イメージ

ダイジェスト版を再生する

#46 DATE 2017.02.15
フェイスブック ツイッター

ICTを活用した市民参加型の新たな試みが、まちを元気に

まちおこし篇

せとまちナビ

市民も参加して開発が進められるスマートフォン用アプリ『せとまちナビ』は、市の情報を発信するだけでなく、誰でも簡単な操作での投稿が可能。市民がそれぞれの目線で瀬戸市の市政に参加できるツールを提供することで、新たなまちづくりをめざす。

このような課題への活用をめざします
  • CASE STUDY01

    ICTを活用した地方創生の
    実現に取り組みたい

  • CASE STUDY02

    市民が市政に参加できるような
    地域モデルを構築したい

  • CASE STUDY03

    さまざまなまちの魅力や情報を
    国内外に発信・拡散したい

主な技術・システム紹介

瀬戸市スマートフォン用アプリ『せとまちナビ』(愛知県瀬戸市)

愛知県瀬戸市と共に開発を進めるスマートフォン用アプリケーション。瀬戸市の子育て情報や暮らしの情報、万一に備えた避難所マップ等が確認できるだけでなく、瀬戸市のさまざまな魅力や情報を自由に投稿できる「せとの魅力再発見」など、市民が容易に参加できる多彩な機能を搭載。[2017年4月より運用開始予定]

イメージ

※画面は試作段階のものです

利用者の声

この事例に関するご相談・お問い合わせ

NTT西日本 名古屋支店 ビジネス営業部

お問い合わせへの回答につきましては、土曜・日曜祝日、年末年始12/29~1/3を除く、営業時間内(午前9時~午後5時30分)に対応させていただきます。

関連情報

一覧を見る
TOP