NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > フレッツシリーズ対応情報機器 > ひかり電話対応機器(RT-500MI)
ひかり電話対応機器(RT-500MI)

バージョンアップ
ソフトウェア(ファームウェア) Version 04.01.0003 (2017/01/16)

● 機能追加内容
● ご注意
● バージョンアップ方法
● ダウンロードファイル
● 取扱説明書他
● バージョンアップ履歴
● その他


機能追加内容

  ソフトウェア(ファームウェア) Version 04.01.0003
  • 当社特定サーバとの接続性を向上しました。

TOP


ご注意

  1. 本商品の「ファームウェア更新」の初期値は、「自動更新」と設定されておりますのでお客様による設定は不要です。

    最新のファームウェアが提供された際、あらかじめ設定されている時間(午前1時〜午前5時のいずれか)に自動的にファームウェアの更新を行います。

    「自動更新」が『5:00』に設定されている場合は、『5:00〜5:59』の間に自動的にファームウェアの更新(再起動)を行います。

    再起動中は約1分間、ひかり電話やインターネット、映像コンテンツ視聴などの各サービスがご利用いただけません。

    ファームウェアの自動更新は順次実施しておりますので、「自動更新」と設定している場合でもすぐにファームウェアの更新が実施されない場合があります。早期にファームウェアを更新したい場合は、本商品のWeb設定画面から手動にて実施してください。 (以下バージョンアップ方法をご覧ください)

    「手動更新」に変更したい場合、または「自動更新」の時間を変更したい場合は、本商品の取扱説明書をご覧いただき、設定を変更してください。

    「手動更新」に設定されている場合は、以下バージョンアップ方法をご覧ください。


  2. IPv6PPPoE接続開始時には、IPv6アドレス再取得するために、ひかり電話ルータに接続しているご利用のパソコンや通信機器等の再起動が必要となる場合がございます。

TOP


バージョンアップ方法 (「手動更新」設定時の場合)

  1. 電話機からのバージョンアップ方法

    電話機のハンドセットを取り上げた時「ピーピーピーピー」という音が「ツー」の前に聞こえる場合は、以下の方法により電話機からファームウェアの更新が可能です。

    1. 電話機の電話回線ダイヤル種別を「DP」でお使いの場合は、「PB」に変更する
    電話機の電話回線ダイヤル種別の変更方法は、電話機の取扱説明書をご覧ください。
    2. 電話機のハンドセットを取りあげる
    3. 電話機のダイヤルボタンを「*」「*」「*」「1」「1」の順番で押す
    4. 「ププ」という音が聞こえたら、ハンドセットを戻す
    バージョンアップ中は、本商品の電源を切らないでください。
    バージョンアップ中は、本体の「アラーム」ランプと「初期状態」ランプが同時点灯します。 約3分程度でバージョンアップが完了し、その後、「アラーム」ランプは消灯し、「初期状態」ランプは通常のランプ表示に戻ります。
    5. 上記の手順1で電話機の電話回線ダイヤル種別を変更した場合は、元の設定に戻す
    電話機のトーンボタン等で電話回線ダイヤル種別の変更を行った場合は、ハンドセットを戻すと自動的に元のダイヤル種別に戻ります。
    詳細については、電話機の取扱説明書をご覧ください。


  2. Web設定画面からのバージョンアップ方法

    1. 以下のファームウェアを右クリックして、「保存」を選択し、ご利用のPCにダウンロードします。
    なお下図ファイル名の「xx.xx.xxxx」は提供中のファームウェアバージョンにより異なります。



    2. PCとRT-500MIのLANポートがLANケーブルで接続されていることを確認し、WebブラウザのURL欄に「http://ntt.setup/」を入力します。
      [ntt.setupに接続]が表示されます。[ユーザー名]に「user」と入力し、[パスワード]に初期設定時に設定した機器設定用パスワードを入力し、[OK]をクリックします。


    3. 「メンテナンス」から「ファームウェア更新」を選択します。


    4. 「ファイル指定」の「参照…」をクリックします。


    5. ダウンロードしたファイルを選択し、[開く]をクリックします。



    6. 選択したファイルを確認して[更新]をクリックします。


    7. 以下のダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。



    8. ファームアップ中は以下の画面が表示されます。ファームウェア更新完了するまで電源を抜かずにお待ちください。アラームランプ消灯後、「再表示」をクリックします。





    バージョンアップ方法については、お手元の取扱説明書をあわせてご覧ください


TOP


ダウンロードファイル

TOP


取扱説明書他

Get Adobe Reader 上記の取扱説明書をお読みいただくためには、Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。最新版のAdobe Readerのダウンロードとインストールについてはこちらをご覧ください。
TOP


バージョンアップ履歴

  • ソフトウェア(ファームウェア) Version 04.01.0002 (2016/09/05)
    ・ネットワークに接続する際の動作について安定性を向上させました。

  • ソフトウェア(ファームウェア) Version 01.01.0011 (2015/08/17)
    ・当社特定サーバとの接続を改善しました。

  • ソフトウェア(ファームウェア) Version 01.01.0010 (2015/04/22)
    ・ネットワークの接続性を向上させました。

  • ソフトウェア(ファームウェア) Version 01.01.0006 (2014/07/01)
    ・データコネクト端末の接続性を向上させました。
    ・特定パケットの中継動作を変更しました。

  • ソフトウェア(ファームウェア) Version 01.01.0004 (2014/03/17)
    ・一部プロバイダとの接続性を安定させました。

  • ソフトウェア(ファームウェア) Version 01.01.0003 (2014/01/31)
    ・ソフトウェアの安定性を向上させました。

TOP


その他

  • 現在のところ、本商品のUSBポートに接続してご利用できる機器はございません。(2016/12/19現在)

  • ※本商品のUSBポートは今後のサービス拡張用に装備されているもので、専用の対応機器が必要です。
TOP

Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社