このページの本文へ移動

ここから本文です。

  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 〜10,000人の気持ちがつながってひとつの歌が生まれる〜「スマート光ハートビートプロジェクト」開始

News Release

2014年6月10日

〜10,000人の気持ちがつながってひとつの歌が生まれる〜
「スマート光ハートビートプロジェクト」開始
大塚 愛さんがプロジェクトアンバサダーに就任
〜心音・鼓動から生まれる新しいコミュニケーションのカタチ〜

 西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:村尾 和俊、以下「NTT西日本」)は、この度、「スマート光ハートビートプロジェクト実行委員会」(代表:NTT西日本)を立ち上げ、全国10,000人の気持ちをつなぎ、ひとつにする「スマート光ハートビートプロジェクト」を開始いたします。
 本プロジェクトでは、多くの方々から心音やその時の心境・想いを収集し、その素材をもとにプロジェクトのアンバサダーで、幅広い層から支持されている国民的アーティスト、大塚 愛さんにオリジナル曲を制作いただきます。また、ICTを通じて自身やひとの鼓動を体験できるイベントを各地で開催する予定です。
 NTT西日本は、ICTによる、さらに便利で、楽しく、快適な暮らしの実現を目指しており、本プロジェクトでは、様々なプレイヤーとのアライアンスを通じて、ワクワク・ドキドキする新しいコミュニケーションのカタチを提供してまいります。

1.プロジェクトの目的

 本プロジェクトでは、気持ちを象徴するものを心音(ハートビート)と考えています。複数の団体が協力して集める心音や、その時の心境・想いから生まれたひとつの曲によって、距離・世代・性別等を超えて人と人をつなぐことで、新しいコミュニケーションのカタチを創造することを目的としています。

2.プロジェクトの概要

全国から心音を収集

本プロジェクトでは、「ハートビートキャラバン」と銘打ち、大塚 愛さんのアーティスト活動をはじめ、NPO法人ファザーリング・ジャパン、NPO法人マミーズサミット・全国ネットの活動の場において、プロジェクトに賛同いただいた方々から、心音やその時の心境・想いの収集を行います。

「NPO法人ファザーリング・ジャパン」
 父親支援事業を通して、「Fathering=父親であることを楽しもう」という意識の浸透によって、働き方の見直し、企業の意識改革、社会不安の解消、次世代の育成に繋がり、10年後・20年後の日本社会に大きな変革をもたらすということを信じ、これを目的として様々な事業を展開していくソーシャル・ビジネス・プロジェクト。
「NPO法人マミーズサミット・全国ネット」
 顔のみえる子育て支援・女性の生き方支援を行う、地域に密着した子育て支援ネットワーク。1995年の発足以来、プロアクティブ集団として、子育てを起点とした活動を行っている女性が中心になって、それぞれの知識・経験・情報・ネットワーク・スキルを活かして、現代社会における子育てや教育等に関する諸問題を研究し、支援の方策などを各方面に提案すると同時に、情報誌制作支援事業や、グループ自立支援事業など多様なキャリアモデル作りと子育て環境改善を目的としている。

心音から「スマート光ハートビートプロジェクト」の楽曲を制作

一部の心音をそのまま楽曲に活用するとともに、楽曲を制作いただく大塚 愛さんのインスピレーションを高める素材として、収集したすべての心音やその時の心境・想い等を活用し、オリジナル曲を制作いたします。 なお、完成した楽曲は、制作後、別途公表いたします。(2014年12月予定)

鼓動に関する研究技術の体感

心音収集を行う一部会場において、鼓動に関する研究技術・ワークショップ(参加型体験学習の場)を体験いただけます。

(1)「ドキドキ鼓動配信アプリ」

 NTT研究所の開発技術により、スマートフォンやタブレットのアプリケーションを通じて、遠隔地の人の鼓動を、「音」・「光」・「振動」として体感いただくことができます。
 将来的には、例えば、遠方にいるため、出産に立ち会えないご家族が、お母さんや赤ちゃんの鼓動を疑似的に体感できたり、TV視聴者がスポーツ観戦中に、アスリートの緊張感や高揚感を、鼓動を介して同時に体感できる、といったことも可能になると考えられています。

(2)「心臓ピクニック」

 心臓の鼓動を手のひらに置いた機器により体感・共有することで、命の大切さを感じ、新しいつながりを体験していただきます。普段一緒に暮らす親子でも、お互いの気持ちや命のつながりを見つめなおし、関係を深めるきっかけとなります。

「心臓ピクニック」
 自他の鼓動に触れることで命の大切さを知るワークショップ(参加型体験学習の場)。渡邊 淳司氏(NTT コミュニケーション科学基礎研究所)、川口 ゆい氏(ダンサー・振付家)、坂倉 杏介氏(慶應義塾大学)、安藤 英由樹氏(大阪大学)により、2010年から活動を展開。

3.主なスケジュール

  • プロジェクト発足(6月10日)
  • 6月から10月にかけて、「ハートビートキャラバン」による心音収集、及び鼓動の体感
  • 10月から12月にかけて、「オリジナル曲」の楽曲制作
  • 12月から翌年3月にかけて、「オリジナル曲」の披露、及びプロジェクト活動の推進等

4.その他

  • 別紙」の会場にて、どなたでも本プロジェクトへ参加いただくことができます。
  • プロジェクトの各種紹介や心音収集イベント情報、アンバサダー(大塚 愛さん)メッセージなどをWEB上で公開しております。詳細については、以下の、NTT西日本「行こうぜ!サイト」内に掲載し、随時更新します。

URL http://www.ntt-west.co.jp/ikouze/heartbeat/
検索ワード ハートビート

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。 最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

審査 14-646-1

リリースインデックスへ戻る

ページ先頭へ戻る

ページの先頭へ