ビジネス機器 FAQ検索

検索結果

カテゴリ:

ビジネス複合機/関連商品

商品名:

NTTFAX T-350(情報機器)

キーワード:

で検索した結果。

T-350でFAX送信する際の原稿の濃度を変更したいのですが

[濃度]キーを押すことで、濃度を選択できます。。 詳細は、取扱説明書 P2-6「濃度を選ぶ」をご参照ください。

T-350で送受信中停電になったときはどうなりますか?

電話機能は利用できますが(保留はできません)、 FAXについては通信途中で停止しますので停電復旧後、 再度送受信を実施してください。

T-350の短縮ダイヤルリストはプリント出力できるのですか?

プリント出力できます。出力方法は、取扱説明書 P5-15 「短縮ダイヤルリストをプリントする」をご参照ください。

T-350で短縮ダイヤルは何件登録できますか?

196件分の短縮ダイヤル登録ができます。 登録方法は、取扱説明書 P5-13「短縮ダイヤルを登録/変更する」 をご参照ください。

T-350でB4原稿を送信した場合、相手がA4機のときはどうなるのですか?

送信原稿のサイズと受信側のサイズに応じて自動的に 縮小して送信します。

T-350で一度にセットできる原稿の枚数を教えてください?

一度にセットできる枚数は、A4・B4とも30枚までです。ただし、 同一サイズ、同質のものに限ります

T-350で内線発信をしたいのですが、方法を教えてください。

「リダイヤル/ポーズ」キーを押すことにより、ポーズを挿入できます。

T-350の外付電話機で電話にでたとき、ファックスを受信状態に できますか?

外付電話機でファックスを受けることができます。 外付電話機の受話器を上げたあと、リモート受信番号「55」 をダイヤルすることで受信できます。 詳細は、取扱説明書 P2-34「増設電話でファクスを受ける」 をご参照ください。

T-350のオンフックダイヤル時のスピーカ音量を変更する方法を教 えてください。

本体背面の「スピーカ音量ボリューム」ダイヤルで音量調整できます。

T-350で電源を切った場合、メモリの内容は保持しますか?

電源を切ったときでもメモリに蓄積された画像データは、 約50時間保持されます。 詳細は、取扱説明書 P6-24「停電のとき」をご参照ください。

「商品カテゴリ」「商品名」「キーワード」などから検索することができます。

検索

■商品カテゴリ

■商品名

■キーワード

※商品名の一部から検索することができます。

■表示件数

件/ページ

ビジネス商品カテゴリー