border-image
NTT西日本シンボルチーム
陸上競技部 [大会特設]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

第54回関西実業団駅伝競争大会 兼 第56回全日本実業団対抗駅伝競走大会予選

大会結果(詳報)

2年連続の2位入賞は実力の証し
ニューイヤー駅伝に向けての手応えあり!

ラストスパートをかけて力走しゴールテープを切る松垣(7区)

ラストスパートをかけて力走し
ゴールテープを切る松垣(7区)

11月13日、和歌山県田辺市龍神村で開催された「第54回関西実業団対抗駅伝競走大会」で、NTT西日本陸上競技部は見事に2位入賞。来年1月1日に開催されるニューイヤー駅伝への出場権を獲得しました。

龍神村で開催されるようになってから、20周年の節目を迎えた今大会。昨年2位と大躍進したNTT西日本陸上競技部にとっては、ニューイヤー駅伝への出場枠だけでなく上位入賞も期待されるという、プレッシャーのかかる大会となりました。

山本(1区)がつないだタスキを手に疾走した加田(2区)

山本(1区)がつないだタスキを手に
疾走した加田(2区)

区間賞を獲得した関戸(4区)

区間賞を獲得した関戸(4区)

1区から4区までの前半区間でトップを走り、最大の激戦区となるエース区間・5区のために流れを作り、5区で踏ん張って走って、6区と7区で最後のスパートをかける…。そんなNTT西日本の作戦は見事にはまり、ほぼ想定通りのレース展開に。まず、1区走者・山本が、トップから3秒差の3位で2区走者・加田にタスキをつなげると、加田は区間賞を獲得する走りでトップに躍り出ます。加田からタスキを受け取った3区走者・池田は1区から続く好調な流れを絶やさず、自身の目標であった区間賞には届かなかったものの、2位でタスキをつなげました。

4区走者・関戸は、池田がつなげた流れをさらに勢いづけるべく力走。タスキを受け取った際、トップから3秒遅れの2位でしたが、区間賞を獲得する疾走で5区走者・阿部に後続と17秒差をつけてトップでタスキをつなぎ、激戦区で戦う阿部の背中を押します。

阿部は、一昨年の大会で5区を走り、区間7位に終わった悔しさを晴らすために日々鍛錬を続けてきた成果を爆発させて力走。各チームがエース級選手を投入した激戦区ながら、3位をキープしてエース区間を走りきりました。

タスキを受け取った6区走者・中川は、大きく崩れることのない安定した走りで2位に浮上し、そのまま順位をキープ。トップからの差を1分以内に抑えて、アンカーである7区走者・松垣にタスキをつなげました。

中川(6区)からタスキを受け取るアンカー松垣

中川(6区)からタスキを受け取る
アンカー松垣

皆の思いが詰まったタスキを受け取った松垣は、ゴールに向かって力走。すぐ後ろに大塚製薬のアンカーも迫るという緊迫した状況ではありましたが、ラストスパートをかけてそのまま2位でフィニッシュしました。

2年連続の2位入賞は、チームに力が付いてきたことの証し。大塚製薬、山陽特殊製鋼、四国電力という強豪を破り、優勝に手が届くまでになったNTT西日本陸上競技部は、関西実業団の中での存在感を増しつつあります。もちろん、油断は禁物ですが、チーム全体の力が着実についてきた今なら、ニューイヤー駅伝での活躍も期待できるはず。

来年1月1日、群馬県で開催されるニューイヤー駅伝2012で、さらに成長したNTT西日本陸上競技部が疾走する姿に注目です!

清水康次監督コメント

清水康次監督

皆さん、盛大な応援を本当にありがとうございました。今大会は昨年以上にプレッシャーがかかった大会でしたが、何とかニューイヤー駅伝への出場権を2位で獲得でき、ホッとしています。

今回も昨年と同じ2位ですが、その内容は昨年と比べて、より良いものでした。1区から4区の前半区間を想定通りほぼトップで走ることができ、5区の阿部が各チームのエース級選手にしっかりと食いついて走ってくれたのは、大きな収穫です。もちろん、まだまだ上を目指さねばなりませんし、今回のレースはあくまでニューイヤー駅伝への通過点ですから、気を引き締めて臨まねばなりません。とはいえ、ひとまずは、選手たちを褒めてやりたいですね。

今回、かなり理想に近いレースではありましたが、まだまだ改善すべき点はあります。例えば、理想的な流れだったとはいえ、1区から4区でさらに後続を突き放していれば5区がもっと楽になるでしょうし、5区で勝つことができるランナーがいれば、より理想的です。また、6区や7区でさらに追いあげることができていれば、もっと違う結果になっていたでしょう。

わがチームは、他の関西の強豪チームと比べ、5区を走る絶対的エースがいないという課題があります。若手選手の中には、エース候補と言える選手もいますので、彼らをしっかりと育てていかねばなりません。さらに、そこをフォローするためにチーム全体の力を高めていくことが、NTT西日本陸上競技部が龍神駅伝で常に優勝争いをするチームにするために必要不可欠です。

明日からは、ニューイヤー駅伝に向けてさらなる成長を遂げるためのトレーニングに励みます!「勝って兜の緒を締めよ」との言葉通り、もう一度気持ちを引き締め、ニューイヤー駅伝に臨みたいと思っていますので、今後ともご声援をよろしくお願いします。


総合記録一覧

日時 2011年11月13日(日)
場所 龍神行政局スタート〜龍神体育館ゴール 80.45km
天候 晴れ

上段:通過タイム 下段:区間タイム :区間トップ


チーム名 1区
(12.6km)
2区
(7.68km)
3区
(10.87km)
4区
(9.5km)
5区
(16.0km)
6区
(11.0km)
7区
(12.8km)
総合成績
(80.45km)

1

佐川急便

1

清水智也

0:39:22
[7位]

0:39:22
[7位]

西仁史

1:02:55
[6位]

0:23:33
[4位]

末吉翔

1:34:40
[4位]

0:31:45
[3位]

藤原庸平

2:02:17
[3位]

0:27:37
[1位]

山本亮

2:50:43
[1位]

0:48:26
[2位]

石田将教

3:23:59
[1位]

0:33:16
[1位]

飯沼健太

4:02:16
[1位]

0:38:17
[2位]

4:02:16

2

NTT西日本

2

山本庸平

0:39:09
[3位]

0:39:09
[3位]

加田将士

1:02:24
[1位]

0:23:15
[1位]

池田泰仁

1:34:02
[2位]

0:31:38
[2位]

関戸雅輝

2:01:39
[1位]

0:27:37
[1位]

阿部豊幸

2:51:07
[3位]

0:49:28
[4位]

中川剛

3:24:50
[2位]

0:33:43
[3位]

松垣省吾

4:03:17
[2位]

0:38:27
[3位]

4:03:17

3

大塚製薬

6

井川重史

0:39:10
[4位]

0:39:10
[4位]

辻茂樹

1:02:45
[4位]

0:23:35
[5位]

西山容平

1:34:44
[6位]

0:31:59
[5位]

山岡雅義

2:02:36
[4位]

0:27:52
[3位]

松岡佑起

2:50:46
[2位]

0:48:10
[1位]

板倉具視

3:25:16
[3位]

0:34:30
[7位]

三岡大樹

4:03:28
[3位]

0:38:12
[1位]

4:03:28

4

四国電力

4

武村佳尚

0:39:08
[2位]

0:39:08
[2位]

大森輝和

1:02:45
[5位]

0:23:37
[6位]

松本稜

1:33:59
[1位]

0:31:14
[1位]

野口憲司

2:01:56
[2位]

0:27:57
[4位]

岩﨑喬也

2:51:53
[4位]

0:49:57
[5位]

和田壮平

3:25:29
[4位]

0:33:36
[2位]

小林正章

4:05:31
[4位]

0:40:02
[7位]

4:05:31

5

大阪府警

3

大坪隆誠

0:39:11
[5位]

0:39:11
[5位]

長井健輔

1:03:02
[7位]

0:23:51
[7位]

上間翔太

1:35:05
[7位]

0:32:03
[6位]

谷内大樹

2:03:42
[7位]

0:28:37
[6位]

鍋谷紀之

2:53:00
[5位]

0:49:18
[3位]

佐嘉田和外

3:27:13
[5位]

0:34:13
[5位]

熊田大

4:06:49
[5位]

0:39:36
[4位]

4:06:49

6

大阪ガス

7

渡邉浩二

0:39:06
[1位]

0:39:06
[1位]

牧良輔

1:02:27
[2位]

0:23:21
[3位]

野村俊輔

1:34:42
[5位]

0:32:15
[7位]

町野英也

2:02:57
[5位]

0:28:15
[5位]

川南友佑

2:53:32
[6位]

0:50:35
[6位]

立石義晴

3:27:54
[6位]

0:34:22
[6位]

白川健司

4:07:33
[6位]

0:39:39
[5位]

4:07:33


審査番号11-2348-1
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー