border-image
NTT西日本シンボルチーム
陸上競技部 [大会詳細]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

第56回関西実業団陸上競技選手権大会 兼 第60回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会予選・連盟海外派遣選考競技会

大会結果

3,000mSCで末山が優勝!1万mでは池田が総合2位
各選手が積極的なレースを展開し、着実な成長を見せる

強風の中で行われた男子5,000m
強風の中、行われた男子5,000m

「第56回関西実業団陸上競技選手権大会」が、5月18日(金)から20日(日)の3日間、兵庫県尼崎市のベイコム陸上競技場にて開催され、NTT西日本陸上競技部からは15名(関戸選手は棄権)が、男子1万m、男子5,000m、男子3,000mSCの3種目に出場。近畿・四国のライバル選手たちと激しい戦いを繰り広げました。

男子1万mで力走する池田・松垣
男子1万mで力走する池田・松垣

初日に行われた男子1万mには、1組・2組合わせて各チーム総勢40名の選手が出場。2組に出場した池田泰仁は、ロンドン五輪マラソン日本代表の山本亮選手を鮮やかなスパートで捕らえ、見事総合2位に入賞。松垣省吾も総合9位に入りました。また、NTT西日本陸上競技部からただ一人、1組に出場した竹中友人は終始上位集団でレースを引っ張り、トップ(総合13位)でゴールする健闘を見せました。

男子3,000mSCで優勝した末山
男子3,000mSCで優勝した末山

さらに2日目には、男子3,000mSCに出場した新人の末山貴文が2位に15秒以上の大差をつけ、堂々の優勝。そして迎えた3日目、NTT西日本陸上競技部から7名が出場した男子5,000mでは、加田将士が総合3位に。さらに益田賢太朗が総合5位、高関伸が総合6位、山本庸平が総合7位に入り、出場7選手中4名が入賞するなど、各選手の着実な成長とチームとしてのレベルアップを感じさせる大会となりました。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ、札幌国際ハーフマラソンなど、来月以降に開かれるトップレベルの競技会に向けて、さらなる練習に励むNTT西日本陸上競技部。今シーズンの活躍に期待しましょう。

監督コメント

若手の成長がチーム全体の刺激に
順位にこだわる中で、手応えを得られた大会だった

清水監督
清水監督

末山の優勝をはじめ、若手の成長も感じられ、全体として手応えを得られた大会だったと思います。1万mでは、池田が安定した良い走りを見せてくれて、力が付いたという印象です。竹中も良いタイミングでスパートをかけ、勝つレースをしてくれたのは大きいと思います。ただ、松垣や阿部は力があり、もっと積極的な走りができるだけに残念な結果でした。中川にはもっと攻める姿勢がほしかったですね。渡辺も調整不足。ただ、大崎は7月の札幌国際ハーフマラソンに向けての調整段階なので心配はしていません。

3,000mSCの末山には優勝はもちろん、日本選手権の参加A標準記録(8分50秒)突破を指示していましたが、見事タイムも結果も出してくれました。末山の優勝でチームに勢いが出て、最終日の5,000mにつながった感じです。

その5,000mでは、加田がしっかりレースをつくって結果を出してくれました。また、益田、高関、山本の3人が入賞してくれたのは大きいですね。特に益田と高関は互いにライバル意識を持って切磋琢磨しており、若手の成長が中堅選手の良い刺激になっています。佐藤は残念でしたが、平川はラスト1周まではトップグループに付いていく走りを見せ、堀越も粘り強く走ってくれました。

この大会は関西駅伝でのライバルチームが相手になるので、順位にこだわり「一つでも前に」という意識で取り組んできました。チームとしての地力が付いてきているので、これからはタイムだけでなく「どう勝つレースができるか」が課題になってくると思います。今大会を良いステップにするためにも、次の大会がより重要になります。来月以降、ホクレンや札幌ハーフなど、レースが本格化していきますので、これからもご声援よろしくお願いします。

記録表

記録表 男子1万m赤字はNTT西日本陸上競技部

総合順位 選手名 所属 組順位 記録
1 岩ア 喬也 四国電力 2組1位 28:59:28
2 池田 泰仁 パーソナルデータ NTT西日本 2組2位 29:00:46
3 山本 亮 佐川急便 2組3位 29:02:11
9 松垣 省吾 パーソナルデータ NTT西日本 2組9位 29:29:88
13 竹中 友人 パーソナルデータ NTT西日本 1組1位 29:41:01
15 阿部 豊幸 パーソナルデータ NTT西日本 2組14位 29:47:33
16 中川 剛 パーソナルデータ NTT西日本 2組15位 29:52:33
24 渡辺 圭一 パーソナルデータ NTT西日本 2組18位 30:17:66
27 大崎 悟史 パーソナルデータ NTT西日本 2組19位 30:20:68

記録表 男子5,000m赤字はNTT西日本陸上競技部

総合順位 選手名 所属 組順位 記録
1 小林 正章 四国電力 4組1位 14:06:61
2 飯沼 健太 佐川急便 4組2位 14:07:36
3 加田 将士 パーソナルデータ NTT西日本 4組3位 14:07:39
5 益田 賢太朗 パーソナルデータ NTT西日本 4組5位 14:09:39
6 高関 伸 パーソナルデータ NTT西日本 4組6位 14:09:95
7 山本 庸平 パーソナルデータ NTT西日本 4組7位 14:10:01
17 平川 信彦 パーソナルデータ NTT西日本 3組6位 14:24:44
37 佐藤 浩二 パーソナルデータ NTT西日本 3組15位 14:49:55
53 堀越 信司 パーソナルデータ NTT西日本 2組13位 15:10:95

記録表 男子3,000mSC赤字はNTT西日本陸上競技部

総合順位 選手名 所属 記録
1 末山 貴文 パーソナルデータ NTT西日本 8:49:66
2 木村 哲也 住友電工 9:05:36
3 佐藤 章徳 カネカ 9:41:14
審査番号12-364-1
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー