平成17年3月23日
(報道発表資料)
西日本電信電話株式会社
株式会社 エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ


「サーバルーム環境診断サービス」の提供開始について
〜安心・安全なITシステム環境を実現するソリューションを協同で展開〜


 西日本電信電話株式会社(以下 NTT西日本)と株式会社エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ(以下 NTTファシリティーズ)の両社は、企業・自治体などに設置されたサーバルーム環境の安全性や信頼性について、通信ネットワークからセキュリティ、ファシリティ(電源・空調システム・耐震性など)まで、専門知識を有した調査員が総合的に診断・分析する「サーバルーム環境診断サービス」を平成17年3月28日(月)から提供開始します。
 なお、提供開始にともない、100社限定で無料にて本サービスを提供いたします。
 今後、両社は、本サービスを足がかりに、通信ネットワーク領域とファシリティ領域の融合による新たなソリューションを協同で展開していきます。


1.背景

 近年の情報化の急速な進展にともない、企業などにおけるITシステムの役割は極めて重要になっており、もはや経営基盤そのものになっています。一方、個人情報保護法への対応や、地震・水害といった頻発する自然災害などへの対応として注目されているBCP※1(Business Continuity Planning:事業継続計画)の策定などの観点から、ITシステムのリスクマネジメントを徹底することが急務となっています。
 しかしながら、ITシステムの“生命線”ともいえるサーバルーム環境については、不正アクセスや情報漏洩を防ぐセキュリティ対策の不備、さらに災害発生時における電源の供給停止や耐震性の不備によるサーバの倒壊などさまざまなリスクが潜んでおり、ITシステムの信頼性を確保するには、通信ネットワーク領域とファシリティ領域の両面をカバーした総合的な安全対策が必要不可欠になっています。
 両社はこのようなニーズに対応するため、これまで電気通信事業で培った実績やノウハウを活かし、サーバルーム環境の安全性や信頼性について、総合的に診断・分析する新たなサービスを提供することとしました。


2.サービスの概要

 本サービスは、情報セキュリティアドミニストレータ※2や電気主任技術者※3、1級建築士など公的資格を有する両社の専門知識を有した調査員が、企業・自治体などのサーバルーム環境の安全性・信頼性について、通信ネットワークの品質やセキュリティ対策から、電源・空調システム・耐震性などのファシリティまでの約50項目について診断・分析いたします。

(1)診断項目
通信ネットワーク(通信速度・通信容量などネットワークの信頼性)
セキュリティ (システムへのアクセス権限などネットワークセキュリティ、および 入退室管理やサーバルーム監視などのフィジカルセキュリティ)
電源(給電方式、防雷システムなど電源システムの信頼性)
空調(温度管理、気流条件など空調システムの信頼性)
耐震(ラック・サーバおよびビルの耐震性)
防火 (ケーブル防火措置など防火対策の有無、火災検知システムなどの防火性)
水防(水防設備、漏水対策などの水防性)

(2)診断所要時間:4時間程度

(3)提供開始日
 平成17年3月28日(月)

(4)提供条件
 NTT西日本の営業エリアに拠点がある企業・自治体で、自社内にサーバルームがある お客様に限ります。

(5)費用
 30万円(消費税込み)〜
  ※お客様の利用形態や規模によって異なります。

(6)申し込み・お問い合わせ先
<1> 電話
0120−699−566
受付時間:9:30〜17:00(土曜・日曜・祝日・年末年始は除く)
<2> Webサイト
URL:http://www.ntt-west.co.jp/datacenter/

(7)無料サービスの実施
 本サービスの提供開始にあたり、先着100社限定で無料にて提供させていただきます。
先着100社に達した時点で、受付を終了させていただきます。
お客様の利用形態や規模などにより、ご対応できない場合があります。詳細はお問合せください。


3.両社の役割

(1)NTT西日本
 NTTネオメイトなどグループ会社と連携し、本サービスのうち、サーバルームの通信ネットワークの信頼性やネットワークセキュリティ部分の診断を行います。

(2)NTTファシリティーズ
 本サービスのうち、サーバルーム環境のファシリティ(電源・空調システム等)および入退室管理などフィジカルセキュリティ部分の診断を行います。


4.今後の展開

  両社は、本サービスの提供を足がかりに、お客様のご要望に合わせたデータセンタソリューション※4やファシリティソリューション※5など、最適なITシステム環境を実現するソリューションを協力して展開していくとともに、通信ネットワーク領域とファシリティ領域の融合による新たなソリューションを開発していきます。



※1: BCP(Business Continuity Planning:事業継続計画)
企業が大規模な災害に遭遇した際に、サービスの提供や製品の供給を許容される期間内に再開し、取引先からの信頼、企業価値・ブランドを守るための一連の計画のこと。

※2: 情報セキュリティアドミニストレータ
情報セキュリティ管理の現場責任者として、情報セキュリティに関する企画・実施・運用・分析のすべての段階で、物理的観点、人的観点及び技術的観点から情報セキュリティを保つための施策を計画・実施し、その結果に関する評価を行う業務に従事する者のこと。

※3: 電気主任技術者
電気を送電し、配電する設備である電気工作物による事故や災害を防止し効率的な運用を行うための電気の専門家で、工事、維持、運用の保安と監督業務を行う技術者のこと。

※4: データセンタソリューション
高いセキュリティと優れたネットワーク環境のもと、地震・火災・停電などの災害から情報システムを守り、きめ細やかな運用・保守を実施し、お客様の業務効率化に大きく貢献するNTT西日本のソリューションサービス。

※5: ファシリティソリューション
ファシリティを取り巻くさまざまな潜在リスクを定量的に評価し、その結果をもとに、設備の改善提から、リニューアル、保守・監視までトータルにご提供するNTTファシリティーズのソリューションサービス。「高信頼電源システム構築ソリューション」、「高信頼空調システム構築ソリューション」、「建物耐震対策ソリューション」、「セキュリティシステム構築ソリューション」、「雷害・EMC対策ソリューション」、「監視・保守ソリューション」などで構成されている。


閉じる
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社
>