ここから本文です。

ホーム > 支店情報 > 愛媛支店 > ニュースリリース > 災害時における被災された方々への飲料水の提供について

愛媛支店

ニュースリリース

平成22年4月12日

災害時における被災された方々への飲料水の提供について

〜災害救援ベンダー(自動販売機)を設置〜

 西日本電信電話株式会社四国事業本部(以下、NTT西日本四国事業本部、事業本部長 山本 博敏)では、今後予想される東南海・南海地震による震災や台風、豪雨による災害発生時に、地域社会の一員として、より「安心」でより「安全」な社会づくりに役立つことを目的に、平成19年9月より「お客様支援室」を四国内各支店に設置し、住民の緊急避難用としての敷地等の提供、被災された方の仮住居としての空き社宅の提供、災害対策室としての自治体への空きフロアの提供について自治体等との協定を結んで参りました。
 さらに、有事の際に被災された方々のお役に立てることはないかと考え、被災時にもっとも必要とされる飲料水を、四国のNTTグループ会社と協力し、大規模災害等の非常時に無償で提供することとしました。
 NTT西日本四国事業本部では、今後も災害復旧対策を進めていきたいと考えております。

1.取り組み内容
四国内のNTT西日本が所有するビルの屋外スペースに「災害救援ベンダー(自動販売機)」を設置し、行政から大規模災害の指定があった場合に飲料水の無償提供を行います。
  • (1)災害救援ベンダー(バッテリー内蔵型の場合)

    専用鍵操作を行い、ベンダー内飲料水(1台当たり最大約500本)を被災された方に通常どおり選択ボタンを押していただくことにより無償で提供。 停電時も内蔵したバッテリーにより稼動(最大48時間)。

  • (2)その他の災害救援ベンダー

    ベンダー設置ビル内に、ベンダー1台当たり500mlの天然水ペットボトル約500本を備蓄しておき、提供決定時に、ベンダー前に搬出し無償で提供。

2.災害救援ベンダーの設置場所
NTT西日本愛媛支店・香川支店・徳島支店・高知支店の4県庁所在地のビル約30ヵ所、約40台設置
3.実施時期
平成22年3月より順次設置中。
4.その他
県庁所在地以外の地域のビルへの設置等、拡大につきましては状況を見つつ検討いたします。
ページトップへ

ページの先頭へ