行い、これまでの活動で作業に手慣れた社員による声かけもあって、とても手際よく進みました。
今後、すくすくと成長する苗に合わせて水やりや草抜きのほか、つるの支柱やネットに結びつける誘因作業も必要です。

盛夏の頃には葉が青々と茂り、涼しげな「緑のカーテン」ができるよう作業を継続して取り組みます。あわせてキュウリなどの収穫物や、心和ませる花々などの成長を見守りながら、大切に育てていきます

NTT西日本岐阜グループでは今後も、植物を育てることで省エネにも貢献できる実り豊かな活動に、継続して取り組んでまいります。


実施会社
NTT西日本岐阜ビジネスユニット(NTT西日本岐阜支店、NTTフィールドテクノ、 NTTマーケティングアクト、テルウェル西日本、NTTビジネスアソシエ西日本)
事務局
NTTビジネスアソシエ西日本東海支店岐阜事業所総務担当(EMS推進事務局)
活動場所
NTT西日本 加納ビル、 NTT西日本 梅ケ枝ビル
参加人数
57名

関連サイト

つなぐそれは、ECO
毎日出来る環境貢献

ページの先頭へ