Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズ(情報機器)「スマートフォン」の活用

特長1 スマートフォンの活用 通信コストの効率化業務の利便性・効率化を推進

aNX2シリーズ

スマートフォンの活用で通信コストの効率化を推進

スマートフォンからオフィスの「αNXII」への通話コストを固定化 [MA400★連携]

「αNXII」+モバイル内線アダプター「Netcommunity MA400」(情報機器)で、スマートフォン利用可能エリアなら全国どこでも内線端末として利用可能。スマートフォンから社内へは内線感覚で通話、社外へはオフィスのαNXIIを経由し、ひかり電話サービスでおトクに発信することができます。

  • 接続環境によっては利用できない場合があります。

社外でも「スマートフォン」を内線端末※1として利用可能

社外でも「スマートフォン」を内線端末として利用可能
図例
ご利用構成イメージ
  • いずれも情報機器。
  • ※1【スマートフォンをαNXIIの内線端末として利用する場合】
    • スマートフォンの機種、及びOSバージョンによっては、各種機能や音声品質等に一部制約がある場合がございますのでご了承ください。
    • 接続環境によっては利用できない場合があります。
    • 内線ユニット等のオプションが必要な場合があります。
    • スマートフォン用アプリケーションのダウンロード及びインストールが必要です。
    • M400を利用する場合、インターネットサービスプロバイダー等が提供する、固定IPアドレスサービスやダイナミックDNSサービスのご契約が別途必要です。
    • MA400を経由した場合、緊急通報番号(110、118、119)への発信はできません。
  • ※2ひかり電話オフィスA(エース)について詳しくは、こちらをご確認ください。

スマートフォンの活用で利便性・効率化を推進

プレゼンス(在席、外出中、電話中等)情報の確認が可能 [WEBアドレス帳]

  • 本機能はαNXII主装置タイプでのみ対応。サーバータイプは非対応となります。
  • プレゼンス情報表示機能
    WEBアドレス帳を利用すれば、パソコンやスマートフォンから、αNXII主装置配下の電話機(相手)のプレゼンス(在席、外出中、電話中等)の確認をすることが可能です。また、パソコンの画面で連絡したい相手をクリックするだけで、αNXIIの電話機から電話をかけることができるクリックtoコール機能にも対応しています。
  • コールバック機能連携
    外出中のスマートフォン等からWEBアドレス帳にアクセスして、連絡したい相手を選択することで、コールバック機能の利用が可能。外出先からの取引先等への連絡がさらに便利になります。
  • 外出先等、社外からアクセスする際にはISP等が提供する固定IPアドレスサービスやダイナミックDNSサービスのご契約が別途必要です。
コールバック機能連携図

外出先のスマートフォン等へ、会社から折り返し発信 [コールバック機能]

スマートフォン等からオフィスのαNXIIへワンコールし、切断すると、αNXIIから折り返し電話がかかってきます。
これにより、社員の方が個人所有するスマートフォン等からでも、業務に関わる通話については会社の通話料負担とすることができます。また、会社から社員に支給する、スマートフォンの通話料金等のコスト効率化が可能です。

  • 別途ユニット(オプション)が必要です。
  • 中継発信方式を利用して外線へ転送する場合、1つの転送につき2回線(2チャンネル)が必要です。
  • 接続環境によっては利用できない場合があります。
コールバック機能図
  • いずれも情報機器。

社外にいても、ビジネスチャンスを逃さない [転送機能]

状況に応じた転送機能で、社外にいながら大切なコールを確実にキャッチ。スピーディーな電話応対・取り次ぎを可能にします。

  • 主装置からスマートフォン等への転送先にかかる通話料金は、主装置側の負担です。
  • かかってきた電話(着信)と転送先への電話(発信)の2チャネル分が必要です。
  • 応答後転送
    かかってきた電話を社内で一旦応対し、その後、社外にいる担当者のスマートフォン等へ転送できます。
  • 順次転送
    1台目のスマートフォン等が応答しなかった場合、あらかじめタイマーで設定した時間間隔をおいて2台目、3台目と順次自動的に転送(最大3台まで)されます。
  • 無条件転送
    営業時間外等にかかってきた電話を社外にいる担当者のスマートフォン等へ無条件に転送することができます。

社内では内線コードレス電話機、社外ではスマートフォンの1台2役 [無線アクセスポイント収容(FMC機能)、MA400連携]

αNXII配下のNX無線アクセスポイントを介して、スマートフォンを社内では内線コードレス電話機、社外ではスマートフォンとして1台でシームレスに活用できます。

  • 【スマートフォンをαNXIIの内線端末として利用する場合】
    • スマートフォンの機種、及びOSバージョンによっては、各種機能や音声品質等に一部制約がある場合がございますのでご了承ください。
    • 接続環境によっては利用できない場合があります。
    • 内線ユニット等のオプションが必要な場合があります。
    • スマートフォン用アプリケーションのダウンロード及びインストールが必要です。
    • M400を利用する場合、インターネットサービスプロバイダー等が提供する、固定IPアドレスサービスやダイナミックDNSサービスのご契約が別途必要です。
    • MA400を経由した場合、緊急通報番号(110、118、119)への発信はできません。

スマートフォン専用SIPアプリケーション 「ビジネスフォンSPIクライアント」
【無料】スマートフォンをaNXIIの内線端末として利用するためのスマートフォン専用アプリケーションです。
詳しくはこちら

スマートフォン専用SIPアプリケーション 「ビジネスフォンαクライアント」
【ライセンスの購入が必要】スマートフォンで「バーク保留」「ラインキー」「音声メール操作」等の多彩なサービス機能を利用できる、多機能電話機と同じマルチラインキーを使えるスマートフォン用アプリケーションです。
詳しくはこちら

  • AndroidはGoogle Incの商標または登録商標です。

Netcommunity SYSTEM αNXIIシリーズの特長

【特長1】「スマートフォン」の活用
【特長2】「省エネ・エコ」の推進
【特長3】「BCP対策」への取り組み
【特長4】オフィスになじむ「デザイン性」
【特長5】多彩な便利機能
【特長6】ネットワークソリューション