border-image
NTT西日本シンボルチーム
陸上競技部 [大会特設]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

第53回関西実業団駅伝競争大会 兼 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会予選

チームに新しい風を起こせ!

陸上競技部のトレーニングの模様

龍神駅伝を目前に控えて行われた
トレーニングの模様

昨年度、ベテラン選手3名が引退し、チームの若返りが急務となったNTT西日本陸上競技部。キャプテン・大崎を筆頭に、次世代のエース池田、副主将・佐藤などの中堅選手、そして、入部1〜3年目の若手が中心となったチームとして、龍神駅伝で4強の一角を崩すべく、日々練習に励んでいます。

中でも、昨年、ルーキーイヤーながら龍神駅伝やニューイヤー駅伝を経験し、着実に成長を遂げている阿部、故障に苦しみながらもニューイヤー駅伝のアンカーを務めた平川は、昨年以上に大きくなって龍神駅伝、そしてニューイヤー駅伝に臨もうとしています。さらに今年入部した関戸、中川、山本は、NTT西日本陸上競技部に新しい風を巻き起こす、起爆剤となる可能性を秘めた選手たちです。

そこで今回、今後、NTT西日本陸上競技部が飛躍していくための、大きな原動力になるであろう1年目と2年目の若手選手たちにインタビュー。2年目の選手には1年間でどこまで自分が成長できたと感じているのか、そして、今年の大舞台に向けての抱負、1年目の選手には、学生の時と今で自分の何が変わったか、実業団選手1年目としての目標や抱負などを語ってもらいました。


阿部 豊幸

阿部 豊幸 パーソナルページへ

昨年は、龍神駅伝の最長区間である5区を走らせてもらったのですが、区間7位と力のなさを実感させられる結果になってしまいました。ただ、最長区間を走らせてもらったということは、誰でも経験させてもらえるわけではないので、監督やチームには本当に感謝しています。

今年はその経験をどう活かすかということを念頭に置き、練習を続けてきました。実際、1万mも5,000mも自己ベストを出すなど、経験を活かして成長することができたと感じています。去年とはひと味もふた味も違う走りをして、昨年5区で使ってもらった期待に応えたいですね。

昨年度はケガなども多く、継続して練習することができないこともありました。今年はそれがなく、継続して練習できているので、スタミナ・スピードなど、すべてが昨年度の自分と比較して、伸びていると実感できています。どの区間を走るかなどはまだ決まっていませんが、前回、足を引っ張ってしまった借りを返したいです。

チームの雰囲気も、緊張感を持った良い状態になっています。去年は6番までがニューイヤー駅伝への切符を手にすることができるとあって、甘えがあったのは事実です。しかし、今年は、個々がレベルアップしなければニューイヤー駅伝への切符は手にすることができないという、良い意味での緊張感がチーム内に広がっています。

日ごろから、いろいろな形で応援してくださっている人たちの思いに応えるためにも、4強を崩し、必ずニューイヤー駅伝への切符をつかむための狭き門を突破してみせますので、レース当日は盛大な応援をよろしくお願いします。

平川 信彦

平川 信彦 パーソナルページへ

前回のニューイヤー駅伝でチームの代表として、さらに重要なアンカーという位置で走らせてもらえたのは、大崎さんや池田さんが走れなかったからとはいえ、本当に大きな経験です。実際は、30番の選手の背中が見えていたにもかかわらず、抜くことができなかったなど、ふがいない結果に終わってしまいましたが…。自分自身、まだ完全に復調していたわけではなかったとはいえ、学生時代でも駅伝で自分がブレーキになってしまうという経験もあまりなかったので、すごくショックを受けました。

そんなこともありニューイヤー駅伝の後は、かなり苦しい時期が続きましたが、夏を過ぎた辺りから、練習の成果がレースでも身を結んできたというか、自分本来の走りや感覚を取り戻せてきたと感じています。今の時期は、今後大きく飛躍するためのターニングポイントだと自分では感じていますので、しっかりと調整していきたいですね。ここで踏ん張って龍神駅伝で結果を出し、ニューイヤーへの切符をつかみ獲りたいと思っています。

僕の強みは、大崩しないところです。大学駅伝は、出雲・全日本・箱根と、4年間で12回のレースのうち7回走らせてもらいましたが、そのすべてのレースで区間4〜8番と安定性はあったと思っています。今年の龍神駅伝は、これまで敵わなかった4強の一角を崩さなければならない、本当の意味で力が試されるレースになりますので、自分でいうのも口幅ったいですが、チームの流れを引き上げたり、順位を上げたりする駅伝が多かった自分の強みを活かし、龍神駅伝でも自分の全力を発揮したいですね。

関戸 雅輝

関戸 雅輝 パーソナルページへ

自分の持ち味はスピードです。最後の競り合いになった時、競っている相手には負けないという自信はあります。ですので、龍神駅伝に出場する各チームのトップ選手と競り合っても負けません。

大学の時は、レース前に舞い上がり、緊張してしまってダメだったということもありましたが、今は非常に良い状態です。社会人になってレースに対する集中力を高めることができるようになり、平常心でレースに臨むことができるようになってきました。これは、会社が練習に集中できる環境を整えてくれていることが大きく影響していると思いますが、おかげで大学生の時よりも力がついてきたということを実感しています。実際に、大学で記録した5000mのベストタイムを更新するなど、自信もついてきました。今は、メンタル・フィジカルとも非常に充実した良い状態です。僕だけでなく、先日の記録会でチーム内の多くの選手が自己ベストを更新しているので、チーム全体が良いムードになってきていると思います。

NTT西日本陸上競技部は、龍神駅伝で毎年4強の後塵を喫してきました。しかし、今年は、必ず4強の一角を崩さなければなりません。それは入社してから監督・コーチにずっと言われ続けてきた至上命題ですので、必ず、4強を崩し、ニューイヤー駅伝への切符をつかみ獲りたいと思っています。

NTT西日本の看板を背負って走る以上、ただ4位をめざすだけでなく、少しでも上の順位をめざさなければなりません。120%以上の力を発揮して、狭き門を突破すべく頑張りますので、自分たちの走る姿から活力を得てもらいたいですね!

中川 剛

中川 剛 パーソナルページへ

今年の前半は、環境の違いを補正するのに苦労しましたが、夏以降は自分のリズムでやれるようになりました。後半に入ってきてからは、トラックでベストタイムを出すことができましたし、結果は出始めていると思っています。夏合宿でやってきた成果がトラックでのベストタイム更新につながったなど、着実に自分の力が上がってきていると感じています。大学の時のベストな状態と同じか、それ以上の調子ですね。

僕自身は、距離が長ければ長いほど、自信を持って走ることができるのが強みですので、龍神駅伝5区の最長区間でも、全力で走りきる自信はあります。ただ、監督が誰をどこにと考えているかが一番ですので、僕はどの区間でも全力を尽くすのみです。これは僕個人の思いではあるのですが、近い年代でもある阿部さんには負けたくないですね。昨年の龍神では5区を走った経験を持ち、さらに今も非常に良い状態ですので、それを超えることができるように、調整をしていきたいと思っています。

龍神駅伝は大事な大会ですが、あくまでニューイヤーの通過点です。ニューイヤー駅伝でも走るんだということを踏まえて龍神駅伝に取り組むことがチーム力を出し切ることに繋がるのではないかと考えています。皆が同じように考えて取り組めば、きっと120%の力を発揮できるのではないでしょうか。

ここ最近は、龍神駅伝を必ず突破して、ニューイヤーへの切符をつかみ取るという強い決意がチーム中に満ちていますね。僕も「ニューイヤー駅伝出場枠が4枠だから、4位で良い」という考えではなく、少しでも上をめざしてやるという思いで走りますので、盛大な応援をよろしくお願いします。

山本 庸平

山本 庸平 パーソナルページへ

春先まではずっと前に痛めた足の回復に努め、4月から走り始めたのですが、夏合宿を終えてそれなりに走れるようになってきたので、今から調子が上がってくる感じだと思っています。龍神駅伝・ニューイヤー駅伝に向けて、コンディションを一気に上げていける状態ですね。

僕は、自分の強みは安定感だと思っています。実際にレースをしていても大きく崩れることはないです。もちろん、離されたりもしますが、大きくは離されません。きっと、様々な状況にあわせることができる“コンディショニング”がうまいのも自分の強みなのだと思います。

大学の時と、実業団に所属することになった今では、自らが置かれた環境はまったく違う状況です。大学では駅伝を走るためだけにやってきましたが、実業団では、各選手がそれぞれの目的を持ち、その中で共通の目標として、龍神駅伝、そしてニューイヤー駅伝への出場をめざすなどの結果を求めます。その違いに戸惑いはありますが、自分にとって駅伝はすべてであり、駅伝があったからこそ、今の自分があるとも思っていますので、龍神駅伝で4強を倒し、ニューイヤー駅伝の出場権を何としても獲得したいです。

今、チーム内では、駅伝の出場メンバー争いが激しくなり、良い意味での緊張感は出てきています。そんな厳しい争いを勝ち抜き、最終的には「自分が一番になってやる!」という思いを持って、練習やレースに臨むことが、チーム全体の力の底上げにつながるのではないでしょうか。僕個人としては、「同期には絶対負けない!」という強い決意で臨みたいと思っていますので、応援をよろしくお願いします。

審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー