NTT西日本 “光”。ひろがる。ひびきあう。
border-image
個人認定選手
ソフトテニス [大会詳細]
NTT WEST
border-image
応援メッセージを送る 応援メッセージを見る

第16回アジア競技大会(2010/広州)

■試合速報(2010-11-26更新)

国別対抗団体戦、男女ダブルスの4種目で
“金・銀・銅”のメダルを獲得!

応援ありがとうございました。

男子ダブルス
中堀選手・高川選手ペア

銅メダル

女子ダブルス
大庭選手・佐々木選手ペア

銅メダル

国別対抗団体戦
男子(中堀・高川他3名)銀メダル
女子(大庭・佐々木他3名)

金メダル

女子シングルス
大庭選手

ベスト8

ミックスダブルス
佐々木選手組

ベスト8

最新 結果詳細とギャラリーはこちら

NTT西日本代表、
そして日本代表としての誇りをかけて!

天皇賜杯・皇后賜杯で5年ぶり2度目のアベック優勝を果たした4名。

天皇賜杯・皇后賜杯で
5年ぶり2度目のアベック優勝を果たした4名。

11月13日から19日までの7日間、中国・広州市で開催される「第16回アジア競技大会」。NTT西日本からは、個別認定選手の中堀成生高川経生大庭彩加佐々木舞の4名が日本代表として出場します。

五輪種目ではないソフトテニスにとって、4年に1度開催されるアジア競技大会は、オリンピックに相当する一大イベント。アジアを中心に広まるソフトテニス界において、“アジア王者=世界一”とも言えるため、ソフトテニスプレーヤーにとっては最も重要な大会です。

中堀と高川は17年連続、大庭と佐々木は2年連続で日本代表に選ばれるなど、NTT西日本勢の活躍が光るソフトテニス競技。男女で計10名という狭き門に4名が選出されたことからも、その実力のほどがよくわかります。4名とも、5月の予選会では最終予選まで勝ち抜きながら惜しくも敗れたものの、予選会後に行われた日本代表選考合宿でその存在感を存分にアピール。最終選考の結果、日本代表に選抜されました。

中堀成生、高川経生、大庭彩加、佐々木舞

中堀と高川は、前回のアジア競技大会において国別団体で金メダルを獲得したほか、ダブルスでも銅メダルを獲得するなど豊富な経験と圧倒的な技術による活躍が期待されます(高川はミックスダブルスでも銅メダルを獲得)。大庭と佐々木は、2年前の「第6回アジア選手権」における国別団体戦での銀メダル獲得の原動力の一つとして活躍した実力を持つプレーヤー。さらに、10月15日〜17日に開催された「第65回天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会」で中堀・高川ペアは前人未踏の9度目の優勝を、大庭・佐々木ペアは初優勝を果たして、NTT西日本が5年ぶり2度目のアベック優勝を達成するなど、身体的・メンタル的にも波に乗っている状況です。国内最高峰大会を制した勢いそのままに、国際大会の大舞台で4名が魅せる活躍に期待が高まります。

大会開催要項

大会名: 第16回アジア競技大会(2010/広州)
開催地: 広州/中華人民共和国
日時: 2010年11月13日〜17日 11/13( 土 ) 09:00〜 競技開始
11/14( 日 ) 09:00〜 競技開始
11/15( 月 ) 09:00〜 競技開始
11/16( 火 ) 09:30〜 競技開始
11/17( 水 ) 09:30〜 競技開始
実施競技・種目数: 42競技476種目
参加予定国数: 45の国と地域

※参照:日本ソフトテニス連盟HP(http://jsta.or.jp/)

コメント

<日本代表女子監督 中本 裕二NTT西日本総監督>

日本代表女子監督 中本 裕二NTT西日本総監督

中本 裕二監督

5月の代表選考予選会で無念の敗退をしたものの、4名が日本代表の座を勝ちとることができたのは、「絶対に自分が日本代表になる!」という誰よりも強い意思を持ち、膨大な時間を練習に費やして己を磨いた執念が実を結んだからです。その思いを抱き、NTT西日本グループの代表として、そして日本代表としての誇りを胸に抱いて戦えば、必ず全種目制覇を達成できると信じています。

先日行われた天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権大会で、中堀・高川ペア、大庭・佐々木ペアがそれぞれ賜杯を獲得し、アベック優勝を達成しました。4名の勢いは、日本代表がアジア競技大会で男女アベック優勝を果たすための大きな原動力となってくれるはずです。完全勝利をめざして精一杯がんばってきますので、熱い声援をよろしくお願いします!

<藤川 幸徳NTT西日本男子監督>

藤川 幸徳NTT西日本男子監督

藤川 幸徳監督

先日開催された天皇賜杯・皇后賜杯全日本選手権大会で、中堀・高川は2年連続の優勝を含む前人未踏9度目の優勝という、とてつもない記録を更新しました。その勢いは、アジア競技大会にも良い影響を与えてくれるはずです。

何より、二人には日本のトッププレーヤーとして、そして日本代表としての誇りと強い自覚があります。今、二人のコンディションは心身ともに研ぎ澄まされており、必ずや金メダルを獲得してくれるはずです。皆さん、熱い応援をどうぞよろしくお願いします!

審査 10-4769-3
NTT西日本公式TOPへ戻る このページのTOPへ
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社 このサイトについてプライバシーポリシー