NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。
border-image
NTT西日本シンボルチーム
陸上競技部 [大会特設]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

ニューイヤー駅伝2007 (第51回全日本実業団対抗駅伝競走大会)

チームレポート

翔けろ上州路!ニューイヤーから世界へ
タスキの絆2007 〜3年目の挑戦〜

Report #2006-12-22

原点(ゼロ)からの出発(スタート)

ニューイヤー&マラソンに向け走り込むベテラン組
ニューイヤー&
マラソンに向け
走り込むベテラン組

第50回記念大会、100kmにおよぶタスキの旅を終え、トップから遅れること16分58秒、出場43チーム中40位。2年ぶり42回目の出場を果たした名門に突きつけられたのは、“厳しい現実”だった。

今シーズンは、まさにゼロからの出発だった。北京五輪へと通じる大阪世界陸上の代表選考が始まるなどの調整が難しい中、執念で激戦の関西大会(予選)を5位で突破。無事、2年連続でニューイヤー駅伝出場を果たした。それもエース・大崎悟史を欠いてのもの。チームの危機を“結束力”と“総合力”で乗り越えた結果だった。清水康次兼任コーチをはじめ方山利哉らマラソン組の活躍もさることながら、1年目の池田泰仁、大中健嗣の成長がチームに活力を与えている。

目標は30位以内 一歩ずつ前へ

アジア競技大会で銅メダルに輝いた大崎
アジア競技大会で
銅メダルに輝いた大崎

福岡国際マラソン、兵庫県実業団長距離記録会、そしてアジア競技大会(カタール・ドーハ)などを経て、12月13日、ニューイヤー駅伝の登録メンバーが発表された。

NTT西日本シンボルチーム陸上競技部のニューイヤー駅伝登録メンバーは、17日の防府読売マラソン直後となる岩熊勇治、故障を抱える鍋島隆志木村友泰清田武尾熊栄輔を除いた以下の10人に決定した。

清水康次
清水康次
小椋誠
小椋誠
松本政大
松本政大
方山利哉
方山利哉
大崎悟史
大崎悟史
西田学
西田学
佐藤浩二
佐藤浩二
池田泰仁
池田泰仁
大中健嗣
大中健嗣
山下聖人
山下聖人

※写真をクリックすると選手の詳細を表示します。

練習を見守る上窪監督
練習を見守る上窪監督

新春の健闘を誓う小椋主将
新春の健闘を誓う小椋主将

ミーティングにも張感が漂う
ミーティングにも
緊張感が漂う

「世界陸上の選考を兼ねている主要マラソンに主力の多くが出場した関係などもあり、若手のがんばりが鍵となる。幸い、関西大会後、池田、大中、山下の新人3人の調子も上向いている」と上窪隆夫監督。若手中心のチーム編成で前回の雪辱を期す。

躍が期待される若手組
活躍が期待される若手組

福岡組も順調に回復。ニューイヤーに向け万全を期す<
福岡組も順調に回復
ニューイヤーに向け万全を
期す

福岡国際マラソン、アジア競技大会、防府読売マラソンの各大会で上位争いを展開するなど、しっかりと結果を残してきた。「マラソンの勢いをそのままニューイヤーにつなげたい。前回は前半で集団から遅れるなどレースの流れに乗れなかった。何とか集団にくらいつき、粘りのレースをしたい」と小椋主将。

福岡国際マラソン出場した方山、そしてアジア競技大会に出場した大崎も順調に回復。絶好調とまではいかないまでも臨戦態勢は整いつつある。

選手たちには、関西大会のときを超える結束力で、目標の“30位以内”を上回る力走を期待したい。注目のスタートは2007年元日、午前9時05分だ。

新春の上州路を激走・応援よろしくします!!

※各選手・スタッフのコメントはこちらをご覧ください

審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー