News Release

平成14年10月18日


長期継続利用割引における解約金規定の変更について


 NTT西日本は、新しい通信サービスへの移行ニーズが高まっている現状を踏まえ、お客様の利便性の向上を図るため、長期継続利用割引*1における解約金規定*2の変更について、本日、総務大臣に届出を行いました。
*1 長期継続利用割引: あらかじめご利用いただく期間をお約束いただくことで、その間のご利用料金について一定率を乗じた額を割引するサービス
*2 解約金規定: あらかじめお約束いただいた期間を満了する前に中途解約等が発生した場合、残余期間に相当するご利用料金に一定率を乗じた額を解約金としてお支払いいただくという規定


1.概要
 長期継続利用割引をご契約中のサービスについて、中途解約する際には解約金をお支払いただいておりましたが、解約するサービスに替わる弊社の他サービスへの移行があり、かつ以下の条件を全て満たした場合に限り解約金のお支払いを不要とします。
(1) 移行後サービスのご利用料金が移行前サービスのご利用料金と同額以上であること
(2) 移行後サービスにおいて、移行前サービスの長期継続利用割引の残余期間以上の長期継続利用割引契約をすること
(3) 移行前サービスの設置場所すべてが、移行後サービスの設置場所に含まれていること
(4) 移行前サービスは最低利用期間または基本契約期間を経過していること


2.対象サービス
・高速ディジタル
・ATM専用
・ワイドLAN
・ワイドLANプラス
・アーバンイーサ
・メガデータネッツ
上記サービス相互間の移行時に適用します。


3.実施時期
平成14年11月1日(金)(予定)


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社