NTT西日本 情報機器ナビゲーション
HOME コンシューマ向け製品 ビジネス向け製品 サポート情報 ダウンロード サイトマップ オンラインショップ
ダウンロード
HOME > サポート情報 > ダウンロード > フレッツ・光プレミアム/Bフレッツ/フレッツ・ADSL対応端末 > Web Caster 3000MV
Web Caster 3000MV

バージョンアップ
Web Caster 3000MV Ver1.30 (2008/07/31)


● 追加機能内容
● ご注意
● バージョンアップ方法
● バージョンアップ履歴


追加機能内容

  • ファームウェア Ver1.30 
  • 050IP電話基盤事業者の接続インターフェースに伴う接続性の向上を行ないました。

  • 電話回線(アナログ)での着信処理の安定化を図りました。

TOP


ご注意

  • バージョンアップを行うと通信が切断します。バージョンアップを行う前に、すべての通信を終了させてください。


  • バージョンアップ開始後、完了の表示が出るまで絶対に装置本体の電源を落とさないでください。途中で電源を落としますと装置本体のファームウェアが破壊され、復旧不可能な状態となる場合がございます。


  • バージョンアップ時に、ADSL回線の電話機コードを外す必要はありません。

TOP


バージョンアップ方法

 (※)画面はWindows Vista® の例です。ご利用の環境により表示が異なる場合があります。
  1. 以下のファームウェアを、ご利用のPCにダウンロードします。

      ADSL_WBC3000MV_0130q.dlm  約 2,065KB


    【ダウンロード方法】
    Windowsで、Internet Explorer Ver.7.0 (Windows Vista®) の場合
    1. [ダウンロード]上にマウスカーソルを重ね、右クリックします
    2. 表示されるポップアップメニューの[対象をファイルに保存]をクリックします

    Macintoshで、Safari の場合
    1. [ダウンロード]上にマウスカーソルを重ね、Controlキーを押したままクリックします
    2. 表示されるコンテクストメニューの[リンク先のファイルをダウンロード]をクリックします

  2. パソコンがWeb Caster 3000MVのLANポートに直接接続されていることを確認し、Webブラウザを起動しアドレス欄に「http://192.168.1.1/」または、「http://ntt.setup/」を入力します。ユーザ名/パスワード入力画面が表示されたら、ユーザ名に「お客様が設定されたユーザ名」をパスワードに「お客様が設定されたパスワード」を入力してください。

    ※ 変更されていない場合は、ユーザ名「user」、パスワード「user」となっています。



  3. 設定メニュー画面が表示されましたら、設定画面のメニューフレーム「保守」の「バージョンアップ」をクリックします。

    <<画面をクリックすると大きな画像が表示されます>>


  4. 画面右側の操作フレームにある【ファームウェアのバージョンアップ】にて「参照」をクリックします。

    <<画面をクリックすると大きな画像が表示されます>>


  5. ダウンロードしたファイルを選択します。



  6. 「機器へのファームウェア転送」をクリックします。

    <<画面をクリックすると大きな画像が表示されます>>


  7. 確認ウィンドウが表示されたら「OK」をクリックします。



  8. 「再起動」をクリックします。新しいファームウェアで再起動します。アラームランプの点滅が終了したら、再起動の終了となります。

    再起動が終了したら「再表示」をクリックします。

    <<画面をクリックすると大きな画像が表示されます>>


  9. 設定画面のメニューフレーム「表示」の「バージョン情報」をクリックして、バージョンを確認してください。

    <<画面をクリックすると大きな画像が表示されます>>

    バージョンアップ方法については、お手元の取扱説明書をあわせてご覧ください。
TOP

バージョンアップ履歴

  • 本体ファームウェア Ver1.22 (2005/08/01)
    ダイヤル回線をご利用で、かつプロバイダ様が提供するIP電話サービス(050番号)をご利用のお客様が、加入電話から発信した緊急機関(「110番」「118番」「119番」)への通話終了後(お客様が受話器を置いた後)、再度受話器をあげて電話番号をダイヤルしても、外部への発信ができない場合がある事象を改善しました。
    緊急機関との通話開始から次の電話の発信までが3分間以下の場合に発生します(緊急機関と3分間を越えて通話した場合は発生しません)。

    また、今回のファームウェアVer1.22は、過去のファームウェアにおいて提供した全ての機能向上の内容を含みます。

    (平成17年8月1日にご案内した内容についてはこちらをご覧下さい。)

  • 本体ファームウェア Ver1.21 (2005/05/23)
    「186」をつけて発信する際の利用経路を選択することが可能となりました。
    バージョンアップお知らせ機能の機能追加をしました。
    加入電話回線の抜差しの判定条件を改善しました。

  • 本体ファームウェア Ver1.20 (2004/10/20)
    IP電話機能が向上しました。
    加入電話関係の機能が向上しました。
    設定画面の一部が変更されました。

TOP
Copyright (C) 西日本電信電話株式会社
ご意見・お問い合わせ プライバシーポリシー Copyright (C) 西日本電信電話株式会社