border-image
NTT西日本シンボルチーム
陸上競技部 [大会特設]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

第53回関西実業団駅伝競争大会 兼 第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会予選

大会結果(詳報)

若手中心のオーダーと作戦が的中!
波に乗った走りで準優勝を達成し、ニューイヤー駅伝出場を決める!

右手を高く突き上げる平川選手

右手を高く突き上げる平川選手

11月14日、和歌山県田辺市龍神村で開催された「第53回関西実業団対抗駅伝競走大会」のゴールである龍神体育館前を、アンカー平川が右手を高く突き上げて走り抜けました――。来年1月1日に開催されるニューイヤー駅伝の出場権をかけた大一番、若手選手中心の布陣で臨んだNTT西日本陸上競技部は、4枠という狭き門を見事に突破。しかも準優勝という快挙を成し遂げてのニューイヤー駅伝出場権の獲得となりました。

NTT西日本は、入部1年〜2年までの若手を中心に選手を配置。1区から3区までのレース前半で波に乗り、後半でその走りをつなげて4強の一角を崩すという作戦をとることに。今回、清水監督が考えたその作戦が見事に的中しました。

快走の山本、加田へタスキをつなぐ

快走の山本、加田へタスキをつなぐ

1区走者・山本がトップと3秒差の3位でタスキをつなげると、2区走者・加田が区間賞を獲得する走りで関西の強豪選手たちを押さえてトップに。加田からタスキを受け取った3区走者・池田はひとつ順位を落としたものの、トップとの差を10秒以内に留めて、関戸にタスキをつなげました。

4区走者・関戸は、トップを走る佐川急便を10秒差で追走。NTT西日本を虎視眈々と狙う3位・大塚製薬に37秒差をつけ、最長区間であり、エース区間でもある5区を走る同期の中川にタスキを渡すべく力走しました。

5区を任されたルーキーの中川は力走を見せ、折り返し地点までは2位をキープしたものの、後半、後続の追い上げを受けて混戦に。最終的に大塚製薬、大阪府警にかわされるも、3位とわずか3秒差の4位で、6区の阿部にタスキをつなぎました。6区走者・阿部は、2チームに抜かれながらも食らいついて力走した中川の思いを汲むだけでなく、昨年の龍神駅伝5区で経験した自身の雪辱を晴らすかのごとく快走。混戦の中でタスキを受けながらも大阪府警と大塚製薬を引き離し区間賞を獲得する力強い走りを見せ、再び2位で7区アンカーの平川に、皆の思いが詰まったタスキを手渡しました。アンカー平川は、区間2位の走りで大阪府警と四国電力の猛追をかわし、そのままフィニッシュ。タスキを持った右手を高く突き上げ、ゴールテープを切りました。

区間賞を獲得した阿部(6区)

区間賞を獲得した阿部(6区)

ニューイヤー駅伝への出場権が4枠と狭き門という厳しい状況ながら、4強の一角を崩すどころか、大塚製薬と山陽特殊製鋼という強豪チームを下すなど、優勝にも手が届くほどの力走を見せたNTT西日本陸上競技部。若手を中心に勢いのあるレース展開ができる力と、大崎や池田などの中堅・ベテラン選手の巧みな走りで相乗効果を生みだし、ニューイヤー駅伝でも素晴らしい走りを見せてくれることでしょう。

来年1月1日、群馬県で開催されるニューイヤー駅伝2011で、さらに成長したNTT西日本陸上競技部が魅せる活躍に注目です!

清水康次監督コメント

清水監督

皆さん、盛大な応援を本当にありがとうございました。ここまで良いレースをしながらも優勝とはなりませんでしたが、何とか準優勝という快挙を達成することができました。選手たちも本当によく頑張ってくれたと思います。

1区から4区が流れを着実に作って波に乗り、後半はその波を受け継ぎ、中川が5区でしっかり走り、抜かれても離されなかったことが、阿部の走りにつながったのではないでしょうか。アンカーの平川についても、走りはじめは少し不安を感じましたが、最後まで力走してくれました。今日この日は、準優勝を達成したということを精いっぱい褒めてやりたいですね。

ただ、今後の課題も見えています。やはり5区を走る絶対的エースを育てていくことが大事です。阿部はもちろん、今回走った中川も、まだまだ伸びてくれるはず。じっくりと焦らず育てていくことで、龍神駅伝で常に優勝争いをする常勝チームへのビジョンも見えてきましたし、今回のレースは本当に得るものが多かったですね。

明日からは、ニューイヤー駅伝に向けてさらなる成長を遂げるためのトレーニングに励みます! ニューイヤー駅伝で最低でも30位以上、できる限り上位に進出することで、再び関西の出場枠を増やすことが至上命題であり、必ず達成しなければなりません。

もう一度気持ちを引き締め、ニューイヤー駅伝に臨みたいと思っていますので、今後ともご声援をよろしくお願いします。


総合記録一覧

日時 2010年11月14日(日)
場所 龍神行政局スタート〜龍神体育館ゴール 80.45km
天候 曇り

上段:通過タイム 下段:区間タイム :区間トップ


チーム名 1区
(12.6km)
2区
(7.68km)
3区
(10.87km)
4区
(9.5km)
5区
(16.0km)
6区
(11.0km)
7区
(12.8km)
総合成績
(80.45km)

1

佐川急便

2

仙頭竜典

0:39:17
[2位]

0:39:17
[2位]

西仁史

1:02:36
[2位]

0:23:19
[2位]

勝間信弥

1:33:53
[1位]

0:31:17
[2位]

坂本純一

2:01:15
[1位]

0:27:22
[3位]

山本亮

2:49:06
[1位]

0:47:51
[1位]

清水智也

3:23:02
[1位]

0:33:56
[4位]

飯沼健太

4:01:28
[1位]

0:38:26
[4位]

4:01:28

2

NTT西日本

5

山本庸平

0:39:18
[3位]

0:39:18
[3位]

加田将士

1:02:34
[1位]

0:23:16
[1位]

池田泰仁

1:34:01
[2位]

0:31:27
[3位]

関戸雅輝

2:01:25
[2位]

0:27:24
[4位]

中川剛

2:51:09
[4位]

0:49:44
[6位]

阿部豊幸

3:24:41
[2位]

0:33:32
[1位]

平川信彦

4:03:02
[2位]

0:38:21
[2位]

4:03:02

3

大阪府警

6

上間翔太

0:39:37
[7位]

0:39:37
[7位]

森川裕之

1:03:33
[6位]

0:23:56
[6位]

鍋谷紀之

1:34:47
[4位]

0:31:14
[1位]

白波瀬裕真

2:02:50
[6位]

0:28:03
[6位]

大坪隆誠

2:51:06
[3位]

0:48:16
[2位]

佐嘉田和外

3:25:02
[3位]

0:33:56
[4位]

長井健輔

4:03:31
[3位]

0:38:29
[5位]

4:03:31

4

四国電力

4

濱口隆幸

0:39:20
[4位]

0:39:20
[4位]

武村佳尚

1:03:34
[7位]

0:24:14
[8位]

岩﨑喬也

1:35:15
[5位]

0:31:41
[4位]

松本稜

2:02:34
[5位]

0:27:19
[2位]

長尾正樹

2:51:39
[5位]

0:49:05
[4位]

和田壮平

3:25:28
[5位]

0:33:49
[3位]

山下真司

4:03:47
[4位]

0:38:19
[1位]

4:03:47

5

山陽特殊製鋼

3

渡邉真一

0:39:27
[6位]

0:39:27
[6位]

森本直人

1:03:05
[4位]

0:23:38
[4位]

篠藤淳

1:35:28
[6位]

0:32:23
[6位]

安藤真人

2:02:34
[4位]

0:27:06
[1位]

家谷和男

2:51:39
[6位]

0:49:05
[4位]

森田司

3:25:25
[4位]

0:33:46
[2位]

高野修徳

4:03:50
[5位]

0:38:25
[3位]

4:03:50

6

大塚製薬

1

井幡磨

0:39:15
[1位]

0:39:15
[1位]

松本葵

1:02:40
[3位]

0:23:25
[3位]

松浦貴之

1:34:33
[3位]

0:31:53
[5位]

松岡佑起

2:02:02
[3位]

0:27:29
[5位]

井川重史

2:51:05
[2位]

0:49:03
[3位]

片岡祐介

3:25:40
[6位]

0:34:35
[6位]

尾池政利

4:04:31
[6位]

0:38:51
[6位]

4:04:31


審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー