玉名市教育委員会様

  1. NTT西日本 公共・法人HOME
  2. 事例紹介
  3. 玉名市教育委員会様
2012年3月19日 掲載
  • 300名以上
  • 学術・教育
  • コスト削減
  • ネットワーク最適化

導入サービス:Bizひかりクラウド オールインワンネットワーク

クラウドを利用して維持管理とコスト負担が軽減

お客様の声

写真:教育総務課長 板倉英一氏、教育総務課 主事 明石和貴氏

お客様が語るソリューションのポイント

玉名市教育委員会では2011年、イントラネットのサーバー更改に合わせ、業務アプリケーションを市内の小中学校に導入することを決めました。同時にサーバーも教育委員会で管理することとなり、維持管理面で不安を感じていました。
NTT西日本から、データセンターに学校向け業務アプリケーションを格納し、ネットワーク経由で利用するクラウドサービスの提案をいただきました。ネットワークからルーター・サーバーまでをワンストップで提供されているため、維持管理に関わる負担を軽減することができ、自前のサーバー構築と比較し、コストメリットも高かったです。
また、信頼性の高いNTT西日本グループのデータセンターを利用できるので、BCP(事業継続計画)の面からも安心しています。

PAGETOP

お客様情報

玉名市
プロフィール
熊本県北部の中心的な都市で、海と山に囲まれ、古くからの温泉地として知られる。2011年3月には九州新幹線の開通に合わせ新玉名駅が開業し、観光活性化に期待が集まっている。
玉名市教育委員会
所在地
熊本県玉名市岱明町野口2129
玉名市教育委員会
事業内容
玉名市内27小中学校における教育施策の企画立案、学校職員の任免、学校教育の振興など

会社外観

PAGETOP

事例詳細

課題:サーバーを保有した場合の維持管理に不安

玉名市教育委員会様は2011年、イントラネットのサーバー更改に合わせ、教員の事務作業を効率化する目的で熊本県が独自に開発した小・中学校向け業務アプリケーション(ゆうnet)を全校に導入することを決めた。それに伴いサーバー管理業務が、市役所本庁の情報部門から教育委員会に移されることとなった。しかし、教育委員会にはサーバー、ネットワークに精通した職員がいないため、「トラブル対応を含む維持管理が本当にできるのか不安だった」と、明石主事は当時の心境を振り返る。

提案:データセンターの活用と保守・運用もセットになったクラウドサービス

NTT西日本は、お客様の課題を踏まえ、データセンターにお客様が保有する学校向け業務アプリケーションを格納し、ネットワーク経由で利用できるクラウドサービスを提案。ネットワークからルーター・サーバーまでをワンストップで提供するNTT西日本グループのクラウドサービスなら、お客様の維持管理に関わる負担を軽減することが出来る。
月額の定額料金のため、コスト把握がしやすく、予算計上も容易になる点も提示した。
また、高い情報セキュリティーを求める玉名市教育委員会様に対して、データセンターの堅牢な建物・設備と、インターネットとは異なる閉域網を利用しており、高信頼性を確保していることを訴求。同時に、職員室内のLANに接続しない限り業務アプリケーションを使えないように制限を設けるなど、運用面の対策も提案した。「費用面に加え、信頼性を担保できることが導入の決め手となった」と、板倉課長は語る。

写真:インタビュー

効果:本来業務に専念、事業継続のリスクも低減

 「新たにサーバーを構築することなく、スピーディーに導入できたことがまず第一のメリット」と語る明石主事。また導入後も、トラブルなく安定的に運用できていることから、「維持管理に煩わされることなく、本業に専念できており、コスト面のメリットのみならず、生産性向上にもつながったと実感している」と言う。
とくに生産性の向上については、「担当者が異動する際の引き継ぎも簡略化される」と語るほか、「信頼性の高いNTT西日本のクラウドサービスを使うことによって、何より現場の教員がストレスなく業務アプリケーションを利用できれば、子どもたちと向き合う時間を増やすことにつながる」と、現場にもたらす効果にも期待を寄せる。
また、東日本大震災を契機として、BCP(事業継続計画)の見直しの動きが広がる中、「万一の災害時を考えると、教育委員会内よりも、信頼性の高いNTT西日本グループのデータセンターにサーバーがあった方が、いざという時に“データを守る”ことにもつながる」と、BCPの観点からも板倉課長は評価する。
NTT西日本の担当者の対応についても「限られた時間の中でこちらの考えていることを常に先回りした提案をいただいた」と評価。「情報通信を取り巻く環境は常に変化しているので、今後も行政の趣旨に合った質の高いサービスを提案していただきたい」と、NTT西日本グループへの期待を語る。

写真:インタビュー

●サービスの導入効果は、ご利用者様の声に基づくものであり、お客様のご利用状況により効果は異なります。
●本ホームページの内容は、NTT西日本エリア(富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県)のものです。

PAGETOP
PAGETOP

本内容は2012年3月19日に掲載いたしました。
本ホームページに記載されている商品名・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
本ホームページの無断転載、引用はお断りいたします。

審査 18-2468-1

Copyright(C) 1999-2019 西日本電信電話株式会社
バックナンバー RSS