The mascot's game report

マスコットの会場リポート

7月16日(土)【1回戦】 VS 東京ガス

Sat.,July 16 [1st game] VS TOKYO GAS Co., Ltd.

試合前~初回

2年連続で都市対抗野球大会本戦への切符を勝ち取ったNTT西日本。
試合前の挨拶では梅津選手から「この場は自分たちで勝ち取ったものだ」という言葉もあり、都市対抗にかける選手たちの熱い気持ちが伝わってきました。
徐々に緊張感が高まるなか、いよいよ試合開始です・・・!

NTT西日本は先攻。
1回、先頭の梅津選手がレフト前ヒットで出塁し、スタンドもベンチも先制点に期待しましたが悔しくも得点にはならず。
ピッチャーはエース吉元投手。チームとして守備力強化を重点的に取り組んできたこともあり、無失点に抑えたいところでしたが先制点を奪われてしまいます。しかし、選手の顔に焦りは見えません。どう追いつくかを冷静に考えている、そんな姿に見えました。

2回~6回表

追いかける流れとなった2回、早速中西選手が2ベースを放ち仮谷選手が送りバントを決め、スタンドも大いに盛り上がります。しかし、得点にはつながらず、その後も厳しい状態が続きます。

そんな中、吉元投手は安定したピッチングで得点を許さずエースの貫禄を見せつけます。スタンドの応援や、ベンチからの声も止むことはありません。

そして大いに盛り上がったのは6回表の攻撃。大城捕手がホームランまであと一歩の2ベースを放ちます。打った瞬間、ホームランだと確信したスタンドやベンチからは歓喜の声があがりましたが、判定はホームランならず。しかし、選手たちはすぐに気持ちを切り替え、絶対に得点してやる!という空気感にガラリと変わったのが印象的でした。

6回裏~最終回

その直後の6回裏、追加点を許しリードを2点に広げられます。それでも諦めることなく果敢に攻めの姿勢で戦うも0-2で1回戦敗退となりました。試合後の選手たちの悔しそうな顔は忘れられません。

今大会は昨年のベスト8を上回ることなく1回戦敗退という結果ではありましたが、選手たちの諦めない姿勢や熱意には感動しました。「勝負」という結果が分かりやすい世界で戦うプレッシャーは相当だと思います。そんな選手にとってスタンドの皆様の応援は大きな力となると強く感じました!

9月からは日本選手権近畿予選が始まります。
皆様、ぜひ会場に足を運んで頂き、熱い応援よろしくお願いします!

マスコットのご紹介

Introduction of a mascot

プロフィール
名 前
南 優生(みなみ ゆうき)
会社名
NTTビジネスアソシエ西日本
所属先
財務サービス事業部 財務税務部門 営業・共通系会社決算担当
マスコットとしての意気込み

今回マスコットとして野球部の一員となり優勝をめざすことができること、たいへん光栄に感じております。

今回2年連続での本戦出場となりますが、本戦の切符を獲得するまでに選手たちの懸命な努力や社員の応援が必要不可欠でした。

今後の本戦においても選手たちはプレッシャーの中、日々戦うことになり、そこではより一層の応援が必要となります。

そんな野球部のこれまでの努力や社員の想いを結果として残せるように、マスコットとして懸命にサポートしていきたいと思っております。

また野球をつうじてNTT西日本グループ社員全員と感動を 共有できるようリポートや応援に力を注ぎたいです!

"一丸突破 ~躍動し感動を~ 
一緒に優勝めざして頑張りましょう!
皆様も熱い応援よろしくお願いします!

第87回都市対抗野球大会 ≫ マスコットの会場リポート