このページの本文へ移動

ここから本文です。

ホーム の中の 光コラボレーションサービス(転用)申込み時におけるご注意事項について

光コラボレーションサービス(転用)申込み時におけるご注意事項について

2016年3月31日
西日本電信電話株式会社

 NTT西日本より光アクセス回線サービスの卸提供を受け、光コラボレーション事業者が自社サービスと光アクセス回線サービス等を組み合わせて、お客様へサービスをご提供する「光コラボレーションモデル」を2015年2月より開始し、現在多くの事業者、及びお客様にご利用いただいております。
 光コラボレーション事業者の提供する各種サービスのご利用を検討される際には、以下の点について、くれぐれもご注意ください。

  • フレッツ光をご利用中のお客様に対して、光コラボレーション事業者の提供する光アクセス回線サービスへの切り替えや『転用承諾番号※1』の取得を、NTT西日本よりお願いすることはありません。
  • NTT西日本やフレッツ光をかたって、光コラボレーション事業者の提供する光アクセス回線サービスへの切り替えや『転用承諾番号』の取得が必要だと説明する、不審な勧誘(訪問営業、電話営業、勧誘メール等)にご注意ください。
  • フレッツ光をご利用のお客様が、光コラボレーション事業者が提供する光アクセス回線サービスへ切り替えされた場合は、「光コラボレーション事業者」とのご契約となります。
  • ※1 NTT西日本が利用者に対して発行する、転用に当たって必要となる手続用の番号

(参考:光コラボレーションモデルにおける転用時のイメージ図)

光コラボレーションモデルにおける転用時のイメージ図

  • ※ 光コラボレーションモデル対象外サービスについては、引き続きNTT西日本からご提供させて頂きます。
  • ※ 転用と同時に品目変更・移転がある場合、契約ID・ひかり電話の電話番号の変更、工事が発生する場合があります。
  • ※ 「フレッツ光」から「コラボ光」への「転用」が行われた後、お客さまが「フレッツ光」の再利用を希望される場合、また、他の光コラボレーション事業者さまが提供する「他のコラボ光」に変更することを希望される場合には、新たに工事等を実施する必要があるほか、ひかり電話の電話番号、お客さまID(CAF/Lで始まる番号)等を変更する必要が生じます。

お客様に光コラボレーションサービスを安心してご利用いただけるよう、今後も光コラボレーションモデルの品質向上に努めてまいります。

ページの先頭へ