border-image
NTT西日本シンボルチーム
陸上競技部 [大会特設]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

第58回関西実業団対抗駅伝競争大会 兼 第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会予選

  • トップページ
  • コースガイド
  • 特集記事
  • チームレポート
  • 大会結果
  • ギャラリー
過去の大会はこちら

大会結果(詳報)

総合力で3位入賞!
新戦力の躍進でニューイヤー駅伝2016の出場権獲得!

11月15日(日)、和歌山県田辺市龍神村で開催された「第58回関西実業団対抗駅伝競走大会」で、スタートからトップグループでレースをけん引したNTT西日本陸上競技部は3位に入賞。来年1月1日(金・祝)に開催されるニューイヤー駅伝2016への出場権を獲得しました。

チーム順位をトップにあげる区間3位の走りで関戸(4区)につないだ竹ノ内(3区)

チーム順位をトップにあげる区間3位の走りで
関戸(4区)につないだ竹ノ内(3区)

初めてのエース区間を区間3位で走りきった渡邊(5区)

初めてのエース区間を
3位で走りきった渡邊(5区)

3位をキープした竹中(6区)からタスキを受け取り、ゴールをめざす池田(7区)

3位をキープした竹中(6区)から
タスキを受け取り、
ゴールをめざす池田(7区)

前日の豪雨が嘘のように、陽気すら感じる天気となったレース当日。「自分たちは総合力で勝負するチーム。1区から4区のレース前半でアドバンテージを作り、5区でリードを守り、6区・7区でスパート。昨年のようなレース展開ができれば」とレース前に語っていた清水監督の言葉通り、NTT西日本陸上競技部は理想のレース展開を見せました。

5kmのタイムが17分20秒というスローペースで始まった今大会。1区走者・益田はトップと5秒差の3位で、2区走者・監物へタスキをつなぎます。数日前に若干調子を崩してしまい、コンディションが悪いながらもトップと3秒差の2位という走りでしっかりと役割を果たした監物。そんな監物からタスキを受け取った3区走者・ルーキー竹ノ内は、初出場ながら区間3位の力走でトップに躍り出ます。4区走者・関戸は竹ノ内が作った流れをつなぎ、5秒のリードを守ってエース区間である5区走者・渡邊の待つ龍神行政局前の中継所へ。今回、初めて5区に挑戦した渡邊は、5位から一気に巻き返した大塚製薬とSGHグループの選手からの追い上げで3位となるものの、48分台で難区間を走りきりました。

渡邊からタスキを受け取った6区走者・竹中は、3位をキープして7区走者・アンカー池田へとタスキをつなぎました。池田は、区間3位のタイムで走りきり、3位でフィニッシュ。中盤までレースをけん引したNTT西日本陸上競技部に、沿道の応援者から熱い応援が送られました。

8年連続51回目のニューイヤー駅伝出場を決めたNTT西日本陸上競技部。昨年と同じ3位ですが、自分たちの想定した通りのレース運びができたことは、大きな経験となったはず。今回得た経験を生かし、来年1月1日(金・祝)、群馬県で開催されるニューイヤー駅伝2016において、さらなる成長を遂げたNTT西日本陸上競技部が見せる熱い走りに注目です。

清水康次監督コメント

清水康次監督

優勝をめざして臨みながら3位という結果ではありましたが、レース運びそのものは理想に近かったと考えています。

1区走者・益田と2区走者・監物がレースの流れを、3区走者・竹ノ内と4区走者・関戸がアドバンテージを作って、5区走者・渡邊が各チームのエース級選手に向かい合って48分台で走り、6区走者・竹中と7区走者・池田のスパートで上位をめざすという、総合力で勝負する私たちの戦い方を確立できたのではないでしょうか。中でも今回は、1区走者・益田、2区走者・監物、3区走者・竹ノ内、4区走者・関戸、5区走者・渡邊といった若手選手が頑張ってくれました。ベテランである竹中・池田の安定感はもちろん重要ですが、チームの将来を担うという意味でも若手選手の躍進は好材料でした。

ただ、その半面、昨年もそうでしたが、優勝が見えてからのツメが甘いという課題も見えています。全区間で取りこぼさないことはもちろん、プラスαとなる何か一押しが必要になるでしょう。「勝つ」ということは本当に難しいと痛感させられました。そんな中で重要になるのが、コンディションの上下に関わりなく、一定の成果を出すためにはどうすればいいかということです。今年でいうと、夏の走り込みをハードにやったことで身につけた地力が、成果につながったのだと思っています。今後も、練習の成果をどうすれば100%近く発揮できるか、選手たちには常に考えてもらいたいですね。

龍神駅伝で関西トップをめざすというのは重要なことですが、あくまで元旦のニューイヤー駅伝の通過点。もうそれほど時間もありませんから、まずはトラックの1万mで一度叩き、宮崎での合宿で再び駅伝モードに戻して、万全の状態で臨みたいと考えています。もう一度気持ちを引き締めてニューイヤー駅伝に臨みますので、引き続き、熱い応援をよろしくお願いします!


総合記録一覧

日時 2015年11月15日(日)
場所 龍神行政局スタート〜龍神体育館ゴール 80.45km
天候 晴れ

上段:通過タイム 下段:区間タイム :区間トップ


チーム名 1区
(12.6km)
2区
(7.68km)
3区
(10.87km)
4区
(9.5km)
5区
(16.0km)
6区
(11.0km)
7区
(12.8km)
総合成績
(80.45km)

1

大塚製薬

1

岡田竜治

0:42:28
[2位]

0:42:28
[2位]

松本葵

1:05:47
[3位]

0:23:19
[3位]

西山容平

1:37:41
[5位]

0:31:54
[5位]

山川雄大

2:05:58
[5位]

0:28:17
[5位]

松岡佑起

2:53:40
[1位]

0:47:42
[1位]

辻茂樹

3:26:53
[1位]

0:33:13
[1位]

三岡大樹

4:05:08
[1位]

0:38:15
[1位]

4:05:08

2

SGH
グループ

4

橋爪孝安

0:42:33
[5位]

0:42:33
[5位]

柿原聖哉

1:06:24
[6位]

0:23:51
[6位]

松田佑太

1:37:38
[3位]

0:31:14
[2位]

森井勇磨

2:05:08
[2位]

0:27:30
[1位]

山本亮

2:53:41
[2位]

0:48:33
[2位]

飯沼健太

3:27:03
[2位]

0:33:22
[2位]

沖守怜

4:05:18
[2位]

0:38:15
[1位]

4:05:18

3

NTT西日本

3

益田賢太朗

0:42:29
[3位]

0:42:29
[3位]

監物稔浩

1:05:45
[2位]

0:23:16
[2位]

竹ノ内佳樹

1:37:10
[1位]

0:31:25
[3位]

関戸雅輝

2:05:03
[1位]

0:27:53
[3位]

渡辺力将

2:54:00
[3位]

0:48:57
[3位]

竹中友人

3:28:18
[3位]

0:34:18
[4位]

池田泰仁

4:06:46
[3位]

0:38:28
[3位]

4:06:46

4

住友電工

2

伊藤和麻

0:42:48
[7位]

0:42:48
[7位]

那須大地

1:06:42
[7位]

0:23:54
[7位]

竹澤健介

1:37:39
[4位]

0:30:57
[1位]

木村哲也

2:05:17
[3位]

0:27:38
[2位]

藤村行央

2:54:38
[4位]

0:49:21
[4位]

熊谷拓馬

3:28:32
[4位]

0:33:54
[3位]

久門大輔

4:07:12
[4位]

0:38:40
[4位]

4:07:12

5

大阪ガス

5

渡邉浩二

0:42:31
[4位]

0:42:31
[4位]

今﨑俊樹

1:05:42
[1位]

0:23:11
[1位]

川南友佑

1:37:25
[2位]

0:31:43
[4位]

辻横浩輝

2:05:39
[4位]

0:28:14
[4位]

細川勇介

2:55:10
[5位]

0:49:31
[5位]

宮永大亮

3:30:11
[5位]

0:35:01
[7位]

大江啓貴

4:09:42
[5位]

0:39:31
[5位]

4:09:42

6

大阪府警

7

今崎文仁

0:42:35
[6位]

0:42:35
[6位]

鍋谷紀之

1:06:09
[5位]

0:23:34
[5位]

黒田孝之

1:38:35
[7位]

0:32:26
[7位]

長井健輔

2:07:38
[7位]

0:29:03
[7位]

上間翔太

2:58:00
[7位]

0:50:22
[6位]

佐嘉田和外

3:32:24
[7位]

0:34:24
[5位]

清水弥寿允

4:13:19
[6位]

0:40:55
[6位]

4:13:19


NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー