このページの本文へ移動

NTT西日本 あしたへーwith you,with ICT

ニューイヤー駅伝2020(第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会)

過去の大会はこちら

大会結果(詳報)

大会記録更新の高速レースの中、
上昇気流に乗り切れず24位に

優勝の呼び声高いトヨタ自動車を振り切り、
旭化成が4連覇、25回目の優勝を飾る

NTT西日本陸上競技部が12年連続出場を果たした第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)。令和初の“駅伝日本一”をめざして地区予選を勝ち抜いた、全国屈指の37チームが参集しました。東京オリンピックを目前に控え、注目度もアップ。沿道には例年を上回る多くの観衆が詰めかけました。
 1月1日09時15分、号砲の瞬間には前日まで吹き荒れていた上州名物「からっ風」も止み、雲一つない青天の下で選手たちは群馬県庁から一斉にスタートを切りました。

初のニューイヤー駅伝ながら順位を押し上げたワンブィ選手

初のニューイヤー駅伝ながら
順位を押し上げたワンブィ選手

1区は近年まれに見るハイペース。まずは服部弾馬選手(トーエネック)が飛び出し、続いて藤本拓選手(トヨタ自動車)、田村友佑選手(黒崎播磨)、茂木圭次郎選手(旭化成)と、トップが目まぐるしく変わります。名だたるビッグネームを抑え、最後にレースを制したのは大隅裕介選手(JR東日本)。波乱の展開に、観衆のボルテージも一気に上昇しました。
 「インターナショナル区間」の2区では、このレースを最後に帰国するアブラハム・キャプシス選手(旭化成)が“日本ラストラン”にふさわしい素晴らしい走りを見せてトップに立ち、沿道は大きな歓声と拍手に包まれました。また、ベナード・コエチ選手(九電工)は区間新にあと1秒と迫る力走で、21人抜きを達成! こちらも沿道を大いに沸かせました。
 2区でトップに立った旭化成は、3区・4区で市田ツインズ(市田宏選手、市田孝選手)へとタスキをつなぎます。そこに立ちはだかったのがトヨタ自動車です。3区で西山雄介選手が区間新を叩き出し、11人を抜いて3位にジャンプアップすると、続く4区で大石港与選手がついに旭化成を捉え、首位交代となります。エースが揃う「花の4区」では、2018年のアジア大会マラソン金メダリストの井上大仁選手(MHPS)が区間新の激走でなんと17人抜き! 設楽悠太選手(ホンダ)の持つ区間記録を塗り替え、圧倒的な存在感を放ちます。
 5区の注目は何と言っても、東京オリンピック男子マラソン日本代表の服部勇馬選手(トヨタ自動車)。安定感のある走りでトップをキープするものの、村山謙太選手(旭化成)の猛追に苦しい表情を見せる場面も。旭化成は、村山選手がトップとの差を縮めた好機を逃さず、6区で社会人2年目の小野知大選手が初出場ながら堂々とした区間賞の走りで首位を奪還。ベテランの鎧坂哲哉選手にタスキをつなぎ、こちらも若手に負けじと区間賞の走りでゴールしました。旭化成は4連覇を4時間46分7秒という大会新記録で達成。2位は2分29秒差でトヨタ自動車、3位はホンダで、上位3チームは第56回大会で日清食品グループが出した従来の大会記録(4時間49分32秒)を上回る、近年まれに見る高速レースとなりました。

小松選手は3年連続の3区を任され、その期待に見事に応える走り

小松選手は3年連続の3区を
任され、その期待に
見事に応える走り

NTT西日本は、大塚選手、ワンブィ選手、小松選手、竹ノ内選手、渡邊選手、関戸選手、山本選手のオーダーで臨みます。まずは大塚選手が高速のレース展開にもしっかりと付いていき、21位でNTT西日本初の外国人選手ワンブィ選手にタスキをつなぎます。ワンブィ選手が2つ、3区の小松選手がさらに2つ順位を上げ、17位に。調子は上々と思われましたが、エースが居並ぶ「花の4区」で竹ノ内選手が苦戦し、22位に順位を落とします。5区では渡邊選手が区間12位となる走りで21位へと順位を上げるものの、6区の関戸選手が実力を発揮しきれず27位に後退。社会人2年目、初出場の山本選手がアンカーの重責に耐え、最後は24位まで浮上しレースを終えました。
 他の関西勢は、大阪ガスが15位、住友電工が16位、SGホールディングスグループが22位と、NTT西日本を含む4チームすべてが30位内にランクイン。関西勢の存在感を示すことができました。

最後まで諦めない走りで、巻き返しに挑む!
関西勢の存在感を示すレースに

若手の台頭により、チームの底上げを着実に図りつつあるNTT西日本。関西予選では、初加入のワンブィ選手が区間新を叩き出し、小松選手も区間賞を獲得するなど、前回王者の片鱗を見せつつも4位とふるわず、雪辱を誓って「ニューイヤー駅伝」に臨みました。前回に続き2度目の1区を任された大塚選手、アンカーに今大会初出場の山本選手と若手を要所に起用。さらにワンブィ選手、エース竹ノ内選手、小松選手、渡邊選手、関戸選手のオーダーで臨みます。

区間12位の好走で順位を上げた渡邊選手

区間12位の好走で
順位を上げた渡邊選手

前大会でスタートの大役を見事に果たした大塚選手は、大会屈指の高速レースで幕を開けた今大会でも慌てることなく、落ち着いた走りで先頭集団に食らいつきます。集団を引っ張る首位が目まぐるしく交代する中でも大きく引き離されることなく、首位から59秒差の21位でワンブィ選手が待つ2区へとタスキをつなげます。
 外国人勢が居並ぶ2区は、日本人選手は大阪ガス、住友電工など、わずが5チームという、まさに「インターナショナル区間」。ベナード・コエチ選手(九電工)の21人抜きをはじめ、息も付かせぬレース展開に、距離は8.3kmと最短ながら今年も多くのドラマが生まれました。ワンブィ選手も世界レベルの選手たちと肩を並べて戦い抜き、区間成績16位と健闘。順位を19位へと押し上げます。
 3区を走るのは3回目という小松選手。若手から中核選手へと成長し、安定した走りでさらに順位を2つ上げ、17位で4区へ。「最後まで諦めない」まさにNTT西日本らしさを前面に出す、懸命に走る姿に応援団も大いに盛り上がり、「このまま上昇気流に乗っていこう」と4区を走る竹ノ内選手への期待も高まります。
 MGC6位の好成績で一躍注目選手となった竹ノ内選手でしたが、連戦の疲れからか、足取りが重く本領発揮とはならず。各チームのエース選手がしのぎを削る中、22位へと後退してしまいます。
 しかし、エースの不発に沈む空気を吹き払うように、続く5区の渡邊選手が奮起。区間12位の力走で21位に浮上します。しかし、反撃もここまで。監物選手の不調で急遽出場が決まった関戸選手が流れを作れず、27位へと後退します。それでも、大会初出場でアンカーに抜擢された山本選手は「1つでも順位を上げてゴールする」という力強い意志のもと、前を行く選手に競り勝ち、最後まで力を振り絞って走り切り、順位を3つ上げて24位でゴール。希望の灯りをつなぐ活躍を見せました。

不調を抱える選手など、万全とは言えないチーム状態で悔いが残る結果となったものの、若手選手の成長が見られるなど、課題と成果の両面が浮き彫りとなりました。

選手の健闘を称え、
さらなるチーム戦術の強化へ!

タスキをつないだ健闘を称え、応援団にも謝辞を述べた小林社長

タスキをつないだ健闘を称え、
応援団にも謝辞を述べた小林社長

レース終了後、小林充佳社長は「新年早々、早朝から応援いただき、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べました。「満足のいく結果とはなりませんでしたが、控えメンバーも含め選手一人ひとりは力を出し切ってタスキをつないでくれた、その選手の健闘を称えたいと思います。また1年、精進して、雪辱を果たしていきますので、引き続き温かい応援をお願いします」と、さらなる活躍を誓って、言葉を結びました。

“「これから1年、一層の厳しさを持って取り組んでいく」と悔しさをにじませた清水監督

「これから1年、一層の厳しさを
持って取り組んでいく」と
悔しさをにじませた清水監督

清水監督は、「24位という結果は選手層の薄さが露呈した結果」とレースを総括。「さらに上をめざすには、これから1年、出場した選手も控えの選手も、一層の厳しさを持って、取り組んでいかなければいけない。チーム全体の立て直しを図り、来年はしっかりと“テレビに映る”チームにしていきたい」と、厳しい表情で“1年の計”を語りました。また最後は「年始にも関わらず、多くの人に応援に来ていただき、ありがとうございました。選手、スタッフは本当に頑張っているので、これからも引き続き温かい応援をよろしくお願いします」と、感謝の思いを込めた言葉で締めくくりました。

チーム総合力の強化をめざすNTT西日本陸上競技部。選手一人ひとりの成長と、チーム戦術の強化に向け、さらなる研鑽に励んでいきます。

ページ上部へ

区間記録および選手コメント

区間 距離 選手名 区間順位 記録 チーム順位
1区 12.3km 大塚 倭 21位 0:35:16 21位
2区 8.3km パトリック・ワンブィ 16位 0:22:44 19位(↑)
3区 13.6km 小松 巧弥 17位 0:38:43 17位(↑)
4区 22.4km 竹ノ内 佳樹 29位 1:06:35 22位(↓)
5区 15.8km 渡邊 力将 12位 0:46:52 21位(↑)
6区 12.1km 関戸 雅輝 34位 0:38:14 27位(↓)
7区 15.5km 山本 翔馬 16位 0:46:48 24位(↑)
大塚選手
第1区

新春の1区を粘りの走りでタスキをつなぐ:21位

大塚選手のコメント

ハイペースのレース展開になることは予想していましたので、スピード練習もしていましたし、コンディションも悪くありませんでした。序盤から余裕を持って走っていたのですが、終盤思ったよりも足が残っていなくて…。昨年は1ケタで1区を走ることができたので、今年こそは区間賞を狙っていたのですが、力不足を痛感しました。スピードへの対応はできていましたが、スタミナが課題です。

ワンブィ選手
第2区

スピード区間で力走を見せ順位をアップ:19位

ワンブィ選手のコメント

初めてのニューイヤー駅伝となりました。プレッシャーを感じましたが、沿道の応援がすごくて楽しく走ることができました。ただ、目標タイムにはほど遠かったです。22分10秒前後をめざしていたのですが、結果的に22分44秒でレースを終えることになってしまって…。最初の1キロをオーバーペースで走ってしまい、最後きつくなってしまいました。この経験を糧に、来年は区間5位以内の走りを見せることができるよう頑張ります。

小松選手
第3区

エース級ランナーと渡り合い、チームに勢いをつける:17位

小松選手のコメント

体調があまりよくなく、これまで納得のいく練習ができていませんでした。そういう状況で各チームのエース級ランナーと渡り合い、順位を2つ上げることができたことは自信につながります。また、タイムも10人抜きをした3年前の記録よりも上でした。3年連続で第3区を任されましたが、また同じ区間を走ることになれば、これまでと同様に有力選手と競い合いながら確実に順位を上げることができるようにしたいと思います。今日は持っている力をすべて出し切ることができました。

竹ノ内選手
第4区

強豪居並ぶ花の4区で意地の走りを見せる:22位

竹ノ内選手のコメント

昨年9月にマラソングランドチャンピオンシップ、11月にニューヨークシティマラソンを走り、早い時期からニューイヤー駅伝に向けての調整をすることができず、厳しいレースになってしまいました。もっと上の順位でタスキをつなぎたかったのですが、それができずに悔しい気持ちでいっぱいです。今日は点数をつけるなら、30点の走りというところでしょうか。疲れがあり、動きにキレがありませんでした。次こそは万全のコンディションで臨み、良い走りをしたいと思います。

渡邊選手
第5区

区間12位の激走で前との差を詰める:21位

渡邊選手のコメント

1週間前から調子が上がってきて良い状態をキープしたまま大会に臨むことができました。目の前に1人選手がいる状態で竹ノ内選手からタスキを受け取り、追いかけるレース展開で順位を1つ上げることができ良かったです。これまで6度第5区を走り、今回46分52秒と自己ベストを更新することができました。欲をいえば1ケタの区間順位でレースを終え、なおかつ、あと1人抜くことができれば最高だったのですが。全体的には満足のいく走りができました。

関戸選手
第6区

戦略を要する第6区で苦しみながらも走り切る:27位

関戸選手のコメント

計画通りにトレーニングを積んで4大会ぶりのニューイヤー駅伝に臨みました。第6区のランナーとして、いい流れでアンカーにタスキをつなぎたいという思いがあったのですが、7キロ以降足が動かなくなり、いつもの走りができなくなってしまいました。練習通りの走りができていれば、チームの目標に届いていたのですが、順位を落とす結果になってしまって…。チームのみんなや応援してくださった方々には申し訳なく思います。

山本選手
第7区

初のニューイヤー駅伝で堂々の走りを見せフィニッシュ:24位

山本選手のコメント

初めて出場するニューイヤー駅伝でしたが、ほどよい緊張状態で自信を持ってスタートラインに立つことができました。タスキを受けた時点で1キロ圏内に2人選手がいましたので、追いついていき、そこでうまくレースの主導権を握ることができました。アンカーとして1つでも順位を上げてゴールしようと思っていましたので、自分の仕事はできたのかなと。とはいえ、3つチーム順位を上げたといっても区間順位は16位だったので、もっと力をつけて、今後は今以上の走りができるように日々練習に励みます。

ページ上部へ

総合記録一覧

総合順位

青文字は関西代表チーム

順位 チーム名 時間
1位 旭化成 4:46:07
2位 トヨタ自動車 4:48:36
3位 Honda 4:49:30
4位 JR東日本 4:50:40
5位 GMOインターネットG 4:50:46
6位 愛三工業 4:51:32
7位 ヤクルト 4:51:33
8位 コニカミノルタ 4:51:36
9位 カネボウ 4:51:37
10位 マツダ 4:51:39
11位 安川電機 4:51:40
12位 トヨタ自動車九州 4:52:47
13位 トヨタ紡織 4:52:50
14位 中電工 4:53:21
15位 大阪ガス 4:53:22
16位 住友電工 4:53:31
17位 MHPS 4:53:41
18位 SUBARU 4:53:41
19位 中国電力 4:53:43
順位 チーム名 時間
20位 小森コーポレーション 4:54:13
21位 日立物流 4:54:30
22位 SGホールディングスG 4:54:33
23位 黒崎播磨 4:54:35
24位 NTT西日本 4:55:12
25位 九電工 4:55:13
26位 トーエネック 4:55:25
27位 西 鉄 4:56:01
28位 JFEスチール 4:56:36
29位 愛知製鋼 4:56:53
30位 警視庁 4:58:31
31位 中央発條 4:58:46
32位 YKK 4:58:49
33位 NTN 4:58:54
34位 プレス工業 4:59:25
35位 コモディイイダ 5:00:47
36位 セキノ興産 5:02:27
37位 ひらまつ病院 5:07:50