数字で見るソリューション

  1. NTT西日本 公共・法人HOME
  2. 最適経営のヒント
  3. 数字で見るソリューション
2014年に5,000億円市場に成長するクラウドコンピューティング
2014年に5,000億円市場に成長するクラウドコンピューティング
プライベート・クラウドはパブリック・クラウドの約2.5倍に
ITリソースの有効活用やコスト削減を可能にする「クラウドコンピューティング」。必要な機能などをネットワーク経由でフレキシブルに利用できるサービスが幅広く受け入れられ、市場の高成長が続くとみられています。
(2011年3月)
25%の会社員が「入退社時間の把握や入力が面倒」と回答
25%の会社員が「入退社時間の把握や入力が面倒」と回答
陳腐化しにくい勤務管理システムが求められる
企業にとって「人材」は大きな資産の一つです。就労時間などを働く人材を管理する勤務管理システムは、さまざまな働き方への対応とともに、サービスの24時間化など社会構造の変化に追随することが求められています。
(2010年12月)
年率120%のペースで市場拡大が続くネットワークカメラ
年率120%のペースで市場拡大が続くネットワークカメラ
映像監視システムの用途を広げる
ライブカメラの映像を活用した映像監視システムは、これまで防犯などセキュリティー用途が中心でした。しかし映像を映すモニターの価格下落やネットワークカメラの品揃え拡大、高速の光ファイバー回線(FTTH)普及などで導入しやすくなり、用途が広がってきています。
(2010年10月)
40%の企業が「新型インフルエンザ」対策に未着手
40%の企業が「新型インフルエンザ」対策に未着手
リスクに敏感な業種では既にビジネスへの影響を認識
2009年、日本中で猛威をふるった新型インフルエンザ。その猛威は峠を越えたと見られますが、その強い感染力は企業の危機管理体制のあり方にも、大きな注意を喚起することになりました。
(2010年3月)
72.1%の企業が人材育成に「問題あり」と認識
72.1%の企業が人材育成に「問題あり」と認識
費用対効果が大きく、現場への負担が少ない研修を実現する「eラーニング」
「次世代を担う人材を育成したい」という企業経営者の強い思いは、景気回復がなかなか進まない中でも変わっていないようです。しかし対象者を集めて行う集合型の研修にはコストがかかり、たびたび行うことができないのも事実。そこで注目を集めているのが、インターネットなどネットワーク上で教育プログラムを展開する「eラーニング」です。
(2010年3月)
97%の企業がCSRで「環境への取り組み」を開示
97%の企業がCSRで「環境への取り組み」を開示
意外と大きいICT活用によるCO2削減効果
地球環境に対する企業の取り組みは、もはや「理想」のレベルから「義務」のレベルに移りつつあります。代表的な環境への取り組みの一つとされるCO2削減については、ICTの活用が効果的と言われています。
(2010年3月)
4兆円の通販市場を支える「コールセンター
4兆円の通販市場を支える「コールセンター」
IP化で総合的なコンタクトセンターへ発展
企業に対する消費者のイメージを高めるうえで、直接顧客とコミュニケーションを取る「コールセンター」は、重要な役割を担っています。
(2010年1月)
53.7%の経営者が「顧客ニーズの先取り対応」が課題と指摘
53.7%の経営者が「顧客ニーズの先取り対応」が課題と指摘
CRMが実現する「マーケットイン」型の商品開発
新たな商品やサービスを開発するうえで顧客ニーズの収集は欠かせません。しかしその顧客の価値観は多様化しており、ニーズの収集を従来よりもさらに具体的に行う必要が出てきています。
(2010年1月)
98%の企業が取り組む「ITの電力消費削減」
98%の企業が取り組む「ITの電力消費削減」
グリーンITはまず省電力対応のデータセンターから
98%の企業が取り組む「ITの電力消費削減」グリーンITはまず省電力対応のデータセンターから
(2009年11月)
PAGETOP

審査 16-2826-1

Copyright(C) 1999-2017 西日本電信電話株式会社
バックナンバー RSS