(参考1)

「災害用伝言ダイヤル(171)」について

1.概要
 「災害用伝言ダイヤル(171)」(電話サービス)は、地震や大雨等で災害が発生した際に、被災地内での家族間の安否確認や集合場所の連絡手段としてご利用いただくとともに、全国から被災地に安否確認等の電話が殺到し、つながりにくくなった際にも、被災地外から被災地内の家族や知人等の安否が確認できる通信手段としてご利用いただけるサービスです。
 自分自身の安否について、自宅や職場のキーとなる電話番号毎に設定された録音BOXに、1メッセージ30秒以内で10メッセージまで録音することができます(なお、一旦、録音BOXが満杯になると、メッセージが48時間経過して消去されるまで次のメッセージが録音できないのでご注意下さい)。

2.具体的な利用方法
【伝言を録音する場合】
 「171」をダイヤルし、聞こえてくるガイダンスに従い「1」をダイヤルします。次に自分の安否について家族や知人から聞いてこられる可能性の最も高い電話番号*(「キーとなる電話番号」)を市外局番から順にダイヤルし、ガイダンスに従って安否等のメッセージを録音して下さい。
* 自宅の電話番号等、予め「キーとなる電話番号」をご家族や知人の方と決めておくことをお勧めします。

【伝言を再生する場合】
 「171」をダイヤルし、聞こえてくるガイダンスに従い「2」をダイヤルします。次に連絡を取りたい相手先の電話番号(自宅の電話番号等「キーとなる電話番号」)を市外局番から順にダイヤルして下さい。

2.具体的な利用方法

3.伝言の録音・再生の際にキーとなる電話番号
 対象は三重県、和歌山県、奈良県、兵庫県の一部の電話で、市外局番が「059」「073」「074」「078」「079」で始まる電話番号です。

4.利用可能な電話の種類
 全国のNTT東西の加入電話及びINSネット、ひかり電話(電話サービス)、他社の一般加入電話及びIP電話(但し、050で始まるIP電話を除く)、公衆電話、携帯電話、PHS 等
他社の一般加入電話、携帯電話・PHSからのご利用については、ご契約の各通信事業者にお問合せ下さい。
伝言の録音(登録)・再生とも全国で可能です。
INSネットおよびひかり電話でダイヤル式電話をお使いの場合には、ご利用できません。

5.料金
 「災害用伝言ダイヤル(171)」をおかけになった地域(発信地)から、該当の市外局番の地域までの通常、電話をおかけになる場合と同様の通話料金がかかります。

6.その他
 「災害用伝言ダイヤル(171)」のご利用方法をさらに詳しくお知りになりたい方は、以下のホームページをご利用下さい。
「災害用伝言ダイヤル(171)」 http://www.ntt-west.co.jp/dengon/

審査 11-1534


戻る
Copyright(c) 西日本電信電話株式会社