Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズ(情報機器)ネットワークソリューション

特長6 ネットワークソリューション 拠点間の通話コストの効率化を推進

aNX2シリーズ

本社と支店等、拠点間の通話料が定額※1

音声メールご利用イメージ
  • いずれも情報機器。

内線VoIP機能

フレッツ・VPN ワイド※2を組み合わせることで、複数拠点間の通話が定額※1かつ、内線感覚でのご利用が可能です。

レガシーGW主装置接続※4

フレッツ・VPN ワイド※2で接続された拠点間において、外線着信を相互に取ることができたり、内線番号での発着信が可能になります。

  • ※1
    • フレッツ・VPN ワイドを利用した本社・各拠点間の通話以外には別途通話料がかかります。
  • ※2
    • フレッツ・VPN ワイドのご利用には、VPN管理者の場合はフレッツ 光ネクストもしくは一部のコラボ光、VPN参加者の場合はフレッツ 光ネクスト(FTTHアクセスサービス)、フレッツ・ADSL(DSLアクセスサービス)、フレッツ・ISDN(インターネット関連サービス(IP電話を除く))、一部のコラボ光のいずれかの契約・料金が必要です。
      ただし、フレッツ 光ライト(FTTHアクセスサービス)はご利用できません。なお、ご契約いただけるフレッツ 光ネクストの品目はプランにより異なります。
    • ベストエフォート型サービスであるため、通信速度や通信品質を保証するものではありません。
  • ※3
    • サービス提供エリアであっても、ご利用いただけない場合があります。エリアについては、お問い合わせいただくか、[https://flets-w.com/]をご確認ください。
    • 本サービスについては、ご利用のパソコン環境(OS等)により、一部機能が制約される場合があります。詳しくは、[https://flets-w.com/]をご確認ください。
    • パソコン等の端末機器を接続するのに必要なLANケーブルやLANカード等(NIC)はお客さまにてご準備ください。
    • インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。
      *初期費用(契約料・工事費)が別途必要です。
  • ※4
    • レガシーGW主装置は1拠点のみの接続となります。
  • コラボ光とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスをいいます。詳しくは、[https://flets-w.com/collabo/]をご確認ください。

便利な機能プラス通信費を効率化 [ひかり電話オフィスA(エース)(IP電話サービス)対応]

便利な機能プラス通信費を効率化 [ひかり電話オフィスA(エース)(電話サービス)対応]
  • ひかり電話オフィスA(エース)について詳しくはこちら
  • ※1
    • ひかり電話オフィスA(エース)のご利用には、フレッツ 光ネクストまたは一部の「コラボ光」、ビジネスイーサ ワイドいずれかの契約・料金が必要です。
    • 0039等の電気通信事業者を指定した発信など、一部かけられない電話番号があります。
    • 停電時は利用できません。
    • ナンバー・ディスプレイ未対応電話機をご利用の際は、電話番号表示ができず、また通話できない場合等があります。
  • ※2
    • ビジネスイーサ ワイドをご利用の場合は、弊社営業担当者までお問い合わせください。
  • ※3
    • NTT東西の加入電話・INSネット・ひかり電話サービス及びコラボ光ひかり電話<テレビ電話・データコネクト・データコネクト通信中の音声通話は除く>、他社加入電話、他社IP電話(050番号への通話を除く)へ発信の場合。携帯電話等への通話料金は異なります。
    • 県内とは、平成11年郵政省令第24号(平成11年7月1日施行)によって定められた区域をいい、行政上の区分とは異なる場合があります。
  • ※4
    • グループ通話定額の適用により無料となります。
    • 無料となる通話はNTT西日本管内の同一グループのひかり電話サービスへの音声通話です。
    • グループ通話定額について詳しくはこちら
  • ※5
    • ご契約のフレッツ光のタイプ、もしくはビジネスイーサ ワイドの品目により、最大チャネル数は異なります。
  • ※6
    • 他のサービスと組み合わせてご利用の場合、利用できないもしくは一部機能が制約される場合があります。
  • ※7
    • 加入電話等からひかり電話サービスに移行し、迷惑電話おことわりサービスを継続してご契約の場合、登録していた移行前の迷惑電話リストを引き継ぐことはできません
    • メッセージによる応答時には、発信者に通常の通話料がかかります。
  • ※8
    • ボイスワープ契約者までの通話料は、電話をかけた方の負担ですが、ボイスワープ契約者から転送先までの通話料は、ボイスワープ契約者の負担です。
  • コラボ光とは、光コラボレーション事業者が提供するFTTHアクセスサービスをいいます。詳しくは、[https://flets-w.com/collabo/]をご確認ください。

Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズの特長

【特長1】「スマートフォン」の活用
【特長2】「省エネ・エコ」の推進
【特長3】「BCP対策」への取り組み
【特長4】オフィスになじむ「デザイン性」
【特長5】多彩な便利機能
【特長6】ネットワークソリューション