News Release

平成14年5月14日


「Bフレッツ・ファミリー100」の提供開始等について


 NTT西日本では、加入者光ファイバを利用し、インターネット等に高速で接続する定額制サービス「Bフレッツ」を平成13年8月1日から提供しておりますが、この度、更なる通信の高速化、料金の低廉化へのお客様ニーズにお応えするため、現在提供中のBフレッツ4タイプ( 「ビジネスタイプ」「ベーシックタイプ」「ファミリータイプ」「マンションタイプ」 )に加え、「ファミリー100タイプ」の提供を開始することとし、本日、総務大臣に料金の届出を行いました。
 また、今回の「ファミリー100タイプ」の提供に合わせて、現在提供中の「ファミリータイプ」についても値下げを実施することとします。


1.「Bフレッツ・ファミリー100タイプ」の提供開始

(1)サービスの概要および特徴

<1>  アクセスラインの加入者光ファイバを複数のお客様で共有し、NTT西日本の地域IP網を介して、お客様が契約するインターネットサービスプロバイダ様(以下、ISP様)等に最大100Mbps接続するベストエフォート型※1のネットワークサービスです。

※1 ベストエフォート型サービス
ネットワークが混雑した場合などに、通信速度が低下することがあるサービスです。
(通信速度は保証されません。)
 同時接続セッション数(Ethernet上の最大PPPセッション数)は1セッション、接続可能端末台数は5台となります

<2>  ご利用形態として、標準的なLANインタフェースである100Base−TX、10Base−T※2を端末インタフェースとしております。また、ISP様等を選択するためにPPPoE※3を使用します。

※2 10Base−Tインタフェースで御利用の場合は最大10Mbps接続になります。
※3 PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)
PPPは、ダイヤルアップ接続において、ユーザIDとパスワードを用いて認証し、接続する際に用いられる一般的なプロトコルです。PPPoEは、PPPをイーサネット上に設定するためのプロトコルです。

(2)提供料金

<1> 月額利用料
月額利用料
※1 ご利用にあたっては、月額利用料のほか、ISP様のご利用料金が別途必要となります。
※2 ビル等の構内ケーブル(光ファイバケーブル)をNTT西日本が設置している場合には、別途加算額(800円)が必要となります。

<2> 初期費用
初期費用
※1 工事費は、代表的な工事の例であり、工事の内容によっては工事費が異なる場合があります。

(3)提供エリア
 大阪市の一部地域から順次提供を開始します。なお、現在提供中の「Bフレッツ」(4タイプ)と同一のエリアで提供できるよう、設備の準備等を進め、順次エリアを拡大していく予定です。具体的な提供エリア、提供時期等については「フレッツシリーズ」ホームページをご参照願います。
 <URL> http://www.ntt-west.co.jp/flets

(4)事前申込受付開始日
平成14年6月3日(月)
* 大阪市等から順次受付を開始します。
* 9月より順次サービス提供を開始していきます。

(5)その他
 「ファミリー100タイプ」から、フレッツユーザ様向けのコンテンツ配信サイト「フレッツ・スクウェア※1」及び、法人向けのサービスである「フレッツ・オフィス」への接続についても提供開始と同時に提供する予定です。
   ※1 「フレッツ・スクウェア」を提供している地域のお客様に限ります。


2.「Bフレッツ・ファミリータイプ」の料金値下げ

(1)提供料金
提供料金
※1 ご利用にあたっては、月額利用料のほか、屋内配線利用料、回線終端装置利用料、ISP様のご利用料金が別途必要となります。

(2)適用開始日
ファミリー100タイプの提供に合わせて実施いたします。


トップへ戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社